2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

福祉介護ヘルスケアサイトメニュー


介護福祉ブログ

2019.06.27

記録的に遅い梅雨入り

令和元年6月26日、九州北部、四国、中国、近畿で
梅雨入りしたと見られると、各気象台が発表しました。
一番早かったのは奄美で、5月14日頃でした。
各地方とも、観測史上最も遅い梅雨入りでした。
梅雨入りと同時に沖縄で発生した熱帯低気圧が台風に
かわり、西日本の太平洋側を中心に雷を伴った非常に
激しい雨が降ると予測されます。
この台風が過ぎると、沖縄、奄美は梅雨明けとなり、
夏がやってくるようです。
 


さまざまな科学技術の進歩により、天気予報の精度も
上がり、雨の降り出す時間や降雨量、範囲まで細かく
事前に分かるようになってきました。
スマートフォン用のアプリなどでも降雨量や場所を
視覚的に一目で確認できるようなものも出現しています。
 


梅雨というと、鬱陶しいというイメージがあり、雨が降り
日差しが無く、なんとなく気分が沈みがちになります。
日本ではこの6月の梅雨の時期にしっかりと雨が降り、
夏の日差しで稲などの農作物が元気に育ちます。
なので、梅雨時期の適度な雨は私たちの生活には欠かせない
大切な資源でもあるのです。
 


個人的には、子どものころは雨の日が嫌いでしたが、普段、
通り慣れている道も景色が変わって見え、傘を差しながら
ゆっくり歩くのも悪くないと感じるようになりました。
 


毎年この時期に全国で集中豪雨の災害により甚大な被害が
報告されます。恵みの雨も、一時に集中して猛烈に降ると
農作物の生育に悪影響を及ぼしたり、土砂崩れや河川の
氾濫など日常生活が出来なくなる、ひどい場合には大切な
人命をさらっていく場合も有ります。
 


技術の進歩が進んでも、天災をなくすことはきわめて
困難であるといえます。
でも天気予報の精度があがったので、事前に避難するなど
の対策は取れるようになってきました。
大切なのは、「天災は必ず起きる」という考え方で、いかに
対応するかを普段からしっかりと準備することです。
危機管理という言い方をする場合も有ります。
現在の住んでいる地域で豪雨災害があった際に避難場所は
どこにあるのか?川や池など氾濫すると思われる場所は
どこなのか?災害が起こる前提で普段から考えることが
必要です。防犯対策も同じ事が言えます。
犯罪被害が全くなくなることは難しいですが、もし犯罪が
発生した場合に、どのようにして逃げるのか、身を守るのか
を普段から考え、準備をする必要があります。
 


まずは犯罪が起こりにくい環境を創る。それでも犯罪被害に
遭ってしまったらどうするのか?
安全な生活のために、防犯という考え方を提供するのが
我々セキュリティハウスネットワークの使命です。
 


さまざまな被害を想定してアドバイス致します。
狙わせない、諦めさせる超防犯で安全な安心をご提供致します。
是非お気軽にご相談ください。

投稿者:スタッフ(2019年06月27日13:45:45) 

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから