介護福祉ブログ

2013.06.26

雷記念日

 延長8626日(旧暦)、平安京の清涼殿に落雷があり、大納言・藤原清貫が亡くなりました(清涼殿落雷事件)。

この落雷は菅原道真公の祟りだとされ、道真公は名誉を回復し、また雷の神天神と同一視されるようになりました。

 

また、菅原道真公は学問の神様として受験の時に一度は拝んだのではないでしょうか。

奇しくも本日は全国的に荒天。

京都は非常に強い風雨が吹きあれています。

昨年も雷で命を落とされた方もいらっしゃいましたね。

私は仕事柄雷が鳴ると設置させていただいたシステムが被害にあわないかと心配になります。

近年雷の被害は右肩上がりに増えてきています。 専門的なことはよくわかりませんが、雷自体も増えているようです。

地震・雷・火事・親父と怖いものの例えによくつかわれていましたが、実は火事が一番怖いと思います。

業火は全てを焼き尽くして無にしてしまいます。

地震も雷も火事の原因となります。

では、親父は??

 

昔は寝たばこが火災の第一原因でしたが十数年前から放火が火災の第一原因となっています。

火災を防ぐには放火を防ぐ。

放火対策にはTAKEXの炎センサーをお勧めいたします。

わずか7センチのライターの炎を10m先から検知できる超高感度です。

 

また健康増進法施工後の喫煙防止対策としてショッピングセンターのトイレ等にもご採用いただいております。

 

菅原道真公が雷の神様であれば、我々は火災の神様のお手伝いが出来ればと思います。

詳細ページへ»

投稿者:防犯設備士(2013年06月26日09:36:36) |記事URL

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから