2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

福祉介護ヘルスケアサイトメニュー


介護福祉ブログ

2019.07.26

事件を思い出す

今日7月26日は神奈川県相模原市の知的障がい者施設
「津久井やまゆり園」で入所者、職員を襲い、19名の
尊い命を奪い、26名に重軽傷を負わせるという
事件がありました。
2016年の事です。
今日で丸々3年が経過しました。事件当初は戦後最悪の
大量殺人事件と報道されていました。
改めて事件の詳細を紐解いてみると犯人の異常さが
浮き彫りになると同時に、現在の我が国の深い闇を
感じました。一部テレビや新聞で最近も報道されていますが、
犯人は一貫して犯行の正当性を主張しています。
自分の犯した凶行を世の中のためになったといっています。
思い込みと、ほかの人の話に耳を傾けなくなると、
このような状態になると思います。
常日頃、障がいはその人の個性だと思っています。
他人の個性は認めるように心がけているのですが、
時と場合によって、少しイライラしてしまうことも
あります。
また、そのような心理状態では他人の話が入ってこないことが
あります。
その時に苦言を呈されると、心には反発しか浮かんできません。
しかし、そういう時こそ人の話をきちんと聞き、自らを反省して、
考えを改めなければなりません。
感情をコントロールすることはむつかしいことですが、
自らを知ることで、感情も操ることもできるようになります。

 


京都で、アニメーション制作会社に放火され、30名以上の
尊い命が奪われました。事件からちょうど1週間が経過し、
徐々に詳細が明らかになってきました。
このような凄惨な事件が起こる度に、防犯に携わる立場として
いろいろ考えさせられます。
「重大な事故は起きるもの」として事故を想定する
危機管理という考え方がある、と常々伝えています。
最近の気象と同様で、異常なことが正常だと考えられる
ようになってきました。
時間が経過すると記憶が風化し、忘れ去られてしまいます。
危機管理を行う時には事件を振り返って、様々なリスクを再度よく
考える必要があります。
もちろん気分の良いものではありませんが、犯罪が起きないように
するには、犯罪が起こりにくい環境を整備することが第1です。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2019年07月26日18:13:13) |記事URL

2019.07.19

保険の契約

先日、かんぽ生命保険の契約について外的にみて
不適切な契約が見つかったと社内調査の結果を
発表しました。内容は様々で、2重に保険料を
徴収したり、一時期お客様を無保険状態にする、
保険の乗り換えなどで返戻金が少なくなる等
新規の契約を取るためにお客様にデメリットの
ある行為を行ったといいます。
このため、すべての契約者2,900万件の方に、
契約内容が希望に合っているのかなど意向を
確認することをかんぽ生命保険が発表しました。
特に一人暮らしの高齢者が対象になることが多かった
とも言われています。
世の中に保険の商品の種類は大きく分けて2つ、
生命保険と損害保険があります。
今回の問題が発生したのは生命保険で、またこの
生命保険もいくつかの種類に分類されます。
生命保険は最も大きな買い物の一つで、家に次いで
大きな支出といわれています。
契約者はできる限り少ない支出で大きな補償を受けたい
と思っています。販売者側としては利益を追求する
のが役割なので、できるだけ儲けたいと思います。
どんな商品を購入するときにも売り手側と買い手側の
お互いの立場があり、お互いが納得したときにはじめて
商談が成立するものです。


買い手側は売り物に対して自分の価値観で対価を
支払うものです。なので、人によって価値観が
大きく違うので売り物の値段も変わってきます。
ただし、似たような売り物が沢山存在している
場合は市場価格というものがあり、競争の原理に
よって、安くなる場合もあります。
生命保険は似たような商品が様々な会社から
販売されており、市場価格もあると思います。
買い手はしっかり勉強をして損をしないように
購入しなければなりません。
できれば複数の商品を比較し自分に合ったものを
選択することが一番だと思います。

このニュースを見て思ったのは、高齢者の方が
対象になったことが悲しくもあり、憤りを感じる
部分でもあります。


高齢者の方は地域で見守ることが大切です。
コミュニティがしっかりしていれば、お互いに
相談する事もできたと思います。


安心して暮らしていける安全な環境を創造する
事が私共セキュリティハウスの役割です。

被害にあう前に予防を重視したセキュリティ
を提案いたします。

困ったことがあればお気軽にご相談ください。
安心な暮らしのパートナーセキュリティハウスです。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2019年07月19日17:03:03) |記事URL

2019.07.19

怒りっぽい人が多い?

先日、人間ドックを受診しました。


キレる老人が増えてきたという記事を目にすることがありますが、キレる中高年を目撃しました。

色々な検査があり、それぞれ順番を待って受診していきます。


その順番待ちの時間が長いと怒り出す男性がいました。

もう30分も待たされている、私は早く帰りたいのだ、と大声で看護士さんに怒鳴っていました。


多くの人が見ている中でのことでしたが、病院という場所で怒鳴っている男性に違和感を覚えました。


看護士さんの説明では、人間ドックは3時間の時間を頂戴していますので、しばらくお待ちくださいというものでした。

これを聞いたときに、私も3時間という具体的な時間は知らなかったので、そうなのかと思いました。


最初の案内時に、所要時間は約3時間で、混み合う場合があります、という具体的な時間まで知らせておけばよかったのかもしれません。
(私も怒ったことはありませんが、正直待たされるのが長いなあと感じたことは多々あります)


その後は、都度、あと〇人お待ちですので、もうしばらくお待ちください、と常にその人に気を遣っていました。


公衆の面前でそのような個人のわがままを主張することは恥だというのが日本人としての美徳のようなものだと思っていましたが、
最近は恥よりも実利を求めるというか、自分の主張を述べるべきという考え広まっているのかもしれません。


我慢する機会が減り、我慢に耐え切れずにすぐに怒る人が増えてきたように思います。


私の会社でも年齢が高い人ほど年々怒りっぽくなってきているような気がします・・・。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2019年07月19日14:50:50) |記事URL

2019.07.12

虐待について

虐待にはさまざまな形がありますが、言葉の意味を
調べると「保護下にあるものをしいたげること」
と有ります。児童虐待や、高齢者虐待、動物虐待など
新聞やテレビなどのメディアでも聞かない日は無いほど
世の中に蔓延しています。本来守らなければならない存在を
なぜ虐げるのか?
言うことを聞かなく「むしゃくしゃした」などが理由に挙げられます。
身勝手といってしまえばそれまでですが、本当に虐待を防ぐには
原因を取り除くことが一番大事なことだと思います。
むしゃくしゃするというのはストレスがかかり、そのストレスを
発散するために起きる感情です。
ストレスの解消方法については人それぞれに異なり、さまざまな
方法が存在します。
思いっきり体を動かしたり、大声で歌ったりなどは場所さえ
間違わなければ非常に効果的です。
人によってはお酒を飲む、おいしいものを食べるなどといった
行動に出る場合も有ります。適度であれば問題ないですが、
量をとりすぎると体を壊したりといった弊害も出てきます。
また、最近では「怒り」の感情をコントロールするといった
「アンガーマネージメント」という考え方も一般的になりつつ
有ります。

虐待の反意語を調べてみると、愛護という言葉が出てきます。
意味は「かわいがりまもること」と有ります。
児童愛護、高齢者愛護、動物愛護のニュースがメディアにあふれると
ギスギスせずに優しい気持ちになれると思います。
「喜怒哀楽」は人間の持つ基本的な感情ですが、愛護は別の階層
になると思います。感情ではなく、思想というものになります。
先天的に生まれ持ったものではなく、成長過程において身に着ける
ものなので、そのときに身に付かなかったり、またゆがんで身に付いた
りすることによって、事件を起こしてしまいます。


令和になって特殊詐欺が一段と増えました。
金融機関を語り、「新元号になると今まで使用していたキャッシュカードが
使えなくなります」、といった語り口でキャッシュカードを略取し、暗証番号も
聞き出して預金を横領する手口です。言葉巧みに大切なものを奪ってしまいます。
誰しも「自分は騙されない」と思っています。人間は弱い部分を必ず持っています。
その弱い部分をつついて財産を巻き上げる、この行為も虐待といえるでしょう。
特にご高齢の方が被害に遭うケースが年々増加しています。
組織ぐるみで大勢の人が被害にあっています。
分かっていても、詐欺師は人を欺くのが本職なので、太刀打ちできません。


防ぐためにはやはり人の力が必要になります。地域コミュニティを
もっと充実させ、誰しもが安心して生活できる環境を作っていきましょう。
いくら技術が進歩しても、「整理整頓」「挨拶」が犯罪を防ぐのはもっとも
有効な手立てです。まずは身近なところからはじめましょう!

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2019年07月12日16:00:00) |記事URL

2019.07.05

引きこもりは犯罪者予備軍? 

川崎市で児童ら20人が殺傷された事件で、直後に自ら命を絶った容疑者が長年にわたり「引きこもり状態」だった事がわかってきた。しかし、事件と引きこもりとを過剰に結びつけ、"犯罪者予備軍"であるかのような印象を植え付ける報道には懸念の声が上がっている。


そんな中、当事者らの支援を行っている一般社団法人「ひきこもりUX会議」では5月31日に声明文を発表。そうした報道が偏見の助長し、無関係の当事者や家族を傷つける懸念があると訴えた。

声明について、AbemaTV『AbemaPrime』に出演した代表理事は「川崎市の記者会見の直後から"引きこもりだった"という点が非常に大きく報道されているため、ここ2、3日で知人の支援者のところにも"世間からそういうふうな目で見られるのではないか"と不安を訴える電話がかかってきている。これまでも様々な誤解や偏見が流布されてきたし、ただでさえ隠しておきたい、なかなか相談にも行けない、というケースも多いので、引きこもりであることと犯罪は決してイコールではないということを伝えようと声明を発表した。私がいつも不思議に思うのは、"椎間板ヘルニアで通院していた。大腸ポリープで入院の経歴があった"ということは言わず、引きこもりや精神疾患ばかりが結びつけられて報道されるのか。差別的だと感じてしまう。引きこもりであったという点ではなく、孤立した状況にあったという点から見て考えてほしい」と説明する。


<6/3(月) 9:01配信 AbemaTIMESより一部抜粋>

引きこもりの人が書いているブログを時々見ています。

あるテーマで検索したらその人のブログに行き着き、その後見るようになりました。


その人はうつになり、その後引きこもりになったようですが、現在とても苦しんでいるように見えます。

ブログには自分自身の将来への不安や、親、家族、社会などへの不平不満が多く書かれています。

死にたいなどの発言も多く、無差別殺傷事件などが起こると、その犯人の心情が少し理解できると書かれていることがあります。


ただ、引きこもりで働いていないから楽をしているとか、なまけているという印象はありません。


現在の状態に満足しておらず、何とかして変えたいと思っているがどうにもならないという状態のように思えます。


私の友人に、引きこもりかどうか分かりませんが、現在働いていない人がいます。

友人同士の集まりに誘えば顔を出すことがありますし、その時はいつも元気そうで、発言はとても常識的です。

以前はきちんと働いていたのですが、会社側の都合により退職し、その後色々なところで勤めましたが、同じところで長続きしなかったようです。(詳しいことは聞いてはいけないような気がして聞けていません)

引きこもりの人は様々な理由により、現在その状態になっています。

病気が始まりの人がいれば、人間関係の人もいますし、単に仕事を辞めて次の仕事が見つからずにその状態になった人もいるでしょう。

人くくりにすることはおかしいですし、意味のないことです。

彼らの中には働きたいけど働けないという人もいるはずです。

彼らが働くことが出来る環境をどうしたら与えられるかを考えるべきではないでしょうか。


例えば家の中にいたままで働くことが出来る仕事を提供する、紹介する。

外出はしなくても、インターネットで色々なことは調べており、パソコン操作が出来る人が多いと思います。

パソコン操作ができれば色々な仕事があると思います。

高齢化社会と少子化による労働力減少が今後の日本における重大な課題ですが、引きこもりの人を貴重は労働力として活用しないことは非常にもったいないと思います。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2019年07月05日17:00:00) |記事URL

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから