2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

福祉介護ヘルスケアサイトメニュー


介護福祉ブログ

2019.04.23

ノートルダム大聖堂炎上.....

フランス・パリで15日夕方(日本時間16日未明)
に発生したノートルダム大聖堂の大規模火災。
石造りの建物ですが、屋根は木製だったそうです。
ちょうど補修工事中だったことと、発見が早かったため
貴重な宝物などは運び出され難を逃れましが、尖塔は
完全に消失してしまいました。
完全に修復されるまでに、10年、それ以上にかかる
とも言われています。
現在世界中から寄付が、約1250億円集まっています。
歴史ある文化遺産を修復するにはもちろんお金も必要
ですが、それ以上に職人の技が必要になってきます。
AIやロボットも活躍することでしょう。
いくら最新技術が発達していても、完全に修復
するのは大変困難です。
火災は全てを無にしてしまいます。
今回の災害で人命を失うことは無かったのが救いですが、
このような事態を引き起こした原因を究明すると共に
2度と悲しい事件を起こさないように対策を講じることも
大切なことです。
 


火災も初期段階で検出できれば被害を未然に食い止める
ことも十分可能です。
この事件を受け、日本でも重要文化財に対する火災対策
の見直しが強化されています。
特に京都は古くからの文化遺産も多数あり、未来に遺して
いかなければなりません。
 


初期段階の検知には火災ではなく、炎センサーが最適です。
TAKEXの炎センサーはライターのわずか7cmの火を
10m先から検知することができる超高感度センサーです。
用途に合わせ、屋内用、屋外用さまざま取り揃えております。
また、インバウンド対策として5ヶ国語のメッセージを鳴動
させることも可能です。
メッセージ内容は「喫煙防止対策」「火気厳禁再策」の
2つを標準で装備しています。
 


被害に遭わないための対策のお手伝いはセキュリティハウスにお任せください!
安心の全国ネットワーク、防犯のプロ集団です。
ご相談はお気軽に!


炎は待てない.jpg

 


投稿者:スタッフ(2019年04月23日10:25:25) 

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから