徘徊感知機器

徘徊感知機器とは、痴呆性高齢者が自宅や自室などから一人で外へ出ようとすることを家族や介護者に知らせる福祉用具です。小型の機器を携帯する携帯装置タイプと、特定の場所を人が通過することを感知するエリア感知タイプがあります。介護保険制度における福祉用具の貸与種目とされています

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから