2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

福祉介護ヘルスケアサイトメニュー


介護福祉ブログ

2019.09.27

万引きを行う動機の変化

スーパーで万引をしたとして、兵庫県警川西署は16日、窃盗の疑いで、兵庫県川西市に住む無職の女(81)を現行犯逮捕した。

同署によると、女は逮捕された当時、現金約120万円を持っていたが、「お金を払うのがもったいなかった」と話しているという。


逮捕容疑は同日午前11時45分ごろ、川西市下加茂2のスーパーで、ごま昆布1点(178円)を盗んだ疑い。

同署によると、女は店内で商品を手提げかばんに入れたところを女性従業員(59)に声をかけられた。

かばんの中からは、ごま昆布のほか、商品のすしやマグロの刺身、豆腐、納豆など、未精算の食料品約3千円相当が見つかったという。


<7/16(火) 18:29配信 神戸新聞NEXTより>


お金を払うのがもったいないという動機による万引きが多くなってきたように思います。

万引きといえば、生活に貧窮してやむを得ず行う犯罪というイメージが強かったように思いますが、最近は動機も様々です。


窃盗症という病気として取り上げられることもあれば、今回のように単にお金を払いたくなかったという動機もあります。

逮捕当時、現金120万円を持っていたということですから、ある種の病気なのかもしれません。


他にも家族の関心を引きたい、社会とのつながりを感じたい、生活できないから刑務所に戻りたいなど、他の犯罪に比べると非常に動機が多様です。


一つの理由、一つの原因から起こる犯罪ではありませんから社会の問題点が集約しているとも言えます。

万引きが増える=単に泥棒が増えるという単純な問題ではなく、社会がある種の問題を抱えているということを現わしてるのかもしれません。


これらを解消することで、よりよい社会に変わるのではないでしょうか。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2019年09月27日14:03:03) |記事URL

2019.09.20

いつまでも元気で仕事します

総務省が9月16日の敬老の日にちなんで集計された
データを15日発表しました。人口推計によりますと、
65歳以上の高齢者は同日時点で前年より32万人多い
3588万人、総人口に占める割合は0・3ポイント
増の28.4%と、いずれも過去最高を更新しました。
平成30年に仕事に就いていた65歳以上の方は、
最多の862万人。就業者全体の12.9%で、
空前の人手不足を支える重要な戦力になっています。
世界的にみますと、65歳以上の割合は2位のイタリア
(23.0%)、3位のポルトガル(22.4%)を
引き離し、突出して高齢化が進んでいます。
国立社会保障・人口問題研究所の推計によりますと、
この割合は今後も上昇し、令和7年に30.0%、
22年には35.3%にまで達する見通しです。
 


これまで一般的だった60歳の定年退職年齢が廃止され、
定年を65歳にする企業も増えてきています。
なので、必然的に65歳以上の就業者もますます増える
見込みです。
健康寿命に関しては2016年に男性72.14歳
女性74.79歳であったのを、2040年までに
3年延長し、75歳とする目標を厚生労働省が打ち
出しています。
 


高齢者の定義も今後上がっていき、65歳は高齢者
ではないとの見方もされると思います。
 


伝統芸能の世界では現役の80歳90歳が沢山おられ、
50歳のルーキーなんてこともしばしばあります。
 


加齢に伴い、運動能力などは減衰していきますが、
逆に経験はますます積まれ、技能に至っては円熟、
なんて言葉もあります。「あじ」といわれるものですね。
その、「あじ」が重宝される場面もたくさん
あります。
 


いつまでも仕事をするには、やはり健康が必須
となります。カラダもココロも健康であれば、
働く原動力となります。そのためには、安全は
欠かせません。

 

セキュリティハウスの基本コンセプト
「安全のない安心は最も危険である。
安全のある安心は最も快適である」
皆様がいつまでも働ける健康な生活のお役に立ちたく
我々セキュリティハウスもいつまでも元気で
仕事をします。

 

防犯で困ったことはお気軽にお問合せ下さい。


詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2019年09月20日18:14:14) |記事URL

2019.09.13

ロボットができる介護

介護職の慢性的な人材不足というのが問題になってお
り、解決策として外国人の介護職員を受け入れると政
府からの発表もありました。また、介護職に従事する
人数は年々増加しています。
 


ただ、介護対象者の人数も年々増加しており、人手不
足の解決にはまだまだ道半ばです。今後は人間だけで
なく、ロボットの力が必要になってくるシーンが増え
てきます。
 

介護ロボットと一口で言っても様々な用途に分かれて
います。
移乗介助:ロボットの力を使ってベッドや車いすに移
動する。
排泄支援:排泄処理をロボットの技術を応用する。
入浴支援:浴槽に移動する際の動きを補助する。
移動支援:外出時や室内での移動時にロボット技術を
利用して
見守り支援:センサー技術を応用して、異常状態を外
部に知らせる
大きく分けて、5種類の支援をおこなうものです。
 

その他にも、AIの技術を利用して体調管理を行った
り、データを解析したり、もっと簡単なところであれ
ば、話し相手になるなども大事な仕事です。
 

人間でなければできないような事柄もまだまだ数多く
ありますが、技術の進歩によって、人が手掛けるより
も制度が高かったり、細部に至るものであれば、ロボ
ットに任せられることがどんどん増えていきます。
例えば、毎日の体温や血圧などをウエアラブル端末で
測定し、データベースに蓄積し、微妙な変化を検知し
て適切な処置をガイドするなどはロボットの得意とす
る分野です。
 

人間だと、好き嫌いや、そりが合う合わないで対応に
差が出たりすることもありますが、ロボットであれば
平等に、公平に対応することができます。
施設などで労働環境を改善するためにもロボットの力
が必要になってきます。
介護対象の人も話を聞いてもらうという事で気持ちが
安定したりするものです。心のケアにもロボットが一
躍を担う日ももうそこまで来ています。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2019年09月13日12:58:58) |記事URL

2019.09.06

実りの秋?盗難の秋?

沢山の熱中症を発症させた猛暑の8月が終わり、一気
に気温が下がりました。9月になるとこれからはまた
台風のシーズンに突入します。
その前に8月の末に発生した九州地区の記録的大雨に
よる災害では87万人に避難指示が出され、車ごと濁流に
のまれるなどして3名の方が命を落とされるなど、
甚大な被害が発生しました。復旧にはしばらく時間を
要すこととなりそうです。
 

これからの季節は海のもの、山のもの等々旬を迎える
ものが沢山あります。野菜、果物、海産物が、この時期
でないとないような味わいを見せてくれます。
 

今年は心配なニュースがいくつかあります。
 

まずは海産物。さんまが各地で記録的な不漁なのと魚
自体の大きさも成長が遅く、市場価格も高騰する様相
です。さんまといえば秋の味覚の代表で、しかも大量
に獲れるので家計にやさしいお値段でしたが、このま
まいくと高級魚となって、食卓に上りにくくなってしまいます。
 

野菜や果物も夏場の日照不足に加え、豪雨災害に合っ
てしまうと収穫量が大きく減少してしまいます。
本来山奥に住んでいるはずの熊や鹿が市街地まで下りて
きて畑に出没するなどのニュースも珍しくありません。
 

追い打ちをかけるように10月からは消費税も上がります。
種々様々家計を圧迫する要因が沢山あります。
 

農作物が高騰すると増えるのは盗難被害です。ブランド
農作物は高額で転売されることもあります。
山形のサクランボ、岡山の桃、宮崎のマンゴー、静岡の
メロン、石川のブドウ等々これからの時期に旬を迎える
果物が沢山あります。
 

海産物、農産物も大切な財産です。盗難被害にあわないため
には狙わせない環境づくりが最も重要です。
 

日本の四季の中でも最も過ごしやすい秋。
味覚の秋、食欲の秋、芸術の秋、実りの秋等々。
言葉の響きもとても綺麗です。
そんな秋が、盗難の秋にならないよう、盗難対策を積極的に行っていきましょう。


被害にあわないための対策は「セキュリティハウス」
防犯に対する困りごとがあれば、お気軽にご相談ください。

全国139店舗のセキュリティハウスネットワークが皆様の
安全を守るいお手伝いをいたします。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2019年09月06日16:21:21) |記事URL

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから