2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

福祉介護ヘルスケアサイトメニュー


介護福祉ブログ

ハッピー ハロウィン

10月31日はハロウィンですね。最近でこそ、

日本でも御馴染にってきましたが、もともとは

アイルランド地方から始まったものです。

10月の最後の日がケルトでは最後の日

となり、収穫祭に当たります。

また、この日に死者の霊が家族のもとを訪れる

ということで、日本で言うお盆のような行事にも

なります。


そのときに悪霊や魔女も現れるので、悪い

ものを追い払うために怖い仮装をして町を歩くと

いう慣習になりした。

他のヨーロッパの国々ではあまり習慣が有りません。

キリスト教の国では考え方が違うということです。

この慣習がアメリカに渡ると更に宗教的な意味も

なくなり、パーティ色がくなり、子供たちの

イベントとして広まったようです。

昨今の日本での盛り上がりも、最初の意味合いが

ほとんどなくなってきました。

 

怪しい仮装をして、様々なパーティに参加をする日

として定着してきました。

話は変わりますが、犯罪に巻き込まれない為に、

怪しい人についていかない様にとよく言われます。

 

怪しい人かどうかの判断って実は難しいんですよね。

顔や名札に「不審者」って書いてあれば解り易いの

ですが(笑)

犯罪者というのは生まれながらにして犯罪者ではない

んですよね。

最近の研究では犯罪者の心理を読み解くという観点

から犯罪を起こすのは人」ではなく、「環境」である

といった考え方が主流になりつつあります。

犯罪が起こる要因としては次の3つの条件が同一時間、

同一空間に揃うことになります。

 

  犯罪を企てる者(犯罪企図者)

  犯罪対象物(取られるもの、壊されるもの)

  抑止力のある監視者の不在。

 

犯罪を防ぐにはこの3つが揃わなければよいのです。

犯罪者の気持ちになって、何がいやなのかを考える

ことが一番の防犯対策となります。

特に最近の犯罪は金品の盗難だけが目的ではなく

なってきています。

安心して暮らしていくために安全が必要です。

 

安心の暮らしのパートナーセキュリティハウスでは、

「安全のある安心は最もかいてきである」 

「安全の無い安心は最も危険である」をモットーに

御客様に寄り添うサービスを展開しています。

お気軽にお問い合わせください。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2017年10月31日11:11:11) |記事URL

外来危険生物の対策

今年、海外から輸送されたコンテナにヒアリが潜んでいたとのニュースが有りました。
ヒアリは非常に獰猛で、攻撃的と言われ、かまれると強い痛みを引き起こし、
最悪の場合は死に至る可能性もあるということです。ヒアリの持つ毒は蜂の毒に
よく似た成分を持っており、蜂に刺されたことのある人であれば
アナフィラキシーショック(急性アレルギー反応)を引き起こす可能性もあり、
アメリカでは年間800万にが刺される被害に遭い、内100名の方が無くなっているそうです。
(これは根拠のない噂だそうです。)


ヒアリの原産国は南米やアマゾンと言われ、その地域にはヒアリを脅かす他の生物が
生息しているために大きく個体数を増やすことはないといわれています。

アメリカではヒアリの天敵がおらず、爆発的に繁殖し、様々な被害をもたらしているそうです。


もし日本で繁殖したなら...


日本も同様に天敵となりえる生物が存在せず、爆発的に個体数を増やす恐れがあるようです。


まだ繁殖につながるような女王アリや大きな巣が発見されていませんがしばらくは警戒が必要です。


8月の17日には埼玉県の工業団地内でヒアリの女王アリと思われる死骸を発見しました。
海外から輸送されたコンテナは首都圏等を移動したとして他にも拡散された可能性は否めません。
発見した時には素手で触らず、関係各所へ早急に連絡をしてください。


もし刺されたら20~30分は安静にし、病院にかかってください。


刺される前に怪しい蟻を発見したら近づかないことが被害に遭わないポイントです。
(当たり前ですが)


防犯も犯罪に合う前に予防が大事です。
蟻の対策は害虫駆除業者に。


防犯対策はセキュリティハウスに!
被害に遭う前に狙われない対策を!

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2017年08月18日17:46:46) |記事URL

施設での異物混入事件

千葉県で勤務先の老人ホームの同僚らに睡眠導入剤を混ぜたお茶を飲ませ、
交通事故を起こさせて殺害しようとしたとして、准看護師が逮捕されました。


容疑者の人柄や仕事ぶりを知る周囲の人は、被害を受けた職員でさえも
「(逮捕は)まさかという感じ。」と話しているようです。


入所者と職員の安全確保もさることながら、
警察の捜査が施設に入った場合には、入所者が不安を抱く事にもなるでしょう。


相模原障害者施設での事件もそうですが、
常軌を逸した行動には間違いないのですが、
心の闇に気付けない社会体制にも一因があるのではないかと思います。


日本は先進国といえど、欧米に比べると個人の精神衛生面のサポートに関しては
まだまだ発展途上と言えると思います。


社会において、「弱者」という言葉を耳にしますが、
自身が大変な身の上にあるという理由で、周囲を妬み、
ましてや殺害に及ぶなどという事は断じて許されません。


他人に優しくなれるには、余裕がないと難しいかもしれませんが、
一個人がお互いに思いやれる社会である事を願ってやみません。

詳細ページへ»

投稿者:Melody(2017年08月02日14:30:30) |記事URL

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから