介護福祉ブログ

2015.09.30

インドネシア高速鉄道

9月29日、インドネシアのソフヤン・ジャリル国家開発企画庁長官と
菅官房長官が首相官邸で会談し、日本と中国が受注を争ってきた
インドネシアの高速鉄道計画について中国案を採用する方針を伝えられました。


インドネシアのジョコ大統領の特使として来日したソフヤン氏は会談で、
中国案の採用理由について「財政負担や債務保証を伴わない新たな提案があった」
などと説明しました。


菅氏は「(選定の)経緯について理解しがたい。極めて遺憾だ」と述べ、
インドネシア政府の対応に強い不満を示しました。
高速鉄道計画はジャカルタ―バンドン間の約140キロ。
日本の新幹線方式の導入を前提に進んでいましたが、中国は巨額融資を
アピールして昨年末から巻き返しを図っていました。
2015年9月30日 YOMIURI ONLINE


日本の新幹線は開業以来大きな事故もなく世界に誇れる
日本の技術の結晶だと思います。
5分に1本という過密ダイヤでも1分も狂いもないという
正確さと安全性は他国では中々真似ができないと思います。


ただ、他国がそこまでの過密ダイヤを運航したりすることは
あまり考えにくいといったことも事実あると思います。


高品質のものを提供する拘りはまさに日本ならではの考え方だと思います。
しかし、求めている以上のスペックを謳い文句にして予算よりも
品質を前面に押し出すと商談はうまくいかないものです。


相手の事情を十分に考慮し、相手の立場に立った対話が必要不可欠です。
高速鉄道の輸出競争に敗れたのは非常に残念ですが、競争が激化する
国際市場で勝ち残っていくには対話と気遣いを一歩進め、
また競争相手のことを知り、負けない対策を講じることが重要です。


我々日本人は単一民族なので大陸に比べるとコミュニケーション能力は
劣るかもしれませんが、「おもてなし」の精神があれば、
きっと世界市場でも勝ち残っていけると思います。

介護もおもてなしの精神が大事ですね。
高性能の機械のみを説明しても使用する方がどんな方なのか、
どのような困り事があるのかによって使い方が変わってきますし、
高機能は必要ないかもしれません。


セキュリティハウスは商品を販売するのではなく、
「安全のない安心は最も危険である。安全のある安心は最も快適である」
をコンセプトにお客様の問題解決を、一緒に行っていきます。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2015年09月30日09:31:31) |記事URL

2015.09.29

御岳山の噴火から1年がたちました

戦後最悪の火山災害と言われた御岳山噴火から
1年がたちました。
死者58名、行方不明者5名の犠牲者を出した
この事故に学ぶことも多いと思います。
自然災害は前兆がありますが、完全に予測することは不可能です。
もちろん犠牲になった方々は事故にあうために
その場にいたわけではありません。
現在も活動が活発な火山があります。
阿蘇山、桜島、箱根山、口永良部島などが危険な山だそうです。


災害に合わないためには危険と思われる場所に行かないことです。
これから紅葉が始まり、絶好の行楽シーズンとなりますが、
火山はなるべく近寄らないほうがよいでしょう。


どれだけ文明が進歩しても人類はまだまだ自然にはかないません。
今年も大雨による被害が関東方面ではありました。
自然とともに安全に暮らしていくことが大切だと思います。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2015年09月29日09:25:25) |記事URL

2015.09.28

マイナンバー制度

毎日のように新聞やテレビでマイナンバー制度の遅れや
問題点が報道されています。
全国民に一斉に通達できるかどうかという事で、今朝の新聞にも
1割が不達になる恐れがあると報じられていました。


相変わらず新たな詐欺の対象となっていることはもちろん、
カードの保管やセキュリティ面での不安がぬぐい去れません。

もちろんマイナス面だけではないので、恩恵を受ける部分も多大にあります。

医療や介護の部分では申請手続きの簡素化というのは大きなプラスとなります。


個人の証明書として、免許所、健康保険所など様々なものがあります。
これを全て一元化し、一枚のカードで運用できるようになれば更に便利に
なると思います。


デメリットは一枚のカードを紛失すると全てを失ってしまう事です。
技術の進歩からすると一枚のICカードに全ての情報を織り込み、
更に本人確認までできるようなカードがあれば常時持ち歩くのは
1枚のカードで済むと思います。


更に進化するとこのデータを個人に持たせるのではなく、生体認証の
技術を応用して個人識別し、全てのデータを持たずに暮らせたら
更に便利になると思います。

SFの世界みたいですが、近未来には実現可能になるでしょう。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2015年09月28日08:34:34) |記事URL

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから