介護福祉ブログ

2014.12.12

ノーベル賞授賞式

ノーベル賞授賞式の晩さん会が、10日午後7時(日本時間11日午前3時)から
ストックホルム市庁舎で行われました。

 物理学賞を受賞した赤崎勇・名城大教授(85)と天野浩・名古屋大教授(54)、
中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)は、スウェーデンの
カール16世グスタフ国王ら王室のメンバーとともに出席し、約1300人が
招かれた盛大な祝宴を堪能しました。

 この日、市内のコンサートホールで授賞式を終えた3人は、家族らと記念撮影を
楽しんだ後、市庁舎へと移動。授賞式と同じえんび服姿で晩さん会に臨んみました。
天野さんと中村さんは、会場中央の「栄光のテーブル」につき、王室メンバーらと談笑しました。

 終盤には、物理学賞の受賞者を代表して中村さんが英語であいさつをされました。
「1980年代に青色発光ダイオード(LED)の研究を始めた頃は、
何度も何度も周囲から無理だと言われた。それでも研究を続けた。
今ではLED電球をスーパーマーケットで買えるようになった。
従来の電球より10倍エネルギー効率がよく、地球温暖化対策にも役立つ」と、
発明の意義を強調しました。

 そのうえで、「LEDを人類の利益につなげたいという私たち3人の長年の夢が、
今や現実になっていることを光栄に思う。私たちを選んでくれた、ノーベル賞選考委員会と
スウェーデン王立科学アカデミーに感謝したい」と語り、大きな拍手を浴びました。

 10月の受賞発表以来、慌ただしい日々が続いた3氏ですが、これで主要行事を
ほぼ終えました。天野さんは「最高に緊張しました。とりあえず一安心です。
今日はさすがに疲れました」、中村さんは「無事に終わりました。帰ってからまた頑張って
仕事ですよ」と話していました。赤崎さんは「素晴らしい授賞式で、本当に感動しました」
とのコメントを、名城大を通じて発表しました。

 3人は、1980年代から90年代初めにかけて、青色LEDの製造技術を開発しました。
これにより、光の三原色(赤、緑、青)のLEDがそろい、エネルギー効率の高い
白色LEDの普及につながったことが評価されました。

読売新聞 12月11日(木)12時25分配信


世紀の大発明でした。
また、青色の照明は近年、防犯にも役立つといわれています。
普及することによってますますコストダウンが図れ、さらに普及が加速することになります。
青色LEDに関する特許は中村さんが持っておられるということです。

革新的な技術にはやはり特許がつきものです。

この度セキュリティハウスの販売している「i-NEXT」システムがめでたく特許登録されました。

セキュリティに徹底的にこだわった革新的なシステムとして評価を頂きました。
様々な場面で情報漏洩対策が注目されています。
今後も御客様のニーズに合わせて進化し続けます。

詳細はこちらから  ↓

http://www.enkaku-kanshi.net/

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2014年12月12日11:22:22) |記事URL

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから