2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

福祉介護ヘルスケアサイトメニュー


介護福祉ブログ

2018.02.09

37年ぶりの大豪雪

福井県では1981年の「56豪雪」以来の大雪で積雪が何と
136センチに達しました。
この積雪は平年の6.4倍とのこと

高速道路である北陸動車道が通行止めになり、一般道路の
国道8号線に車が集中したところに加え、除雪作業のため
6キロの区間で通行止めを行ったところ2月6日の午後には
約1500台の車が立ち往生となりました。

福井県は自衛隊に災害派遣を要請し除雪作業を進めていきました。
この立ち往生が解消し始めたのは7日以降となり、ひどい人は
まるまる2日間ほど車に閉じ込められていたということです。

車はもちろんの事、鉄道、空路全て麻痺しました。
また閉じ込められた車の中で一酸化炭素中毒のよって命を
落とされた方もいらっしゃいました。
この大雪で新潟、富山、石川、福井の4件で約20名の
死傷者が出ました。


天気予報で大雪になるという事は事前に分かっていましたが、
想像を超えた天災が発生したということです。

改めて自然の恐ろしさが身にしみてわかりました。


このような重大な災害は起きる前提で、災害にあったときに
どのようにして被害を最小限に食い止めるかをもっと
マネージメントしなければなりません。

セキュリティハウスは総合防犯設備士数No.1
あらゆるリスクを想定し、被害を最小限に食い止めるのが
総合防犯設備士の仕事です。


一見無関係にも思えますが、犯罪に合うというのも一種の災害です。


有事に際にどうするのかも踏まえたうえでアドバイスをするのも
我々の仕事です。


御相談はお気軽に  

投稿者:スタッフ(2018年02月09日17:19:19) 

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから