2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

福祉介護ヘルスケアサイトメニュー


介護福祉ブログ

2020.05.28

高校野球が中止に

コロナ渦の影響を受け、今春に予定されていた第92回選抜大
会が史上初の中止となりました。
そして、この夏の高校野球も5月15日中止が決定しました。
今まで高校野球が中止となったのは過去を紐解いても2回の
み、選抜に至っては今年が初めてという事です。
過去の2回は、1918年の第4回大会と1941年の第27
大会。1918年は富山県に端を発した米騒動が全国に広がっ
た影響で中止。また、1941年は太平洋戦争の選挙甲が緊迫
したため中止となりました。ちなみに1942年から四年間は
太平洋戦争が激化したため、大会自体が行われませんでした。
 

 

ニュースでは、出場が決まっていた球児らが悔し涙を見せるな
どの映像も流れていました。
 

 
高校野球は甲子園を目指し、幼いころから苦しい練習に耐え、
高校野球の舞台で優勝するために野球一色の生活をしていた
人が多いと思います。
学校が休みでも練習はあるなど、まさに人生をかけて一生懸命
に練習していました。
その目標にしていた大会がなくなると、虚脱感や虚無感に襲わ
れるのは仕方がないと思います。
特に今年三年生で、出場選手に選ばれていた人たちはもう二度
と戻らない青春のシンボルをうしなったと思うのでしょう。

 

でも、無駄なことはこの世の中には無く、大人になった時に苦
しいこと、悲しいことが目の前に立ちはだかった時に厳しい練
習を乗り越えてきたという自信をもって困難にも負けない人
間になるのは間違えないです。

 

今は我慢のしどころです。


詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2020年05月28日16:05:05) |記事URL

2020.05.22

Webミーティングを実施して分かったこと

緊急事態宣言も徐々に解除され、5月21日には近畿地方3府
県もついに解除となりました。ビフォアーコロナにはすぐに戻
れる筈もなく、暫くは感染に気を付けながらの生活になります。


 
コロナの影響で要介護認定の申請が大幅に減っています。高齢
者の方は新型コロナウイルスに感染してしまうと、致死率が非
常に高く、危険であるため外出を控え、そのことによって本来
は介護を受けなければならない方々も申請をしていないケー
スがあります。

 

介護を受けなければ、さらに外出する機会も減り、フレイルを
引き起こす恐れが出てきます。
もちろん感染を予防することは大切ですが、過度な閉じこもり
は弊害も出てきて、加齢を加速させる場合もあります。
 


フレイルの進行を鈍化させるのに大事なポイントが4つあり
ます。
1.カラダを動かし活動量を増やす
2.バランスの取れた栄養を摂取
3.口腔ケアで嚥下機能の低下を防ぐ
4.社会性を保つこと
 


このうち社会とのつながりがなくなると、気力が低下し、フレ
イルが進行します。電話の会話でももちろん社会性は保てます
が、画面で相手の顔が見えるだけで多くの情報を取り入れるこ
とが出来ます。また、自分が相手から見えるので、身だしなみ
に気を遣う事も気力、やる気のアップにつながります。
また食事の時間に画面越しに一緒に話をしながら食事すると
コミュニケーションだけでなく、食べ物の味もよくなります。
3密を防ぎながら複数人数で会食が出来る、なんてことも簡単
にできてしまいます。ラインのテレビ電話機能やiPoneの
フェイスタイムであれば簡単にスタートすることもできます。

 

新型コロナ騒動でイライラしたり、ギスギスしたり、コロナ差
別に代表される誹謗中傷はすべて、STAY HOMEで色々
なことが制限されることによって引き起こされたストレスか
らくるものです。親しい友人と顔突合わせて会話を楽しむだけ
でストレスの解消になります。

 

アフターコロナもコミュニケーションツールとしてWebミ
ーティングを活用していきましょう。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2020年05月22日11:10:10) |記事URL

2020.05.08

楽しいゴールデンウイーク

今年も大型連休のゴールデンウイークが終わりました。
昨年は天皇交代の儀式や曜日の並びによって今までにない超
大型連休となったところも多かったと思います。4月27日か
ら5月6日までの10連休でした。天皇即位も前回と異なり生
前退位となり、お祝いムードだったことを懐かしく思い出しま
す。連休を利用しての旅行や観光、また日本は1年を通して一
番過ごしやすい季節も相まって、海や山などにレジャーやバー
ベキューに出掛けた方も多かったと思います。
海外からの観光客も多く、道路も混雑していました。
もちろん街中も多くの人で賑わって、経済効果も大きかったと
思います。思い起こせば、昨年は飲食にお金をかけた記憶もあ
ります。


しかし、今年のゴールデンウイークは新型コロナウイルスによ
る騒動の為、「STAY HOME」が世界的なテーマでした。
観光地はもちろん街中も海も山も道路もガラガラでした。
飲食店や娯楽施設、カラオケ、パチンコ、ライブハウスは営業
することもできませんでした。経済的な打撃は計り知れません。
緊急事態宣言の延長も決まり、さらに自粛を継続していかなけ
ればなりません。
親しい友人と会う事も、一緒に食事をすることももう少しの我
慢が必要です。

その中で、オンライン帰省やオンライン飲み会など新たな娯楽
の手法も生まれてきました。もちろん本来の帰省や飲み会とは
違いますが、この機会に実施するのも悪くないでしょう。
オンライン帰省は遠く離れていても、多くの移動時間をかけず
に家族や旧友と会うことが出来ます。
オンライン飲み会も、普段では会う事の出来ない遠方の知人・
友人との懇親を深めることが出来ます。


ほんの少しの工夫で我慢を楽しみに変えることが出来ます。
どこへも行けなかったゴールデンウイークではなく、家に居な
がらにして、楽しいつながりを持つゴールデンウイークと考え
るとなんだかワクワクしてきます。


通信技術の進歩から、今年は5Gが普及しさらに通信速度がア
ップし、鮮明な映像でのオンラインミーティングが楽しめそう
です。もしかするとVRとの組み合わせでより立体的になるか
もしれません。


不自由は新しいアイデアが生まれるきっかけになると思いま
す。
このコロナ騒動のおかげで一歩進んだ未来が早く我々のもと
にやってくるような気がします。


詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2020年05月08日15:13:13) |記事URL

2020.05.01

自分だけは大丈夫

新型コロナウイルスによる感染症の増加数が一時期よりも鈍
化してきている中で、いろいろな場所で「STAY HOME」
が叫ばれてきました。夜の繁華街に関しては、空いている店も
極端に減り、自粛ムードだけでなく、政府などから出てきてい
る休業要請を受けてのものです。
しかし、ここ最近は公園や河川敷などに人出が増えてきていま
す。そして、マスクをしていない人もちらほら見かけます。
密閉された室内でない事から、屋外は「大丈夫」という勝手な
解釈によるものです。
専門家からすると、屋内の場合は2m以上人との間隔を取るよ
うな指導がなされていますが、ジョギングや散歩の場合は、
5mの間隔を確保するようにとの指摘があります。
 


屋外で密閉されていないから大丈夫、人が少ないから大丈夫
そんなことを言ってて良いのでしょうか?
 


世界的に感染者数はまだまだ増え続けています。
ついひと月前まではこんなことになるなど想像だにされなか
ったですが、一人一人の意識によって結果は大きく異なります。
 


「自分は感染している」
みんながそんな気持ちで行動すれば、早く収束します。 

「自分だけは感染しない」などと考えない。
一番危険な考え方です。 

早く世界が元の状態に戻ることを祈ります。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2020年05月01日18:04:04) |記事URL

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから