2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

福祉介護ヘルスケアサイトメニュー


介護福祉ブログ

2018.02.06

火災のニュース

1月31日深夜に札幌の自立支援施設で火災が発生し、
11名の尊い命が失われました。


 
この建物は生活保護を受給されている高齢者を支援
する施設で、建物自体は地区50年を超え老朽化して
いたとのことです。
 

法令的にもスプリンクラー等の消火設備の義務は
ありませんでした。
スプリンクラーの設置には多額の費用がかかり、設置
する事が出来なかったということです。
せめて市販の火災報知機などが付いてれば火災に
いち早く気付き、助かった命もあったと思います。
ホームセンターや家電量販店でも数千円で売って
います。
 

また、異常発生を全館に報知するための非常ベルが
あればなおのこと逃げることもできたと思います。

 

重大な事故は様々な事柄が複雑に絡み合って
おきるものです。
もし一つ一つの事象が少しでも違っていたら・・・

 

重大な事故は防ぐ事ができるといった従来型の考え方
ではなく、重大な事故は必ず起きるといった前提で
事故が起きたときにいかに被害を減らすか、といった
危機管理が必須です。同様の施設が全国では数千件
あるといわれています。

 

今回の事故を教訓に、一人でも被害者を出さない
取組が望まれます。

 

セキュリティハウスは日本で最大、最強の防犯・防災・防御
の専門企業の集団です。
私たちに出来ることはたくさんあるはずです。

 

是非ホームページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

投稿者:スタッフ(2018年02月06日13:19:19) 

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから