介護福祉ブログ

2009.11.20

血液検査だけで消化器がんの有無判定。「ガン」も「防犯」も早期発見が基本。

血液検査だけで消化器がんの有無がわかる・・・すごい技術開発です。


●金沢大学医学類の金子周一教授らの研究グループは19日、消化器がんの有無を血中の遺伝子の変化で判別する技術開発に世界で初めて成功したと発表した。

 胃、大腸、膵臓(すいぞう)がんのいずれかの有無を9割の精度で判別できたといい、消化器がんの早期発見、治療が期待される。

 金子教授らは、消化器がんが発生した場合にだけ働きが変化する約1800の遺伝子群が、血球中に存在することを発見。血液2・5ミリ・リットルを使い、特に変化の大きい約800の遺伝子群を解析した。

 がん患者53人の症例検査では、がんと関連した物質の血中濃度を調べる腫瘍(しゅよう)マーカーでは27%だった判別率が、遺伝子解析では91%の精度で三つのがんの有無が判定できたという。

 さらに、腫瘍マーカーでは正常と診断された初期(1a期)の胃がん患者の判別にも成功したという。

 がんの種類も約7割の精度で識別でき、難しいとされる膵臓がんの早期発見にも期待している。
(11月20日読売新聞より引用)

血液検査だけで早期発見ができるようになるのは朗報だと思います。
あの胃カメラとかバリュームとかをしなくていいようになるといいですね。

しかし、「早期発見」しただけでは不十分です。「初期対応」が適切であることが重要です。
特にガンなどの病気の場合、対処方法の選択肢が一杯あり、まったく正反対の意見が述べられている事も多く、いったいどれを選択したらいいのか迷う事も多いのではないかと思います。

しかし、どんな場合でも闘うのはご本人です。
やはり早期に自分で知り、方法論を調べ、その中から自分の意識で最適と考えられる方法を選択していただきたいと思います。
そしてプロである専門家はその選択の手助けをきちんと行うことが仕事だと思います。

防犯もまったく同じです。
現在の犯罪状況、どんな手口が増えているのか、どこから入られやすいのか。
我が家の場合はどこが弱いポイントなのか・・といったことを知ることからスタートします。
正しい防犯知識を知っていただくことが「防犯対策」の第一歩になります。
そういう正しい防犯知識を持っていただくことが我々防犯のプロの仕事です。

そして、その脆弱なポイント、想定される侵入経路、侵入手口に対してどういう防犯対策が有効なのかを防犯のプロからアドバイスを受け選択することが大切です。
よく防犯をブランドだけで選んだり、価格だけで選ばれる方がいらっしゃいます。(どちらかというとそういう方の方が多いのが残念です)
しかし、本当に自分の安全・自分の家族の安全を守るのにその方法がいいのかをきちんと検証することが必要ではないでしょうか?

病気と同じで防犯」も入られてからの対処だけでなく、入られない、入らせないといった「予防」が重要です。

詳細ページへ»

投稿者:総合防犯設備士(2009年11月20日14:43:43) |記事URL

2009.11.18

新型インフルエンザも「防犯」も予防が大切。

新型インフルエンザのワクチン投与が始まりましたが、なかなか日程がずれこんでいて、現場では混乱しているようです。
重篤する可能性のある疾患の人が今予約をしても来年1月後半ということを聞きましたが、それからワクチンが効くまでの期間もプラスすると、「予防」は自衛するしかないと感じます。

同じように新型インフルエンザの患者と接していても、発病する人と発病しない人とがいます。
基本的にその人自身が持っている「免疫機能」つまり自分自身で病気と戦う力の違いだと思います。

防犯」も同じです。
何度も泥棒に入られる家というのがあります。
何故その家が狙われるのか?お金持ちだから??
実際にお金持ちの場合もありますが、普通の家でも何度も泥棒被害に遭われている家もあります。
それはその家の「防犯力」の違いです。

つまり、何度も泥棒に入られる家というのは「泥棒が入りやすい環境」=「泥棒の好きな家」なのです。
たとえば、塀が高く、道路から見通しが悪い家。
植木がうっそうとしていて、2階の窓の見通しが悪い家。
夜間も暗い周辺。
隣の家の駐車場の屋根から2階のベランダに簡単に登れる。
足場になるようなものが外に置かれている。
こうした環境は全て「泥棒の好きな環境」です。

こうした環境は、病気でいえば、「暴飲暴食」「メタボ」「慢性的睡眠不足」「疲労」といった状態であり、食事も運動も気を使っていない生活習慣ということになります。
これではどんな人でも病気になりますよね。

ですので防犯でも生活環境を変える、つまり、考え方をまず変え、できることから環境を変えることが重要です。
見通しを良くするため、塀は低いフェンスに変え、植木は剪定する。周囲に防犯灯や人感ライトをつけ夜間も明るくする。窓や扉に補助錠を追加する。防犯システムを設置する。
こうしたことで防犯環境を整えることが泥棒被害に遭わないことなのです。

病気も犯罪も「予防」こそが重要です。

詳細ページへ»

投稿者:総合防犯設備士(2009年11月18日14:46:46) |記事URL

2009.11.17

福祉車両販売は09年度上半期は2年ぶりにマイナス

福祉車両 これは、エコカーと同じで、今後高齢化社会がより進む中で、今以上に必要になると思われます。ところが、今年の上半期販売台数が2年ぶりにマイナスとなりました。


●日本自動車工業会が発表した2009年度上半期(4 - 9月)の福祉車両の販売台数は、1万4950台、前年同期比14.7%減となり、2年ぶりにマイナスとなった。

高齢化社会の進行や福祉・介護に対する社会的ニーズの高まりもあって、福祉車両に対する関心は高まっているものの、景気低迷による新車需要の低迷が影響、福祉車両の販売も落ち込んだ。2009年8月まで福祉車両がエコカー補助金とエコカー減税の対象にならなかったことも影響したと見られる。

車種別では、乗用車(登録車)は同17.6%減の9487台と2年ぶりの前年割れ。軽四輪車は同2.1%増の3949台と、2年連続でプラスとなった。バスは同29.6%減の1514台と大幅マイナスとなった。
(10月29日レスポンスより引用)

福祉など弱者と呼ばれる方が本当に必要としているものは、実際にその立場にならないとなかなかわかりません。家族や友人など身近な人がそうした立場になって初めて、福祉車両やバリアフリー、駅の身体障害者用トイレの有無、エレベータやエスカレータの位置などを非常に気にすることになります。

福祉や介護は基本的には人手に頼らざるを得ません。
そしてそれに関与する人によってその内容・質が変わってしまうのが現実です。
しかし、そうした人手を補助することが機械でできます。
防犯のセンサーやカメラを応用して福祉介護ヘルスケア向けに活用することで、福祉介護する側、される側にとって優しい環境を作る事ができます。

詳細ページへ»

投稿者:総合防犯設備士(2009年11月17日14:48:48) |記事URL

2009.11.09

「インドネシアでの話と違う」看護師研修生が途中帰国

介護の人材不足は深刻で、その打開策の一つとして、海外からの看護師派遣がありますが、その制度の利用者がインドネシアで聞いた条件と違うということで途中帰国したとのニュースが掲載されています。


●日本とインドネシアの経済連携協定に基づき来日した看護師研修生1人が、「資格や業務の内容、賃金水準が、インドネシア側で聞いていた説明と違う」と不満を募らせ、研修を打ち切って帰国したことがわかった。

 厚生労働省は、現地で誤解を与える説明があったとみて、正確を期すよう、近くインドネシア政府に要請する。

 帰国したのは、第1陣(208人)として昨年8月に来日した20歳代女性。
語学研修を経て、今年2月に九州の病院に赴任。患者の食事や入浴の介助などを任され、入所者からは好評だったという。

 しかし、来日前にインドネシア側から受けた説明のうち
▽日本の看護師資格は、他国でも働ける国際ライセンス
▽資格取得前から注射などの看護業務ができる
▽賃金20万円以上を保証
――などが事実と異なっていたとして9月に帰国した。

 厚労省によると、看護師資格は日本国内でのみ有効。「20万円以上」の保証はしておらず、賃金は受け入れ施設ごとに異なる。同省は「インドネシア政府には十分な情報を伝えている」とするが、仲介機関の国際厚生事業団によると、同様の説明があったと訴える研修生がほかにもいるという。

 大野俊・九州大学アジア総合政策センター教授(東アジア研究)は「来日第1陣は募集期間が短く、2国間の連携が不足していたため、研修生に正確な情報が伝わらなかったのではないか」と指摘。別の専門家は、「研修生の募集にブローカーが介在するケースもあり、誤った情報が独り歩きした可能性もある
(11月19日 読売新聞より引用)

夢描いていたものと現実が違っていたということでしょうか?
ただでさえ、介護とは体力も精神力も必要とする仕事です。
それに加え、言葉が通じない。生活慣習が違う。生活レベル・物価が違う、という非常に大きなハードルもあります。それを乗り越えないといけないのですから、聞いていた条件と違うとモチベーションも下がることになると思われます。

最初の募集時、そして施設に研修に入るときに書面での説明などはなされていないのでしょうか?
何故途中で??というのは疑問に感じます。

どちらにしても、少ない人間で十分な介護を行うというのは身体的にも非常に厳しいというのはよくわかります。例えば、徘徊癖のあるお年寄りを24時間見守れということはできません。
夜間少人数で泊り込みで介護されている時にナースコールは鳴る、誰かが勝手に部屋から出る・・
それを全て対応するのは絶対に無理です。

そうしたときに、例えば徘徊のお年寄りが部屋を出ようとしたらナースセンターに知らせる。
危険な場所に誰かが近づいたら知らせる・・といったことができれば介護の方の負担もずいぶん軽減されます。ベットから落ちてしまった瞬間にナースセンターに知らせがきたら、安心だと思います。

より介護者にとっても、介護される方々にとっても十分な環境を作る事が必要だと思います。

詳細ページへ»

投稿者:総合防犯設備士(2009年11月09日14:45:45) |記事URL

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから