2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

福祉介護ヘルスケアサイトメニュー


介護福祉ブログ

2018.02.23

花粉症の時期到来!

2018年春の花粉飛散量予測が出ました。
例年と比較すると、ほぼ同様ということです。
特にアレルギーの方が多いスギのピーク予想は2月末
から3月下旬、それが終わるとヒノキのピークが3月
下旬から4月の下旬にやってきます。
今年は各地で被害をもたらした大雪の影響で例年より
飛散開始の時期が遅れているところが多いようです。

  


年々花粉症の患者数が増えていて、2017年に調査
したアンケートでは、東京都民のうちスギ花粉症患者
が約48%に上るという結果が出ています。

 


最近では、花粉症対策グッズが色々度登場しています。
例えばマスクやカーテン、洋服などなど「花粉症対策」
と歌われているものも様々。

 


錠剤やスプレー、サプリメントも新しいものが続々登場
しています。
根本的な解決にはならないかもしれませんが、症状を
軽くするには有効です。シーズンが始まる前に予防薬
なんていうのもあります。

 

乳幼児における食物アレルギーが原因の一つである
といった説も出てきています。
食品添加物を摂取するといろいろな物質が体の中に
入ったときに拒否反応を起こしやすくなるといった
副作用を引き起こすという人もいます。

今の食生活では食品添加物を取らずにオーガニック
な食物だけを摂取するのは難しいです。
しかし、昔は少なかったという事はやはり食生活が
大きく影響していると思います。

 

もう一つ対策は花粉を飛散させないということに着目し、
アレルギー物質を取り除いた花粉を作るという事も
あります。いわゆる遺伝子組み換えです。
この方法だと、後々また違った副作用が出てくる恐れが
あるのであまりお勧めではありませんね。

 


大気汚染によって有害物質が増え、より一層症状が
悪化していくといった事も考えられます。

花粉症患者のくしゃみや目のかゆみを防ぐという事
だけでなく、もっと根本の問題も見据えて対策をして
行かなければならないと思います。


個人でできる事は、専門の医者にかかり、シーズン前に
初期治療を施し、外出時は極力マスクやメガネなどで
花粉から身を守り、室内にいるときには空気清浄機
で花粉をブロックする。
それでもなおかつ症状が出た場合には薬を服用する、
といった事になります。

 

防犯でも同じように、まずは犯罪に合わないような対策
を講じます。

具体的には犯罪者に狙わせないような環境づくりを
整える事!それでも狙われた場合は一刻も早く
犯罪者を退散させることです。
犯罪者は捕まりたくないので、人の目を嫌がります。

見通しを良くして人目を増やすことによって狙われにくい
環境を作る事が出来ます。

花粉症対策は専門医に
防犯対策はセキュリティハウスに!

お気軽にご相談ください。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2018年02月23日17:58:58) |記事URL

2018.02.16

冬季オリンピック開催中

平昌オリンピックが開催され、今回も日本人選手が活躍
しています。
  

平昌は日本とほぼ時差が無いので、日本と時差のある国
での開催の時よりは深夜までテレビにくぎ付けで寝不足
・・・・なんて事はないだろうと開催前は考えられていました。
始まってみると、TV中継は夜の時間が多くなっていました。
今回の冬季オリンピックの放送権がアメリカのテレビが
独占しているので、アメリカのゴールデンタイムに合わせて
開催されている競技が多いとうわさも流れています。
 


また、北朝鮮の微笑み外交といわれるような韓国との
合同チーム等政治的な思惑もかなり見え隠れしています。
  


ドーピング問題でロシアが国として参加していなかったりと
本来の国境を越えて純粋にスポーツで競い合うという
イメージからかい離しているような気もします。
  


本来のオリンピックのあるべき姿がどういったものかは
解りませんが、出場選手が主役であって、周りの都合で
選手本来の力が発揮されないともったいないと思います。
  


次の東京オリンピックがあと2年後に控えています。
出来る限り出場選手が主役で、純粋にスポーツの技で
競い合う大会になる事望みます。
  


防犯設備にも技術力<技>が必須です。
セキュリティハウスは総合防犯設備士数No.1
あらゆるリスクを想定し、被害を最小限に
食い止めるのが総合防犯設備士の腕の見せ所です。
 

安心の暮らしのパートナー セキュリティハウスに
お任せください。

 

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2018年02月16日18:08:08) |記事URL

2018.02.09

37年ぶりの大豪雪

福井県では1981年の「56豪雪」以来の大雪で積雪が何と
136センチに達しました。
この積雪は平年の6.4倍とのこと

高速道路である北陸動車道が通行止めになり、一般道路の
国道8号線に車が集中したところに加え、除雪作業のため
6キロの区間で通行止めを行ったところ2月6日の午後には
約1500台の車が立ち往生となりました。

福井県は自衛隊に災害派遣を要請し除雪作業を進めていきました。
この立ち往生が解消し始めたのは7日以降となり、ひどい人は
まるまる2日間ほど車に閉じ込められていたということです。

車はもちろんの事、鉄道、空路全て麻痺しました。
また閉じ込められた車の中で一酸化炭素中毒のよって命を
落とされた方もいらっしゃいました。
この大雪で新潟、富山、石川、福井の4件で約20名の
死傷者が出ました。


天気予報で大雪になるという事は事前に分かっていましたが、
想像を超えた天災が発生したということです。

改めて自然の恐ろしさが身にしみてわかりました。


このような重大な災害は起きる前提で、災害にあったときに
どのようにして被害を最小限に食い止めるかをもっと
マネージメントしなければなりません。

セキュリティハウスは総合防犯設備士数No.1
あらゆるリスクを想定し、被害を最小限に食い止めるのが
総合防犯設備士の仕事です。


一見無関係にも思えますが、犯罪に合うというのも一種の災害です。


有事に際にどうするのかも踏まえたうえでアドバイスをするのも
我々の仕事です。


御相談はお気軽に  

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2018年02月09日17:19:19) |記事URL

2018.02.06

火災のニュース

1月31日深夜に札幌の自立支援施設で火災が発生し、
11名の尊い命が失われました。


 
この建物は生活保護を受給されている高齢者を支援
する施設で、建物自体は地区50年を超え老朽化して
いたとのことです。
 

法令的にもスプリンクラー等の消火設備の義務は
ありませんでした。
スプリンクラーの設置には多額の費用がかかり、設置
する事が出来なかったということです。
せめて市販の火災報知機などが付いてれば火災に
いち早く気付き、助かった命もあったと思います。
ホームセンターや家電量販店でも数千円で売って
います。
 

また、異常発生を全館に報知するための非常ベルが
あればなおのこと逃げることもできたと思います。

 

重大な事故は様々な事柄が複雑に絡み合って
おきるものです。
もし一つ一つの事象が少しでも違っていたら・・・

 

重大な事故は防ぐ事ができるといった従来型の考え方
ではなく、重大な事故は必ず起きるといった前提で
事故が起きたときにいかに被害を減らすか、といった
危機管理が必須です。同様の施設が全国では数千件
あるといわれています。

 

今回の事故を教訓に、一人でも被害者を出さない
取組が望まれます。

 

セキュリティハウスは日本で最大、最強の防犯・防災・防御
の専門企業の集団です。
私たちに出来ることはたくさんあるはずです。

 

是非ホームページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2018年02月06日13:19:19) |記事URL

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから