介護福祉ブログ

2011.12.27

病院の車いすから火。患者男性大やけど。


25日午後3時20分ごろ、大阪市東成区中道の「岩木病院」の職員から「3階の部屋から煙が出ている」と119番があった。
3階の病室で入院中の男性(62)が乗った車椅子の背もたれ部分などが燃え、職員らが消火器で消し止めた。

男性は上半身やけどの重症を負い、別の病院に搬送された。付近に火の気はなく、大阪府警東成署で出火原因を調べている。

 同署によると、病室から「おーい」と呼ぶ声を聞いた看護師が駆けつけ、車椅子から火が出ているのを見つけたという。
病室には男性のほか、寝たきりや認知症の男性患者6人が入院しており、うち2人が煙を吸い込むなどしてのどの痛みを訴えた。
(2011/12/26 より引用)


なぜ、発火したのか不明ですが、寝たきりや認知症患者の病棟での火災発生は
大きな被害につながるため、その原因を早期に究明し対策が必要です。

一般的に、病院や老人ホームでの火災原因で多いのが「喫煙」と「放火」。
特に「喫煙」は、本来禁煙の部屋やホールだけでなく隠れて喫煙することがあり、その火の始末が不備で火災となるものです。
「放火」は、認知症患者などがカーテンなどに放火する事例があります。
いずれにしても、多くの患者を無事に助け出すのは多くの人員が必要であり
実際には職員は少なく不可能に近いと思います。

最悪の事態  そうならないためには、「火災の早期発見」が重要です。
その対策として、ひとつ目には炎センサーによる早期発見

炎センサーは10メートル先の7センチの炎を検知します。
喫煙や放火でライターを付けた瞬間に音声メッセージを流して警告したり
ナースセンター・事務室へ通報します。

そして、「カメラによる見守り
カメラというとプライバシーといったことをいう方もいますが
入居者の安全確保、職員の負担軽減のために
最低限共有スペースには見守り用のカメラを設置することをお勧めします。

いずれにしても、入居者の安全確保のために、早期発見初期対応が最も重要なのはいうまでもありません。

詳細ページへ»

投稿者:総合防犯設備士(2011年12月27日11:26:26) |記事URL

2011.12.22

燃え尽きない介護

両親が80近くになると、「介護」って言葉が、遠い世界の言葉から身近に感じられるようになってきました。
幸いにも二人とも非常に元気で、今のところ「介護」は必要ないどころか
こちらが面倒を見てもらっている状態ですが、友人の中には既に両親の介護中、という人もちらほら出てきており、これから同窓会などではそういう話題になるのかなあと感じています。

燃え尽きない介護
というサイトがありました。
以前、祖母を96歳で自宅で亡くなるまで一緒に住んでいたので
「燃え尽きない介護」というのは非常に興味を持ちます。

介護される人はもちろんのこと、介護する側も身体も心も穏やかでいられればいいですよね。
そのためには周囲の協力も必要だし、心の支えも必要だと思います。
そして、24時間ずっと人間で介護することができないのであれば
それを補助するヘルスケア機器の導入も「燃え尽きない介護」には必要だと感じます。

介護する側の気持ちが穏やかでいられれば、介護される側も気持ちが穏やかになります。

詳細ページへ»

投稿者:総合防犯設備士(2011年12月22日11:37:37) |記事URL

2011.12.21

お年寄りの防犯・安全対策のキーポイント

高齢化社会の中での防犯対策を考えると、いくつかのキーワードが浮かびます。
一つは「使いやすさ」。自分も老眼になって初めて気づいたのが「取扱説明書の文字が小さくわかりにくいこと」。機器本体のボタンも大きく、操作が簡単なことが大切なポイントです。

そして「安心感があること」
お年寄りがそれを使用して「安心できる」ことが大切です。たとえば非常用の押しボタンを押せば確実に家族に連絡がつながること。
たとえば、火災なども早期発見して逃げることができること。

お年寄りを取り巻く犯罪状況はどんどん悪くなっています。
元象印の会長がお金目当ての強盗に殺害されましたが、お年寄りは貯蓄率が高く、お金を持っている家庭もかなりあります。
箪笥預金をしているお年寄りもいれば、なんでも金庫に入れているお年寄り、防犯意識が低いため施錠をしないというお年寄りもいます。
そうしたお年寄りを狙った強盗や空き巣、忍び込み、詐欺が増えています。
カネを持っていながら防犯意識が低く、対策もしていなければ自然の原理で狙われるということなのです。

ぜひ、お年寄り自身はもちろんのこと、お年寄りと同居の家族、別居しているお年寄りがいる家族の方は、この年末年始にもう一度防犯対策や安全対策のことを考えてみてください。
何かあってから後悔するのではなく、予防をするために。

詳細ページへ»

投稿者:総合防犯設備士(2011年12月21日12:40:40) |記事URL

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから