2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

福祉介護ヘルスケアサイトメニュー


介護福祉ブログ

2017.12.05

乗車マナー

鉄道やバス等の公共交通機関の乗車マナーについて少しお話しします。
電車の場合、駅や車内放送で迷惑行為について具体的に流れています。
  

 
例えば、携帯電話の使用について「マナーモードにして、通話は御遠慮
ください」これは電話電車の騒音などで電話の声が聞き取りにくいために
どんどん自分の声が大きくなって周囲の人がうるさくて迷惑になります。
ヘッドホンからの音漏れも、周囲からすると気になります。
座席の占有等も迷惑行為としてあげられます。
手荷物は膝の上か網棚に載せ、座席は広く開け、多くの人が座れるように
しましょう、などというアナウンスも聞くことができます。
駆け込み乗車も 危険な行為です。万が一ドアに挟まれるなどの
事故になった場合は列車の遅れにもつながり、乗り合わせた人みんなの
迷惑となる恐れがあります。
  

最近では足を組んで座るのも「他のお客様の迷惑になることが有りますので、
おやめ下さい」といったアナウンスも流れています。
リュックも後ろに立つ人に迷惑になる場合があるので、前に抱えるか、
手に持ってください、などと案内されることも増えてきました。
共通して言えることは、自分の部屋ではない事を意識すれば出来ることだと
思います。
  

優先座席に至っては、この席を必要とされる方に譲りください、という
放送が有るのに知らん顔をして座っている人もいます。
優先座席付近では携帯電話の電源を切ってくださいという車内放送も
あります。心臓が健康ではなく、ペースメーカー等の医療機器を
利用している方がいた場合、携帯電話の電波が医療機器に影響を
与える可能性があると言われています。
もし誤動作を引きおこし、その人が重篤な容態陥った場合等の
事を考えると背筋が寒くなります。
  


自分だけのことを考えるのではなく、周りに気を配るといった事が
人が集まる場所では絶対に必要です。
特別席を譲るとか、重い荷物を持ってあげるだとか迄しなくても
少し思いやりを持っていれば出来ることだともいます。
毎日の通勤で変な慣れが自分の空間という意識につながるのかもしれません。


車内アナウンスでは聴いた事が無いですが、私自身は座席に着くときに
勢いよく腰掛ける人が嫌いです。

 
個人的に「ダイブ」と呼んでいます。
老若男女だいたい1日数人から十数人見かけます。
恐らくはこの人たちは銭湯でも飛び込むんだろうな。。。と思って
見ています。
 
  


他の人が見て不快だと感じることは他にもたくさんあると思います。
「他の振り見て我が振り直せ」といいます。
自分では気づかずに行っている迷惑行為もあるのではないかと
たまに考えてみることも必要ではないでしょうか。

投稿者:スタッフ(2017年12月05日17:58:58) 

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから