2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

福祉介護ヘルスケアサイトメニュー


介護福祉ブログ

2016.09.30

病院の安全を守るには

横浜市の病院で入院患者が中毒死した事件で、取り調べを進めるうちに様々な事実が
判明してきました。

今回事件の有った病院は重症の高齢者の方が多く、性質上入院患者が亡くなられる
ことは多かったといわれています。

ただ、僅か2ヶ月の間に約50名の方々が亡くなっています。
テレビの取材にも関係者がやや多いとコメントされていましたが、いくらなんでも
多すぎるような気がします。

この事件で病院内の管理の在り方がクローズアップされてきました。
日本ではまだまだ性善説の考え方が根深く、まずは信じることからスタートしています。
諸外国に比べると監視カメラの普及が遅いのもそこに原因が有ると思われます。

人を疑うための監視カメラという発想でなく、無実を証明するためのものという
考え方になれば、カメラというのは邪魔な存在ではありません。



むしろ、正しい人の味方となるのです。

今回の事件ではまだ犯人が特定されていないので、内部なのか外部なのかも
わかっていません。


せめて廊下にカメラが設置されていれば特定がしやすかったのかもしれません。

病院における事件、事故は後を絶ちません。
できれば事故後に犯人を捕まえるのではなく、事故が起きないような仕組みや
取り組みを地域コミュニティと一緒になって取り組んでいく必要が有ります。

犯罪者を作らない仕組み犯罪を防ぐ仕組みはこちら

http://www.securityhouse.net


セキュリティハウスがお手伝い致します。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2016年09月30日08:29:29) |記事URL

2016.08.31

夏休みが終わります。

今日で八月が終わり、明日から9月になります。
狭い日本でも、所によって夏休みの期間は大きく違います。
北海道は夏休みが25日程度しかなく、八月の中旬から
新学期が始まります。
但し北海道は冬休みが長いです。
一番多いのは8月31日までです。
楽しい夏休みが終わり、学校が始まります。
夏休みは宿題も多く、プレッシャーになる子どもたちも多いです。
 
 

 9月1日は学童の自殺が一年の中で一番多いという統計が出ています。
ここ数日でも自殺のニュースが報じられています。
社会生活を送っていると様々なストレスを受けてしまいます。
そのストレスに耐えることができず、自らの命を絶ってしまうということは
非常に悲しいことです。
昔は地域のコミュニティが活発で、地域が子供を育てていました。
核家族化が進み、孤立した環境に置かれた人間はどうしても
ネガティブな感情に支配されてしまいがちです。

 
 


 一般にも精神障害が原因の労災が増加していることを受け、
ストレスチェックを義務付ける法律も改正されました。
人ぞれぞれストレスの発散方法は違いますが、ストレスは
溜め過ぎるといいことは有りません。
自分に合った方法でストレスと上手に付き合っていく必要が有ります。
脳科学が進歩していくと、ストレスの測定も数値化され、
それに対する対策なども進んでいくでしょう。
 
 

 
 私たちセキュリティハウスは色々な機器を活用して
介護のストレスを緩和するお手伝いを目指しています。

例えば緊急呼出セット
急に気分が悪くなったときにボタンを押していただくと
無線でお知らせすることができます。


表示 


 
 
 http://www.securityhouse.net/security/care/index.html
 


 上記のページでは施設向けの事例などを御紹介致します。
もちろん、施設に限らず在宅介護デモご利用いただけます。
ストレスを軽減するお手伝い。是非セキュリティハウスにご相談ください。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2016年08月31日10:39:39) |記事URL

2016.08.05

女性の指導者が増えてきました

2016年7月13日イギリスの首相にテリーザ・メイ氏が就任しました。

 
 調べてみると、現在世界でも8名の首相がその国の政治のトップとして
手腕をふるっています。

 アメリカ合衆国でもクリントン氏が候補として現在選挙戦を戦っておられます。

 
 日本でも東京都知事に小池百合子氏が選出され今後の動向が注目されています。
東京以外では女性の知事も珍しくないですが、東京都では初だということです。
性別ではなく、タイプを分けたときに男性タイプ、女性タイプということになる
のではないでしょうか。

 
 小池氏は自民党党首選にも出馬されたこともあり、日本では首相に一番近い
位置にいる女性ではないでしょうか。

 女性ならではの気配り、物腰の柔らかさとまた鋭さというのが指導者として
周囲の人を動かしていくのに適しているのではないでしょうか。


 
電車やバスの運転手も女性がどんどん増えてきているような気がします。
今後はさらに女性の警察官や自衛官が増えることによって、女性がより相談
しやすい環境ができることを期待します。

 また、女性が多い業種にも男性が参画する機会も増えてきて、より幅広い
サービスが展開されることとなります。
例えば、「医療・看護」の業種でも以前は看護婦さんという呼び方を
していましたが、現在は看護師という呼び名に代わり、男性が増えています。

 
 
 男性ならではの力強いやさしさ等が今後の医療・看護の分野にとっても必要となるでしょう。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2016年08月05日17:49:49) |記事URL

2016.07.27

施設の防犯について考える。

7月26日未明に神奈川県相模原市で起こった知的障害者施設での事件は被害者の方の
人数が戦後最悪となりました。


 19人の方が亡くなられ、26名の方が重軽傷を負われています。
知的障害者施設や老人保健施設などでは入所者の方々の安全確保のために無断外出を
報知したり制限するような設備は付いているものの、外部からの侵入に対して対策を
取られているところはほとんどありません。


 今回の事件では警察からの指導によって4月には防犯カメラが16台設置されたとの
ことでした。カメラには犯人の姿は記録されていましたが、犯罪を防ぐことには
なりませんでした。


 昼間で有れば気が付いた職員の方が園内で報知することによって被害の拡大は
防げますが、今回の事件は未明に起こったので、職員の方も入所の方も就寝中
だったので知らせることができませんでした。


 常軌を逸したうえでの犯行は未然に防ぐことは難しいですが、被害にあう前に
侵入者が侵入しようとしていることを警告できれば被害の拡大を抑えることは
できたかもしれません。
海外でも「安全な国 日本」で起こった凄惨な事件として大きく取り上げられています。


 施設の安全を守るための防犯対策についてもう一度考え直すことが必要になってきました。
今回の事件でも、もし犯人がガラスを割ろうと建物に近づいた瞬間に音と光で周囲に
報知されたら犯人が怯んだのかも知れません。
警察などへの通報も速かったかも知れません。犠牲になった方も少なかったかも知れません。


 対策を講じるとすると外周警戒ということになります。
一般的に設置している、窓が開いた時に検知するセンサーではなく、建物に接近した時に
検知するためのセンサーを考えていかなければなりません。
不審者の接近の制御という観点から設備を考えていく必要が有ります。
今回事件の有った施設では警備会社との契約で事務所棟は警備システムが導入されて
いましたが夜間の事務所荒らし対策が目的でした。
知的障害者施設も老健施設も入所者の方の安全対策という観点の設備をされている
ところはまだまだ少ないと思います。


 今回の事件は特殊なケースでは有りますが、職員の方のストレスからくる異常行動
という意味では川崎市で起こった老健施設の傷害事件も同様です。
社会生活を送る上で、何らかのストレスを感じることは当然でありますが、
そのストレスを間違った方向にぶつけないような環境づくりも急務です。


 しかし、防犯という言葉は読んで字のごとく、犯罪を防ぐことです。
色々な犯罪を予測し、対策を講じることが大切です。
起こってしまってからでは手遅れです。カメラ設備は防犯カメラではなく、
あくまでも監視用途ということになります。


 転ばぬ先の杖、犯罪を未然に防止するために私共セキュリティハウスは様々な
犯罪に対しての対策を皆様と一緒になって考えて参ります。
先ずは問題点の抽出からお手伝い致します。
お気軽に御相談下さい。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2016年07月27日11:24:24) |記事URL

2016.04.06

徘徊お知らせシステム

先日、認知症の男性が徘徊中に電車にはねられ亡くなられた事故で
最高裁判所の判決が確定されました。
地方裁判所の第1審では、「目を離さず見守ることを怠った」と
男性の妻の責任を認定。
長男も「事実上の監督者で適切な措置を取らなかった」として
2人に請求通り720万円の賠償を命令しました。
高等裁判所での2審は「20年以上男性と別居しており、
監督者に該当しない」として長男への請求を棄却。
妻の責任は1審に続き認定し、359万円の支払いを命じた。
今回は第2審の判決を棄却し、鉄道側の逆転敗訴となりました。


そもそも老老介護という言葉が一般に広く普及し、
珍しい事柄でもなくなってきています。
高齢者の4人に1人が予備軍とされ、平成27年で約520万人、
37年で約700万人まで増加すると厚生労働省が推計する認知症。
この判例は今後今後の高齢者介護の現場にも大きな影響を
与えられるものになります。


認知症の中には治療可能な場合とそうでない場合が有ります。
現在の医学では薬物療法では認知症を完全に治すことは不可能だといわれ、
完全に予防することもできませんが、基礎研究が進んで、
適切な対応により治療または症状を軽減できるようになってきています。

認知症による徘徊を完全に止めることは難しいですが、
徘徊を早期に発見し報知する仕組みが注目されています。
ポイントとしては
①簡単に使えるもの
②誤動作の無いもの
③利用者の方の負担にならないもの
等が挙げられます。

防犯専門会社のセキュリティハウスが防犯センサーの高度な技術を
フルに活かし、お客様にやさしく使い勝手の良いものを目指して
ご紹介するのがこちら

徘徊お知らせシステム 「開見ちゃん」
取付簡単なドアの開閉をキャッチするセンサーと
電波式のコントローラのセットです。


表示


センサーをビスや両面テープで出入りするドアに取り付け、
コントローラを居間や台所に置いてドアが開いたことを
音と光でお知らせします。


電波式なので、工事などは必要ありません。
介護の軽減のためにも一家に一台有ると便利です。
転ばぬ先の杖、備えあれば憂いなしです。

お問い合わせはセキュリティハウスまで。


詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2016年04月06日15:54:54) |記事URL

2015.12.10

お金を正しく使えているのでしょうか。

生活保護の受給率が全国平均の3倍という大阪府門真市で、
不正受給事件や疑惑が相次いで発覚しました。
10月に逮捕された夫婦のケースでは、市が支給を
止めたわずか2日後に再度の申告を受け付け、被害額が
計約1600万円にまで膨んでいました。
別の男性が受給者に設けられた特例措置を悪用し、通院で
利用したタクシーの領収書を偽造して交通費約300万円を
不正に受け取っていた疑いも浮上しました。
事前のチェック機能が働かず、事後対応を余儀なくされる
「負の連鎖」。人員不足という構造的な問題も横たわるが、
果たして打開策はあるのでしょうか。
 

産経WEST 2015.1210配信

 
このお金の出所は我々の税金です。税金は世の中のために使うもの
であって、個人的に使うものではありません。
それはすべての納税者が思っていることです。
現在の税制自体がかなずしも平等で公平というわけではありません。
ただ、だからと言って不公平だから不正に受給していいわけはありません。
 

不正受給の裏で実際に制度の歪によって受給できない
人々も大勢います。
たとえば、婚姻歴のないシングルマザーは
離婚歴のあるシングルマザーと比べて保育費用が高い
ということがあります。
この違いはなんでしょうか。

 
他にも知らなければ受給できない補助金があったり、
言い回しを変えるだけで認められたり。

 
本当に必要な人にいきわたらないのが一番悲しいこと
だと思います。やはり地域のコミュニティが重要な要素になります。
防犯も同様です。みんなでより良い住みやすい環境を作ることが
大切です。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2015年12月10日19:20:20) |記事URL

2015.11.13

安心できる老後へ

入所者3人が転落死した川崎市の有料老人ホームと
同系列の東京都内の老人ホーム40施設で、
区市町村に報告が必要な事故が2010年から5年余で
約700 件あり、大半が報告されていなかったことが、
都の調査でわかりました。

施設と運営会社の情報共有が十分でなかったとして、
都は13日、介護保険法に基づき、
運営会社「積和サポートシステム」(中央区)に
業務改善勧告を出す方針です。

 川崎市の問題発覚後、都が同社や親会社
「メッセージ」(岡山市)が運営する老人ホーム
計40施設内で起きた入所者の事故を独自に調べました。
2社が提出した 資料から、約700件のうち
区市町村に報告されていない事故が多数見つかりました。

なかには、入所者が事故で死亡した事例が複数あり、
食中毒になったり容体急 変で救急搬送されたりした
重篤な事案も含まれていました。

 
 

朝日新聞デジタル 11月13日(金)7時24分配信

 
 
自分の身内が施設に入ること自体、非常に悲しい
状況です。自分の親であればなおのこと、今まで
育ててもらった恩義を返したいと、誰もが思う事です。
離れて暮らしても幸せを願うのは当たり前で、虐待を受けている
などと想像するだけで胸が締め付けられる思いです。


遅かれ早かれ、人は誰でも老いていきます。
先人たちに敬意をもって接するという事は自らにも敬意を
払うという事です。それがプライドだと思います。

悲しいかなプライドを持っていない人や、間違ったプライド
を振りかざす人がいるのも事実です。
してはいけないことをすることで、人は犯罪者になる可能性
を持っています。


セキュリティハウスはしてはいけないことを気付かせる
(誰も見ていないでは済まされない)為に、最新技術の
センサーやカメラを使って安心をお届致します。


カメラは人を疑って記録するものではなく、潔白を証明
するものです。
犯行をあきらめさせ、犯罪者を作らないというコンセプト。

セキュリティハウスの基本コンセプトは
「安全のない安心は最も危険である。
 安全のある安心は最も快適である」です。

世界一長寿な国は世界一安全な国。

世界一を目指すためにまずは地域の一番を目指します。


セキュリティハウスにお任せください。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2015年11月13日17:10:10) |記事URL

2015.10.05

TPP大筋で合意

太平洋連携協定(TPP)交渉を進める日米など12カ国は、
閣僚会合の日程を再び1日延ばし、5日目となる4日も
協議を続けました。


残った難題で交渉が進展、最先端のバイオ医薬品の
データ保護期間で米国とオーストラリアが双方の
受け入れ可能な妥協案で一致しました。
甘利明TPP担当相は 4日午後(日本時間5日未明)、
「残された課題である医薬品、乳製品、自動車で
大きな前進があった。(安倍晋三首相に合意の)見通しを報告した」
と述べ、 5年半に及ぶTPP交渉が大筋合意に向かっているとの
認識を明らかにしました。


時事通信  10月5日(月)1時16分配信

世界各国が自国の利益を守るためにせめぎ合い
関税自由化までの期限を延ばしたり縮めたりと
様々な思惑が交錯しています。
日本でも以前コメの問題が取りざたされていました。
生産者は外国から関税が掛らなく安いコメが市場に
出回ると、国内のコメの方が高くなってしまい、
売れなくなってしまうという話がありました。


一方で消費者の立場からすると、安価な食材が購入できる
ので、家計は助かります。
また、今回のニュージーランドの乳製品の市場開放が早まれば、
現在日本で起きているバターの不足なども解消されるのかと
思ったりもしました。


立場が変われば主張も変わります。
今後まだ残っているTPPの議案も簡単に決着は着かないのでは
ないでしょうか。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2015年10月05日09:44:44) |記事URL

2015.09.30

インドネシア高速鉄道

9月29日、インドネシアのソフヤン・ジャリル国家開発企画庁長官と
菅官房長官が首相官邸で会談し、日本と中国が受注を争ってきた
インドネシアの高速鉄道計画について中国案を採用する方針を伝えられました。


インドネシアのジョコ大統領の特使として来日したソフヤン氏は会談で、
中国案の採用理由について「財政負担や債務保証を伴わない新たな提案があった」
などと説明しました。


菅氏は「(選定の)経緯について理解しがたい。極めて遺憾だ」と述べ、
インドネシア政府の対応に強い不満を示しました。
高速鉄道計画はジャカルタ―バンドン間の約140キロ。
日本の新幹線方式の導入を前提に進んでいましたが、中国は巨額融資を
アピールして昨年末から巻き返しを図っていました。
2015年9月30日 YOMIURI ONLINE


日本の新幹線は開業以来大きな事故もなく世界に誇れる
日本の技術の結晶だと思います。
5分に1本という過密ダイヤでも1分も狂いもないという
正確さと安全性は他国では中々真似ができないと思います。


ただ、他国がそこまでの過密ダイヤを運航したりすることは
あまり考えにくいといったことも事実あると思います。


高品質のものを提供する拘りはまさに日本ならではの考え方だと思います。
しかし、求めている以上のスペックを謳い文句にして予算よりも
品質を前面に押し出すと商談はうまくいかないものです。


相手の事情を十分に考慮し、相手の立場に立った対話が必要不可欠です。
高速鉄道の輸出競争に敗れたのは非常に残念ですが、競争が激化する
国際市場で勝ち残っていくには対話と気遣いを一歩進め、
また競争相手のことを知り、負けない対策を講じることが重要です。


我々日本人は単一民族なので大陸に比べるとコミュニケーション能力は
劣るかもしれませんが、「おもてなし」の精神があれば、
きっと世界市場でも勝ち残っていけると思います。

介護もおもてなしの精神が大事ですね。
高性能の機械のみを説明しても使用する方がどんな方なのか、
どのような困り事があるのかによって使い方が変わってきますし、
高機能は必要ないかもしれません。


セキュリティハウスは商品を販売するのではなく、
「安全のない安心は最も危険である。安全のある安心は最も快適である」
をコンセプトにお客様の問題解決を、一緒に行っていきます。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2015年09月30日09:31:31) |記事URL

2015.09.29

御岳山の噴火から1年がたちました

戦後最悪の火山災害と言われた御岳山噴火から
1年がたちました。
死者58名、行方不明者5名の犠牲者を出した
この事故に学ぶことも多いと思います。
自然災害は前兆がありますが、完全に予測することは不可能です。
もちろん犠牲になった方々は事故にあうために
その場にいたわけではありません。
現在も活動が活発な火山があります。
阿蘇山、桜島、箱根山、口永良部島などが危険な山だそうです。


災害に合わないためには危険と思われる場所に行かないことです。
これから紅葉が始まり、絶好の行楽シーズンとなりますが、
火山はなるべく近寄らないほうがよいでしょう。


どれだけ文明が進歩しても人類はまだまだ自然にはかないません。
今年も大雨による被害が関東方面ではありました。
自然とともに安全に暮らしていくことが大切だと思います。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2015年09月29日09:25:25) |記事URL

2014.10.01

スーパースターが認知症を患っている

先日、オーストラリアの新聞が「AC/DCのマルコム・ヤングが認知症を患っている」
と報道しましたが、マルコムの家族はそれが事実であることを認めました。


南半球で最古の新聞、オーストラリアの日刊紙シドニー・モーニング・ヘラルド紙は、
マルコムは現在、シドニー郊外にある介護施設に入っており、「マルコムに会い、
部屋を出て1分後に戻ったとすると、彼はあなたが誰か覚えていないだろう。
短期記憶を完全に喪失している」との関係者の話を伝えていました。
この報道を受け、彼の家族は『People』誌に「マルコムは認知症を患っており、
家族はプライバシーを尊重してくださることに感謝しております」との声明を出しました。


AC/DCは4月、健康上の問題からマルコムが活動を休止すると告知。先週、
残念なことに、今後バンドへ復帰することはないと発表していました。
AC/DCは1973年にデビューし、世界的にヒットしたバンド。
マルコム・ヤングは結成から携わった創立メンバーで、40年間第一線で
バンドを引っ張ってきました。1953年生まれの今年61歳です。


認知症の危険因子は加齢です。65歳から69歳での有病率は1・5%、
85歳になると27%であると言われています。アルツハイマー型は女性に、
脳血管性は男性に多いと言われていて、最近では若年性認知症の患者も
増えていると言われています。
この若年性認知症は、18歳~65歳未満で発症する認知症のことを言います。
この若年性認知症は、男性の発症率が高いと言われています。

若年性認知症は、会社で責任のある仕事をしている人や、いわゆる、
一家の大黒柱と呼ばれる働き盛りの世代に発症が多いと言われています。

認知症の予防には、現在アンチエイジングが効果的であると言われています。
アンチエイジング、美魔女と呼ばれる女性、美魔男と呼ばれる男性が
増えている中 で、盛んに叫ばれてもいる言葉です、元は老化を遅らせるとか、
積極的予防医学と呼ばれている抗老化医学で、老化を防ぐために行うもの
すべてのことを言います。


認知症予防の食生活は、魚、野菜、果物を中心とした食事がいいと
言われていますが、長生きをしている方にインタビューなどをすると、
細かいことにこだわら ず、好きなものを適量食べ、いわゆる健康というものを
強く意識しすぎていない傾向があるとも言われていますから、
ひとつの考え方であると捉え、一度、ご自 身の食生活などを
見なおしてみるきっかけとして活用されるといいのではと思われます。


拒食症などの経験を含めて学んできたことなどからも言えるのですが、
食事の偏りすぎた摂取方法は、逆に健康を損ねる結果を招くとも言われて
います。ス ティーブ・ジョブズも、若い頃から極端な菜食主義者で
あったことなどが関連して、若くしてガンで亡くなったとも言われています。

健康情報というものは、一概にこれがいいと言い切れるものではありませんので、
ご自身で情報を集めていくことが大切となるものです。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2014年10月01日17:33:33) |記事URL

2014.05.30

暑くなりそうです。ご注意を。

5月30日午後13時過ぎ、福岡市で運動会の
練習中の小学生15人が頭痛や吐き気を訴え、
学校が119番通報しました。
病院に搬送され、熱中症と診断されました。
30日は気象庁によると全国259か所の観測地点で
気温が30度以上の真夏日となり、今年最多となりました。
大分県日田市では午後2時時点での気温が34.3度となりました。
その他、九州各地で5月の最高気温を更新しました。

来週から6月になり、日本では梅雨の時期に入ります。
この分で行くと今年も暑さが厳しくまた暑い時期が長くなりそうです。
熱中症は自覚症状が出た時にはすでに遅く、重症になってしまいます。
のどが渇いていなくても小まめに水分補給することは命を守る上で
非常に重要です。
特に65歳以上の女性が一番多く、何も作業をしていなくても
住宅内で発症するケースが増えています。

クーラーや扇風機などを利用して室温が28度以上にならないように
気を付け、予防に努めましょう。

また、ワイヤレス緊急呼び出しシステム等をご利用いただくと
さらに安心ですね。


item-04.jpg

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2014年05月30日17:40:40) |記事URL

2013.11.22

いい夫婦の日

今日11月22日は日付をもじって「いい夫婦の日」とされています。
毎年芸能界の理想の夫婦のアンケートがあり、今年も結果が出ていました。
今年は楽天イーグルスの田中将大投手と歌手の里田まいさんでした。
今年の田中投手の活躍の陰には体調管理をする奥さんの度禄があったと思います。

夫婦喧嘩は犬も食わないとよく言いますが、仲良く暮らしていくためには健康は欠かせない条件にあります。
若いうちは無理も利くのですが、年齢を重ねていくといろいろな所にガタがきます。

私も右手の親指のしびれがここ4カ月ほどとれません。
特に今のところは不自由していないのでほったらかしているのですが、よくよく考えてみると持っているものを落としたりしており、先日も油をテーブルに撒いてしまいました。
幸いにも喧嘩にはならなかったのですが、周りの人間の機嫌が悪いともめ事に発展してしまいますよね。

気になることが有ればなるべく早くにお医者さんへいって相談なり検査なりをしてもらうことが解決の一番の早道です。
そうして心身共に健康であれば末長く夫婦仲良く暮らせると思います。

実は防犯システムも同じで、長年使用しているといろいろとガタが出てきます。
気になるところは何かある前に相談、点検が必要です。

末長く仲良くいい夫婦である為に。

セキュリティハウスのねがいです。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2013年11月22日18:17:17) |記事URL

2013.11.15

坂本龍馬の命日

今日11月15日は坂本龍馬の命日です。
慶応3年11月15日に京都河原町の近江屋で暗殺されました。
坂本龍馬については数々の伝説が残っていますが、そのうちのひとつに
寺田屋事件というのがあります。

慶応2年1月23日、京での薩長同盟の会談を斡旋後に薩摩人として宿泊していた坂本龍馬を深夜2時に幕府伏見奉行の捕り方百数十人に囲まれました。
いち早く気付いた龍馬の恋人お龍は風呂から裸のまま裏階段を2階へ駆け上がり投宿していた龍馬らに危機を知らせました。
捕り方に踏み込まれた龍馬らは、拳銃や手槍を用いて防戦し、捕り方数名を殺傷するも、自らも手の親指(左右)を負傷。
辛くも脱出しました。

恋人お龍は女性にも関わらず龍馬の危機に際して機転の利いた行動をとりました。

一月の京都といえば底冷えのする季節です。

一つ間違えば、心臓まひで自らの命も落としかねません。

実際心臓まひは冬場の浴室で引き起こすことが多いです。そんな場合でも早期発見と早期対応で命が助かるのです。
お手伝いできるのはこれ。


Pic_TX-30 (640x640).jpg


セキュリティハウスが御提案する浴室用緊急呼び出しボタン。
TX-30です。
押ボタンに加え、紐も付属しており有事の際には簡単に操作ができます。またワイヤレスでお知らせができるので、報知できる場所も自由に変更することができます。
受信機も据え置き型、携帯型が選べ、用途に応じた選択が可能です。
もしお龍がこのボタンを持っていれば龍馬もけがをせずに済んだかもしれませんね。

e

詳細ページへ»

投稿者:防犯設備士(2013年11月15日18:32:32) |記事URL

2013.05.27

夢を諦めない

世界最高峰のエベレスト(標高8848メートル)の登頂に史上最高齢で成功した三浦雄一郎さん(80)が26日、ネパールのカトマンズで記者会見を開き、喜びを語るとともに、ネパール人シェルパへの感謝の気持ちも伝えた。
今回6人のシェルパと登頂した三浦さんは、「命がけで登山家を守りながら頂上への道を進み、ベストを尽くしてくれた」と、シェルパらの登山能力や面倒見の良さを称賛。

日本出発前に友人から「生きて帰れ」「無理するな」と言われたという三浦さん。「夢を見て、それを諦めなければ実現できる。(それを教えてくれた)エベレストの頂上では、素晴らしい宝物がプレゼントされた」と振り返った。
また、次の目標について聞かれた三浦さんは、「(世界6位の高峰)チョーオユーの頂上からスキーで滑ること。これが長年の願望だ」と笑顔で話した。

[カトマンズ 26日 ロイター]

 

三浦さんは他にもさまざまな記憶を残しており、70歳で当時最高齢のエベレスト登頂を成功させ、5年後の75歳のときに再度成功させているが、前日に76歳のネパール人男性が登頂を成功させていたそうです。

更にリベンジを果たしこの度めでたく?80歳で記録を更新されました。

また、若いころにはプロスキーヤーとして活躍、19647月イタリアで開催されたキロメーターランセに日本人で初めて参加、時速172.084キロの当時世界新記録を樹立(なお、この前後に3度転倒し、「世界で最も速い速度で転倒して無傷で生還する」という珍記録も樹立しています)

約半分の年齢でありますがとても真似が出来そうに無いと思ってしまいました。

 

でも自分も夢持ち、諦めないことが大事なことだと思いますので、夢を見ることにします。

そして安全のある安心をセキュリティハウスの防犯システムで手に入れ長生きをしようと思います。

詳細ページへ»

投稿者:防犯設備士(2013年05月27日19:21:21) |記事URL

2009.08.10

福祉介護+防犯という考え方

最近、当社の「福祉介護ヘルスケア」のサイトをご覧頂いて、問い合わせを頂く方が多くあります。
福祉介護用品として当社の防犯機器をいろいろ組み合わせたシステムを、老人保健施設・老人ホームなどから問い合わせを頂いています。

福祉介護も防犯も同じ「人間を守る」ことが重要です。福祉介護の面で考えると「無断外出抑止」や「高齢者からの緊急連絡」などで「高齢者を守る」システムが必要であり、防犯の面で考えると「侵入抑止」や「被害者からの緊急連絡」などで「生活を守る」システムが必要になります。

守る対象は違っていても、どちらも人の動きや行動パターンを考えてシステムを組まなくてはなりません。

このように福祉介護も防犯もシステムの考え方は同じであれば、共通の機器で福祉介護用にも防犯用にも使用できるシステムが考えられます。

当社でも「ワイヤレスセキュリティシステム(WJ-700SHなど)」で使用している防犯受信機を防犯目的で使用していない時には「生活安心報知」などに使用できる機器もあります。
この「生活安心報知」とは、防犯で使用している人感センサー(パッシブセンサー)を防犯で使用していない時には生活安心センサーとして、決められた時間(例えば24時間など)内に居住者の動きが全くなくなった時に知らせてくれるものです。

在宅時は常に監視をしていて、外出された時には防犯用センサーとして使用できるので高齢者宅では二重の安心になります。

又、防犯での緊急であれば「非常」福祉介護での緊急であれば「連絡」で知らせるなど、システムの組み方によってはいろいろなシステムプランが可能になります。

このように福祉介護だけでなく、防犯・防災にも利用できるシステムを今後も考えていきたいと思っています。

詳細ページへ»

投稿者:防犯設備士(2009年08月10日14:52:52) |記事URL

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから