会社概要

私達はこんな組織です

セキュリティハウス・センターは、防犯・防災・防御などセキュリティ機器とその応用機器では世界屈指のトップメーカーである竹中エンジニアリング株式会社(本社・京都市)の販売会社です。

老人保健施設のご要望にお応えするために、昭和62年業界に先駆けてセンサー技術を応用して徘徊検知システムを開発、それ以降多くの施設や病院に納入してきました。

又、カメラや人の動きを検知するセンサーなどを駆使して、介護者の負担を軽減するシステム、ご老人にとって安全で快適な生活をお手伝いするシステム、離れて暮らす家族が安心できるシステムを数多くご提案しています。

同時に、「タケックス」商品を主力商品として取り扱う日本で最大、最強の防犯・防災・防御システム専門企業の全国ネットワーク「セキュリティハウス・ネットワーク」を有しており、全国どこででもハイレベルな施工・保守メンテナンスを実施することができます。

北海道から沖縄まで全国に防犯設備士を有し、各地域においてきめ細かな防犯診断・アドバイスから各種介護福祉ヘルスケアシステム・セキュリティシステム(防犯・防災・防御システム)の設計・施工・メンテナンスまで一貫責任体制にて実施しています。

竹中クループセンター

竹中エンジニアリング株式会社---高品質商品を支える技術力

1987年 「科学技術庁長官賞」 受賞
1990年 竹中新策センサーテクノロジーの研究開発の功績者として「黄綬褒章」受賞
2002年 日本発明振興協会より発明大賞 受賞
2004年 社団法人発明協会より発明奨励賞 受賞
会社名 株式会社セキュリティハウス・センター
代表取締役社長 野間 隆司
住所 〒607-8345
京都市山科区西野離宮町16-1
外観
資本金 4,500万円
設立 昭和57年6月
ホームページ http://www.securityhouse.net/
電話番号 (075)584-6600
FAX番号 (075)584-6601
取引銀行
  • 京都銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
主要業務 日本で最初のセキュリティシステム専門店を「セキュリティハウス」という 統一ブランドにより、北海道から沖縄まで全国的に組織化し、各地域に密着したセキュリティハウスチェーン展開を推進すると共に、その本部機能としての機器 仕入、機器開発、システム開発、宣伝・広告、広報・販促キャンペーン、教育活動等を行う。
業務提携
  • 東京海上日動火災保険株式会社
  • 三井住友海上火災保険株式会社
著名納入先
  • 全国神社仏閣(侵入警戒・カメラ監視システム他)
  • 全国老人保健施設・特別養護老人ホーム(出入管理・カメラ監視他)
  • 全国都道府県庁舎(侵入警戒・出入管理・カメラ監視)
  • 全国大学図書館(図書24時間自動貸出・出入管理・自動照明)
  • 美術館・博物館(侵入警戒)
  • 警視庁・警察庁(画像管理・画像伝送・侵入警戒・出入管理他)
守るプロ集団

セキュリティハウスは、サッカー日本代表のゴールキーパー・Jリーグジュビロ磐田所属の川口選手を企業キャラクターに決定。
「日本の守護神」と防犯のプロ集団とが提携。

日本最大の防犯・防御のプロ集団であるセキュリティハウス・ネットワークは、サッカー日本代表のGK・Jリーガージュビロ磐田所属の川口能活選手を企業キャラクターに決定。
「自ら前に出ることで、相手にプレッシャーをかけ、シュートを防ぐ」川口選手の的確な判断と姿勢が、セキュリティハウスの「抑止(予防)」を最重視した自主機械警備システムの考え方や企業理念と一致。
「攻撃(せめ)る守備(まもり)。」は、そんな考え方が基本になっています。

安心の全国ネットワーク

セキュリティハウス加盟企業は、セキュリティを専門とした防犯のプロ集団。現在多くの企業がネットワークに参加しています。

各社は電気通信工事など福祉介護ヘルスケアシステムやセキュリティシステムの設計・施工・保守メンテナンスの技術を有しています。

福祉介護ヘルスケアシステム・セキュリティシステム専門企業として全国に130社以上のネットワークを持つのはセキュリティハウスだけです。今後も全国規模のネットワークは広がりをみせています。安心してお任せください。

▲ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから