生活安心(独居老人サポート)

生活安心システム

ご老人がシルバーマンションなどの個室で、安心で快適に生活していただくためのシステムです。
センサーが設定した時間(例:8時間)、人の動きを検知しなければお知らせします。
つねにご老人の様子をうかがえない介護者やマンションの管理者などの代わりにセンサーがご老人の生活を見守ります。

生活安心報知器

人の動きがないとお知らせする

  • 設定した時間(例:8時間)、人の動きがない場合に異常を判断してお知らせします。
  • 日常生活でよく使う場所にセンサーを設置してください。
  • 在室確認やカードボルダースイッチで動作をスタートします。
独居老人向け映像確認システム

携帯電波映像通報システムコントローラで映像確認
見える生活安心検知システム

  • 離れた場所に暮らす一人暮らしのご老人の様子を家族が携帯で見守るシステムです。
  • 家族はいつでも気になる時に動画映像で確認できるので安心です。
  • 又、押しボタンが押された時など異常発生時には、家族の携帯電話に自動通報します。
  • 『携帯電波映像通報システムコントローラ』は監視カメラ等の映像をテレビ電話対応のFOMA携帯電話へ送る為の装置です。
  • カメラは4台まで接続可能で、携帯電話からカメラの切替や警報音、威嚇音声の制御も可能です。
トイレ利用お知らせシステム

もしもの時に!利用時間が長ければお知らせします
距離を測定するセンサーで床面変化による誤作動がありません

  • あらかじめ生活安心報知機で設定した時間に利用されるとランプかブザーで事前にお知らせします。
  • ここでトイレから出られるかリセットスイッチを押さない場合家族や管理人室にお知らせします。

ヘルスケア用機器の電波強度について

微弱電波とは
電波到達距離は見通し約8m(12m)。35.8MHzの周波数を使用
微弱電波商品 アクセスコールシリーズ
小電力電波とは
電波到達距離は見通し100m。426MHzの周波数を使用。
小電力電波商品 ワイヤレス(小電力シリーズ)

(社)電波産業会発行「携帯電話端末等の使用に関する調査報告書」による、携帯電話およびPHSの送信出力数値を当社使用の電波を比較しております。電波強度を認識いただき、医療器具や人体に及ぼす影響についてご判断ください。

機種 微弱電波採用機器 小電力採用機器 PHS 携帯電話
送信出力 0.005mW 10mW 80mW 800mW
比較(*) 1/160,000 1/80 1/10 1

▲ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから