介護福祉ブログ

2015.12.16

今年の漢字で感じること。

2015年を表す漢字は「安」。
日本漢字能力検定協会(京都市)は15日、「今年の漢字」
を京都・清水寺で発表しました。
森清範(せいはん)貫主(かんす)が
特大の和紙に墨で書き上げられました。

 

「安」は応募12万9647通のうち最多の5632通(4・3%)。
安倍政権のもとで安全保障関連法案の採否をめぐり
国論を2分した点や、世界で続発したテロや異常気象、
マンションの杭打ちデータ流用などで人々が不安に
なったことなどが理由に挙げられました。

 

2位以下は新語・流行語大賞にもなった「爆買い」などから
「爆」、戦後70年を反映して「戦」、芸能人の結婚が
相次いだのを受けて「結」と続きました。


「今年の漢字」は1995年に始まり、今年で21回目。
阪神大震災があった同年は「震」。
シドニー五輪の2000年、ロンドン五輪の12年はともに「金」。
消費税率が8%にアップした昨年は「税」でした。

 


朝日新聞デジタル 2015.12.15配信
 

「安」は「安」でも「安心」や「安全」ではないのですね。
セキュリティハウスは昔から「安心な暮らしのパートナー」
をキャッチフレーズにしてきました。
また、「安全にある安心は最も快適である。安全のない安心はもっとも
危険である」を基本コンセプトにしてまいりました。

 
なので、今年の漢字が「安」に選ばれた時はうれしかったのですが
理由を聞いて悲しくなりました。
 
今年も水害や火山等の自然災害が多く起こりました。
また、国同士がにらみ合い、戦争がいつ起こっても
おかしくないような状況です。
不安になる材料はいくらでもあります。
 
少しでも暮らしやすい環境を創るためにお役にたてるよう
竹中センサの技術を駆使して安全を守り、安心を提供します。


>無題.jpg

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2015年12月16日13:37:37) |記事URL

2015.12.10

お金を正しく使えているのでしょうか。

生活保護の受給率が全国平均の3倍という大阪府門真市で、
不正受給事件や疑惑が相次いで発覚しました。
10月に逮捕された夫婦のケースでは、市が支給を
止めたわずか2日後に再度の申告を受け付け、被害額が
計約1600万円にまで膨んでいました。
別の男性が受給者に設けられた特例措置を悪用し、通院で
利用したタクシーの領収書を偽造して交通費約300万円を
不正に受け取っていた疑いも浮上しました。
事前のチェック機能が働かず、事後対応を余儀なくされる
「負の連鎖」。人員不足という構造的な問題も横たわるが、
果たして打開策はあるのでしょうか。
 

産経WEST 2015.1210配信

 
このお金の出所は我々の税金です。税金は世の中のために使うもの
であって、個人的に使うものではありません。
それはすべての納税者が思っていることです。
現在の税制自体がかなずしも平等で公平というわけではありません。
ただ、だからと言って不公平だから不正に受給していいわけはありません。
 

不正受給の裏で実際に制度の歪によって受給できない
人々も大勢います。
たとえば、婚姻歴のないシングルマザーは
離婚歴のあるシングルマザーと比べて保育費用が高い
ということがあります。
この違いはなんでしょうか。

 
他にも知らなければ受給できない補助金があったり、
言い回しを変えるだけで認められたり。

 
本当に必要な人にいきわたらないのが一番悲しいこと
だと思います。やはり地域のコミュニティが重要な要素になります。
防犯も同様です。みんなでより良い住みやすい環境を作ることが
大切です。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2015年12月10日19:20:20) |記事URL

2015.12.02

妖怪の父、逝く

「ゲゲゲの鬼太郎」などで知られる漫画家の水木しげる
(みずき・しげる、本名武良茂=むら・しげる)さんが
30日午前7時18分、多臓器不全で東京都内の病院で
死去されました。93歳でした。

戦争で片腕を失いながらも漫画家として活躍されていました。
作品は妖怪を題材にしたものが多く、話の内容はおどろおどろしい
ものだったのに、画風がどこかコミカルで悲哀に満ちて
他のオカルトものの漫画とは一線を画していました。
 

また、戦争を題材にした作品も多く、ご自身がされた体験
をもとにリアルに描いていました。
戦争の作品はヒーローが存在せず、悲しみや苦しみなどの
感情が匂うように表現されています。
子供が読むには多少難しいかもしれません。

 
代表作の「ゲゲゲの鬼太郎」においては3世代で愛されるような
漫画だと思います。
他にはサザエさんぐらいしか思いつきません。

妖怪を題材にしながらも道徳的な表現が多く使われ、
妖怪を身近に感じさせられました。
 

異形のものを尊重するという博愛精神にも似たテーマだったと思います。

 
ご冥福をお祈りいたします

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2015年12月02日09:06:06) |記事URL

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから