2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

福祉介護ヘルスケアサイトメニュー


介護福祉ブログ

2019.12.06

新語・流行語大賞が発表されました

今の世相を反映する新語・流行語大賞が発表されました。
年間大賞は「ONE TEAM」となりました。
今年はラグビーのワールドカップが日本で開催され、また
日本チームが予選で全勝のまま史上初の決勝トーナメント
までコマを進めました。決勝では惜しくも南アフリカに敗
れましたが、くしくも優勝決定戦ではその南アフリカが勝
利を収められました。
正直、今まではラグビーは一部のファンの間だけのスポー
ツであったのが、にわかではありますが、今年は多くのフ
ァンを獲得し、一番注目されたスポーツであったことは間
違いないでしょう。
 


その熱狂の源となった日本代表を率いるジェイミー・ジョ
セフヘッドコーチが掲げたテーマが「ONE TEAM」
でした。ジョセフはチームに必要な選手達を国籍問わず招
集し、31人の代表選手を選びました。
どんな強豪チームでたとえスター選手がいたとしても、選
手たちの思い、心が一つにならなければチームとして機能
しない。
7か国15人の海外選手を含む代表選手は主将である
リーチマイケル選手を中心に桜の戦士「ONE TEAM」と
して結束し、快進撃を続けました。
また、アイルランド、スコットランドといった強豪チーム
との試合の際にも、絶対に勝つんだ!という強い気持ちで
試合に挑み、試合終了後のインタビューでは、インタビュ
アーの「大金星ですね」という言葉を、「勝利したのは必然
です」と返答したことが大きな感動を生みました。
今まで体験した事の無い、厳しく苦しい練習を積んできて、
勝つために試合に挑む、日本中のだれもが勝てるはずない
と思っていても、選手たち全員は必ず勝利することを信じ
て疑わなかったことがこの結果につながりました。
 


根拠のない自信だけでは、決してこの結果は生まれていま
せん。今年は大雨や台風による甚大な被害が全国各地で発
生し、暗いニュースもありましたが、大賞に輝いたこの
「ONE TEAM」は日本中に大きな勇気をあたえてく
れたものとなりました。この先日本でのワールドカップを
見ることが出来るかどうかはわかりませんが、一生に一度の
いい経験が出来ました。

 

「ONE TEAM」はスポーツだけでなく、学校や会社、
また地域のコミュニティでも心を一つにして、みんなで
力を合わせて活動することにもつながります。 


私どもセキュリティハウスは、犯罪の起こりにくい環境を
作ることを目的に心を一つにして全国で活動しています。
 

セキュリティハウスも「ONE TEAM」で皆様の
安全環境と安心な暮らしに寄り添っていきます。
 

防犯で気になったら、お気軽にお問合せ下さい。

投稿者:スタッフ(2019年12月06日16:56:56) 

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから