介護福祉ブログ

2010.05.14

個室トイレでの倒れこみ検知システム

公共施設やデパートなどのトイレには最近、非常ボタンを設置している場所が多くなってきています。

トイレは個室となり、何か非常事態が発生しても助けを周囲の方に知らせる方法がありません。

これは防犯上の観点で設置されているのですが、その他にトイレ内で気分を悪くした場合に助けを求める為に使用される場合もあります。

しかし、気分を悪くされてそのまま倒れられた場合には非常ボタンを押すことが出来ません。その前に気絶してしまう場合もあります。気絶したまま長時間誰にも見つけられなくて命を落とすこともあるのではないでしょうか?
そのような場合でも倒れたことをいち早くキャッチして異常を知らせてくれる商品があれば安心です。

以前からトイレ内の倒れこみ検知用機器は色々な方式が考えられてきました。しかし倒れこみ検知に時間がかかったり、トイレの種類(洋式・和式の違い、配置の違いなど)など色々な条件によって取り付け方法やエリア調整が困難でした。場合によっては何度も再調整が必要な場合もあります。
このように「危険であることは十分わかっているけれども、信頼性がある検知機器がないのだから仕方がない。」と思われていました。

このようなお客様の要望にお応えする商品として「トイレ利用お知らせシステム」があります。

このシステムで使用する「トイレ用センサー」ですが従来センサーと違い、7本の赤外線光が独立して距離を測定してそれぞれの高さを検知できるセンサーです。ですから床面の変化や便座フタの上げ下げによる誤動作などを少なくさせることが出来ます。

このセンサーを使用することにより、便座に座った状態で長時間動かない状態や便座から離れて床に倒れこんでしまった場合でも、今まで以上に正確にキャッチすることが出来るようになっています。

現在の実績は殆どが公共施設や福祉施設などですが、今後は一般家庭でも「シルバーマンション」などでも必要な設備になってくると思います。

詳細ページへ»

投稿者:総合防犯設備士(2010年05月14日15:50:50) |記事URL

2010.05.13

高齢化社会における「在宅介護」

高齢化社会が今後ますます進む現在において、「在宅介護」の重要性が求められる時代になってきています。厚生労働省の地域包括ケア研究会においても「在宅優先、施設は補完」の提言が報告書としてまとめられてきています。

現在の団塊の世代が75歳以上になる2025年にはどこに住んでいても必要なサービスを利用できることを目指し、国の基本政策として在宅サービスを優先して、施設サービスは補充するものと位置付けるように主張しています。

このような提言の中で「在宅介護」の重要性がますます求められてきます。
在宅介護で高齢者の安全を守る機器として当社ではいろいろな機器を取り扱っています。

高齢者が無断で外出されないように見守る「徘徊お知らせシステム」
一人住まいの高齢者を見守る「生活安心報知システム」
気分が悪い時に家人を呼び出せる「緊急呼び出しシステム」「通報システム」
緊急時に電話にて知人などを呼び出せる「通報システム」
などがあります。
これらの商品は元々施設向けに販売していた商品ですが、一般家庭でも十分使用できます。

又、ご家庭の防犯と福祉介護にも使用できる「ネットワークコントローラ」もあります。

詳細ページへ»

投稿者:総合防犯設備士(2010年05月13日19:34:34) |記事URL

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから