介護福祉ブログ

2010.08.24

熱中症検知センサーで、工場での倒れこみを早期発見

連日の猛暑で多くの方が病院に搬送されたり、亡くなっています。
本当にこの熱気は、健康な若い人でも身体にこたえるのですから、病気の人、高齢者にとっては非常に過酷な環境だといえます。


熱中症で病院に搬送された人が5月31日から8月15日までの2カ月半で3万人を突破し、3万1579人となったことが17日、総務省消防庁の速報値で分かりました。
搬送直後に死亡した人は132人となっています。

東京都内でも熱中症で死亡された方が100人を超えました。
注目すべきは、そのうち96人が屋内で倒れられた結果なくなっていることです。

高齢者のほとんどは室内で熱中症になり亡くなっていました。
気がついた時には、身体も指も自由に動かず、携帯電話もなかなかできなかった、というようになることが多いようです。

ある企業でも、工場を一人の作業員が見回っている最中に熱中症になり倒れました。
商品の狭間に倒れ、発見が遅れ亡くなってしまいました。

こうしたことが発生しないように、工場の安全対策として「倒れコール」があります。
従業員の方が急病などで倒れたときに自動的に信号を宿直室(警備室)などに送信するとともに、その場でブザーでお知らせします。

工場など広域な場所でも無線中継器をつなぐことにより対応できます。
熱中症だけでなく、機械に巻き込まれたり、急に気分が悪くなったりと職場での事故が工場などで発生しています。

こうした安全対策システムを導入することで安全で安心な職場環境を作ることができます。
熱中症対策向け緊急呼出し(倒れコールシステム)

詳細ページへ»

投稿者:総合防犯設備士(2010年08月24日18:27:27) |記事URL

2010.08.20

山形の病院で、個人情報が入ったパソコンが盗難

山形の病院で、個人情報が入った
パソコンが盗まれました。

<時事ドットコム>
個人情報入りパソコン盗難=患者5747人分-山形大病院
山形大学医学部付属病院(山形市)は13日、
患者5747人分の個人情報が入ったパソコン1台が
盗まれたと発表した。
情報の外部流出は確認されていないという。
病院は、対象の患者に文書を送付して謝罪し、
患者支援対策室を設置して電話での問い合わせに応じる。
病院によると、10日午前9時半ごろ、
外来受付に置いてあったノート型パソコン1台が
なくなっているのに担当医が気づき、
県警山形署に盗難届を提出した。
6日午後4時ごろから9日午前7時40分ごろまでの
間に盗まれたとみられる。(2010/08/13)

病院施設でのパソコン盗難被害は絶えません。
病院施設を特にねらう窃盗犯の存在もあるようです。

被害が絶えない理由としては、
誰でも侵入可能が可能ということが言えます。
患者を装って重要施設に侵入し、
スキを狙って犯行におよぶ事例や、
見舞い人をつのって、重要施設に侵入し、
スキを狙って犯行におよぶ事例などもあります。

確かに病院施設側の盗難対策として、
防犯カメラを設置しているところをよく目にします。
しかし、すべての病院、医院で対策がなされている
とは言いがたいものがあります。

病院をねらう窃盗犯がいるという実情では、
最低限、防犯カメラの設置は必要です。
不審者をいち早く発見し、警戒を強めることができれば
犯罪抑止力にもつながります。

施設をいつでも監視しているというイメージを
窃盗犯に危険区域だということを認識させることができれば、
窃盗被害を減少させることが可能です。

【セキュリティハウス:病院施設の防犯】

詳細ページへ»

投稿者:総合防犯設備士(2010年08月20日03:55:55) |記事URL

2010.08.11

病院施設での隠れた問題「院内暴力」

8月4日の毎日新聞の記載内容で深刻化している「院内暴力」
の実態が改めて浮き彫りになりました。
掲載されていた内容は、奈良県医師会が医療関係者
17000人対象にアンケートした結果をまとめたもの。

アンケートの結果で、医師や看護師の6割が患者から
暴力や暴言による被害を受けたと回答したことが分わりました。
医療現場での「院内暴力」は年々問題化している状況です。

私の知り合いの看護士に院内暴力の実態について
話を聞いてみたところ、日常的に被害が発生しているとの
ことです。話を聞いた本人にも被害を受けたことはないかと
たずねたところ「ある」とのことでした。

その被害内容を詳しく聞いてみると、
夜間勤務の際、いきなり患者に腕を捕まれたとのこと。
痛いのでやめて欲しいと抵抗したところ、
憤慨した顔でにらみつけられたとのことです。

そういったことが病院施設の現場で日常的に
発生しているようで、不安感を感じる看護士も
多数いるのが現状のようです。

話は新聞記事の内容に戻りますが、
アンケート結果によると、身体、精神ともに被害を受けたことが
あると回答したのは、医師61・3%▽看護師60・5%
▽看護補助者37・9%▽事務職員36・7%。
最も多かったのは暴言で、看護師や看護補助者は暴力が目立った。

自由記入欄には、「殴られそうになって、ステッキなどを振り回された。
『おまえ雑魚や、殺したる』と電話口で言われた」
▽「認知症患者にたたかれる、引っかかれる、つままれるが常態化」
▽「患者の家族にストーカー行為をされた。8年がたっているが、
男性患者や男性家族の前で笑顔をつくると誤解されそうで怖い」
--などの回答があった。

その他の項目のアンケート結果として、
「仕事のやりがいが低下した」という方が全体の32.4%もいました。
看護士の中には、休職したり職場を変わった例もあるといいます。

それだけ深刻化している院内暴力。
病院施設側としても看護士の身の安全を考え
何らかの対策を打つ必要があります。
何か問題が発生してからでは遅すぎます。

現在深刻化しつつある院内暴力。
問題が強大に膨れ上がる前に、院内暴力対策を講じることが先決です。

セキュリティハウスでは、ナースコールをはじめ、
病院内の非常押しボタンシステムや、その他防犯カメラシステム等を
取り扱っています。最近では、各種センサー類を活用した
シルバーマンションへ設置した生活リズムセンサーなども
取扱いを行っています。

最近の実績としては、全国のとあるセキュリティハウスでは、
ある病院施設に「院内暴力対策システム」を納入した事例があります、
ひとことで言うと、異常事態が発生した場合、ナースコールなどに
呼びかけることができる仕組になっています。

ナースコールに限らず、看護士が受信機を持ち運べるタイプのモノもあります。
(携帯型受信機)

緊急事態の際、勤務中の看護士がわざわざナースステーションまで
戻っている時間はありません。
緊急事態をすばやくキャッチできるよう受信機を携帯しておく
システムが実用的です。

看護士の働く環境を改善するためにも「院内暴力対策システム」の活用が必要不可欠です。

【 院内暴力対策システムのお問い合わせは、セキュリティハウスまで】

詳細ページへ»

投稿者:総合防犯設備士(2010年08月11日15:55:55) |記事URL

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから