2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

福祉介護ヘルスケアサイトメニュー


介護福祉ブログ

2019.05.31

無差別殺傷事件について

令和元年5月28日川崎市多摩区で朝の登校時間に
刃物を持った男がスクールバスを待っていた小学生
らにいきなり次々と切りかかり、19人が襲われ、
2人の大切な命が奪われてしまいました。
また、凶行に走った犯人は児童らを殺傷した直後、
自らも刃物で首を切りつけそのまま死亡しました。
 


犯人は51歳の無職で、ひきこもり気味であったと
ニュースなどで報じられています。
無差別で児童を対象とした殺傷事件は他にも発生して
居ますが、今回の事件の犯人の年齢は高齢であり、
また、犯行後に自殺するといったこともあまり
例がありません。犯人が死亡してしまったために、
動機などは究明することはできません。

 

したがって、このような事件が起こらないような対策
を講じるのは大変困難であり、現時点では人の目による
見回りを行なうほかありません。

もし動機が判明していれば、犯行に及ぶまでの過程で
防ぐすべがあるかも知れないです。

今回の凶行の一部始終がスクールバスや通行車両のドライブ
レコーダーに記録されていたとニュースに報じられています。

もしも街頭防犯カメラが更に台数が増え、画質が上がり、
画像処理ソフトの精度と人工知能が発達すれば、刃物を
もった、不審な動きをしている人物を事前に検知する
といったことも可能になるのではないでしょうか。
 

防犯環境設計という考え方では、犯罪を引き起こすのは
「人」ではなく、「環境」によるものだとされています。
犯罪は「犯罪企図者」「被害対象」「抑止力のある監視者の
不在」この3つが同一空間、同一時間に存在した場合に
起きるといわれています。
カメラが漏れなく監視をして、なおかつソフトで異常な
所作をリアルタイムに検知され、警察に通報されたと
すると、抑止力のあり監視者になりえると思います。
また、同時に心のケアをする施設が圧倒的に不足
している状況も大きな問題だと思います。
心に闇を抱えている人の数は、計り知れないので、
ストレスチェック、及びケアの機会をもっと増やす
ことが安全な町づくりにも繋がると思います。
 

セキュリティハウスネットワークでは抑止力を一番に
考えて犯罪が起こりにくい環境づくりに取り組んでいます。
ご相談はお気軽に。

投稿者:スタッフ(2019年05月31日18:20:20) 

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから