2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

福祉介護ヘルスケアサイトメニュー


介護福祉ブログ

2020.07.31

健康にいい保存食

健康にいい食べ物と聞くと、やはり旬の食材が挙げられます。特に獲れたて新鮮であればなおのことです。逆に保存食と聞くと、保存料などが入っていて、健康には悪いのでは?なんて想像してしまいます。保存食の代表といえば、やはり缶詰・瓶詰です。そして、缶詰といえば、ミカン、ツナが代表的です。しかし、ミカンもツナもここ最近生産量も消費量も減少しています。
  
  

しかし、2016年にツナ缶の生産量をサバ缶が抜き去り、トップに躍り出ました。鯖缶は消費量が増加の一途をたどり、生産量も増えていますが、品切れのお店も多いとの事です。
  
  

水産資源が減少しており、ツナ缶の原料となるマグロの絶対数減少がツナ缶生産量減少の一因となっていますが、サバ缶は健康に良いとテレビや雑誌などのメディアに取り上げられているのがサバ缶の消費量アップの原因です。サバなど青魚にはエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)が豊富に含まれ、認知症や動脈硬化の予防効果が期待できるそうです。
また骨や皮ごと調理されているので、カルシウムも豊富に獲れるという事です。
  

缶詰は旬の食材を、旬の時期に収穫し、長期間保存ができる調理方法で製品にしているので、いつでも旬を味わえるという事にもなります。
  
 
 
冷凍野菜も最近の冷凍技術の進歩から、旬の食材をいつでも楽してるものとなっています。
 
 

缶詰は常温での長期保存が可能となっているので、さらに使いやすく、保存が簡単ですね。
  
  

今夜は健康に良い保存食をおかずの一品に加えてみてはいかがでしょうか。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2020年07月31日13:52:52) |記事URL

2020.07.22

恥ずかしいという感情

人間の感情はよく、喜怒哀楽であらわされます。もちろん4つだけに分類されるわけではないですが、主に用いられています。「喜び」、「怒り」、「哀しさ」、「楽しさ」は、顔つき(目じりや口角)で表現が出来ます。もちろん身振り手振りなどのゼスチャーでも表現できるものです。
 
 

恥ずかしいという感情は顔つきやゼスチャーでは表現しにくい感情だと思います。
感情は大きく分けて、ポジティブな感情と、ネガティブな感情に分かれます。恥ずかしいという感情は、ネガティブな感情に分類されるものです。また、喜怒哀楽は、動物にある勘定だと思いますが、恥ずかしいという感情は、人間特有の感情ではないでしょうか。
 

SNSでこんな投稿を見ました。
 
 

コロナにかかった人がいたら、「重症化せずに早く良くなりますように」コロナが発生したお店や場所があれば「お気の毒に。早く再開できますように」人として、これ以外ありますか?
怒りや罵りの感情しか出てこない人は、まずそういう自分を恥じてください。
  

自分や周囲の人たちとの関係性、立場等踏まえ、何が悪いのかを冷静によく考えなければなりません。もしかしたら、感染させてしまった人のことを吊し上げ、非難することは怒りという感情なのでしょう。もし、わざと自分が感染し、沢山の人に感染させようと行動を起こす人がいても、その人を非難するのはちょっと違うとおもいます。もちろん知らずに感染している人がほとんどです。感染した人も、感染させた人もみんなコロナの被害者なのです。電車やバスの中で、一人だけマスクをしていない人は、恥ずかしいと思ってほしいです。
  

間接的なコロナ被害が、一番悲しいことだと思います。
早くワクチンが出来て、風邪やインフルエンザのような治る病気になってほしいと願います。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2020年07月22日16:44:44) |記事URL

2020.07.20

責任の取り方

何かあった時には責任を取るという人がいますが、本当に意味を理解して使っているのでしょうか。

責任、責任という単語を連呼する人は、その責任を相手に転嫁しようとしているように感じます。

数年前、当社で長年勤めた社員が退職しました。

職場は離れており、電話やメールのやり取りがほとんどで、それほど親しい相手ではありませんでしたが、辞めると聞いた時には非常にショックでした。

当時の責任者は(退職するという)その事実をどのように受け止めたのでしょうか。

会社にとっては大きな損失を出したことになります。

時間もお金も費やして長年育てた人材が外に流出してしまったのですから会社としては大きな損害です。

責任を取るというのであればその分の損失を補填すべきです。

あれから数年経ちましたが、具体的にその補填はされていませんし、結果として何の責任も取っていないと感じているのは私だけではないと思います。

軽々しく責任という言葉を使うべきではないと改めて思いました。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2020年07月20日15:49:49) |記事URL

2020.07.17

再建を心から願います

明日7月18日は京都アニメーションの放火殺人のあった日です。令和元年に起きた事件なので、丁度1年経ちます。テレビや新聞でも大きく取り上げられています。この事件は、平成以降最悪の36名の方々が犠牲になったとても悲しい事件です。
ガソリンをまき、火を放ったとされる容疑者自身も重いやけどを負って病院で治療を受けていましたが、ごとしの5月に交流に耐えられると判断し、京都府警は殺人容疑などで逮捕に踏み切りました。しかし同容疑者はほぼ寝たきりの状態で取り調べを受けるなど、操作はなかなか進みません。容疑者本人が語っている動機は、事件前に京都アニメーションに応募した小説が盗作され、自身の応募した小説は不採用となったという事です。逮捕後にも「京都アニメーションに恨みがあった」と語っているとのこと。犯行に及ぶ前の足取りなど、警察の捜査で浮き彫りにされた容疑者の人物像。事件を起こすために京都まで移動し、前日からの行動についてもメディアで報じられています。以前も近所とトラブルを起こすなどしていたことも伝えられています。 
 
 


このような痛ましい事件が起こらないようにするには、どうしたらよいのでしょうか。怪しい人には近づかないことが一番です。では、どうやって怪しい人を見分ければよいのでしょうか?答えは非常に難しいことなんです。人との接触を断つしかないのかもしれません。過去池田小学校での大量殺人が起きた時も、校門が開いていたから学校に入っていったと、犯人が後に語っていました。それから学校の門が閉ざされるようになりました。簡単に開けられないようにしなければならないのです。そうして、エリアをはっきりさせることによって侵入しにくくすることも犯罪に合わないための重要なポイントです。 
 
 


京都アニメーションの事は事件以前には知らなかったですが、報道を見て改めてすごい会社だったんだと実感しました。日本国内だけでなく、海外にも熱烈なファンに支えられています。大きな犠牲を払いましたが、このまま無くなってほしくないと強く感じました。アニメは世界に誇れる日本の文化の一つです。これから作品に触れて、微力ながら応援していきたいと思います。
 
 
 
 
防犯に携わる者としては、今後このような事件が起こらない、起こさないように仕事を通じて自分が出来ることを世のために行っていきたいと感じました。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2020年07月17日16:51:51) |記事URL

2020.07.10

今年の梅雨

気象庁は今月初めから各地で広範囲に被害を巻き起こしている今回の一連の豪雨について「令和2年7月豪雨」と命名しました。
西日本付近に停滞している梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、7月3日以降、各地で記録的な豪雨となっています。
3日~9日までの総雨量は、鹿児島県鹿屋市で1000ミリを超え、大分県日田市で900ミリ、熊本県あさぎり町で880ミリ、岐阜県下呂市で780ミリと、西日本と東日本の広い範囲で7月ひと月に降る平均の2~3倍に当たる雨量となっています。
気象庁では、顕著な災害を起こした自然現象について名称を定めることとしています。名称を定めることにより、防災関係機関等による災害発生後の応急・復旧活動の円滑化を図るとともに、当該災害における経験や貴重な教訓を後世に伝承することを期待するものです。また、各地域で独自に定められた災害やそれをもたらした自然現象の名称についても、後世への伝承の観点から利用し普及を図ることとしています。
顕著な被害とは、損壊家屋等1,000棟程度以上または浸水家屋10,000棟程度以上の家屋被害、相当の人的被害、特異な気象現象による被害などと、基準を定めています。
平成以降12回豪雨による被害があり、特に平成16年以降は11回を数えます。という事はほぼ毎年甚大な被害をもたらした豪雨が続いていることになります。
 
 
  


今まで経験した事の無いような豪雨や、命を守る行動をとってください、などと最近は頻繁に使われるようになっていました。梅雨明け間近の7月や9月の台風の時期の災害が異常気象ではなく、必ず訪れるものになりつつあります。

  
 

最近では気象衛星が沢山打ち上げられ、先日世界一になった日本の富岳のようなスーパーコンピューターなどの登場で天気予報の精度も格段に上がり、狭い地域で起こる集中豪雨なども事前にある程度予測が可能となってきました。大気の様子や雨雲などの動きや大きさがわかるのであれば、今度は地上に降ってくる降水量から、河川の増水の推移なども予測できるような気もしますが、気象庁と国土交通省は管轄が違うのか、データのやり取りがうまく進んでいないような気もします。素人が考えるようなそんな簡単なものではないと思いますが、少しでも早く危険を知らせることが出来れば、助かる命も少なからずあったと思います。

 
 

今年は新型コロナウイルスもまだまだ猛威を振るっています。現在も避難所生活されている方も大勢います。これから台風シーズンがやってくるので、自然災害による避難所生活も増えるかと思います。その時に新型コロナウイルスによる感染症が出たら...今からできる対策を打ち立てていく必要があります。例えば非常持ち出し袋のチェックや、最寄りの避難場所の確認、避難場所までの経路等しっかりと準備することで余裕のある避難が出来ます。
 
 
 

まずは自分と、身の回りの人の命を守ることを一番に考えましょう。
 
 

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2020年07月10日17:29:29) |記事URL

2020.07.08

よく注意される人とされない人の違い

間違った言動をしても、相手から注意される人とされない人がいます。

この違いは何でしょうか?


注意される人、怒られる人というのは、第三者から見れば、運が悪い、可哀そう、損をしていると思われがちです。


一方、注意されない人というのは、運が良いのではなく、単に相手が注意することを思い留まっているに過ぎないのではないでしょうか。
その理由は、注意や指摘をしにくい、(注意をしたら)怒りそう、しても(意味が)理解できなさそうなどマイナスの印象を持たれているからです。


逆に注意される人は、気軽に話しかけやすい、嫌な指摘であっても言いやすい、(注意をしたら)改善する見込みがありそうなどプラスの印象を持たれているとも考えられます。

年を重ねて役職や身分が上がると、次第に自分より目上の人と接する機会が減ってきます。

そうなると誰も自分に対して注意をしてくれなくなります。
これは非常に悲しいことですし、仮に悪い方向に向かっていても、誰も教えてくれないということです。

年長の人が若い人から無礼な態度を取られたにもかかわらず、怒らずに逆に喜ぶことがありますが、これはそういう機会が減って、懐かしい、新鮮さを感じて喜ぶのでしょう。


自分の誤った考えや間違った行動に対して、悪いことだと自分で気付いて改善しようとする、自浄効果を持つような人はめったにいません。
気付いた時にはもう後戻りのできない、孤独で頑固な捻くれた考えをする人間になってしまっているでしょう。

注意された人はその瞬間は気分が良くないと思いますが、逆に注意してくれたことに感謝できるようになれば、その欠点を長所に変換できるかもしれません。

注意する人も好きで注意することは少ないと思います。

自分のストレス発散目的で嫌な言い方の注意をする人もいますが、ほとんどの人は相手の気持ちを傷つけたくないから注意することを躊躇します。
きちんと相手に注意できる人は素晴らしいと思いますし、尊敬もします。
そういう人が身近にいる場合は、実は恵まれた環境、とても有難いということになかなか気付かないものです。

私も若い頃に比べると注意されることは減ってきていますが、今後、注意された場合は、きちんとその事実を受け止めて、有難いと思えるようになりたいと考えています。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2020年07月08日15:27:27) |記事URL

2020.07.02

コンビニのレジ袋有料化スタート!

2020年7月1日より今まで無料サービスだったコンビニのレジ袋が有料化されました。2019年12月に経済産業省が容器包装リサイクル法の関係省令を改正し、制度の円滑な実施に向けたガイドラインを公表。プラスチック製買物袋の過剰な使用を抑制することを目的として、消費者のライフスタイル変革を促すものです。もともとは2019年5月に「プラスチック資源循環戦略」で資源・廃棄物制約、家庭ごみ対策、地球温暖化対策等の幅広い課題に対応しながら、プラスチックの資源循環を総合的に推進するための重点線戦略の一つとして、リデュース等の徹底を位置付けています。(経済産業省HPより抜粋)

   


なんだかよくわからないですが、有料にすると、無駄使いしないので、地球を汚す要因が減るといったところでしょうか。
  
 

何にもしないよりは、何かから始めるというのは理解できます。2050年、今から30年後には海のプラスチックごみの量が魚の量を超えるといわれています。レジ袋を減らすだけでは、到底海のプラスチックごみを減らすことはできないでしょう。特にペットボトルは全世界では一分間に100万本消費されていると報告されたのは2016年の事です。その時に「使用後に投棄されたペットボトルは毎年500万トンから1,300万トンものプラごみとして世界中の海に流出し、魚や海鳥などの海の生態系を脅かし、人類への悪影響も避けられない状況です」とも報告がありました。今後ますます増え続けていくでしょう。リサイクルにもお金がかかるのが原因で、ペットボトルを再利用したペットボトルは全体の10%未満です。


一人一人が気を付け、マイボトル、エコバックを持ち歩くようになれば、ごみの量を減らし、海、山を汚さないようになると思います。この心がけこそ、地球を長生きさせる秘訣です。


  


みんなで意識して子供たちへ、またその子供たちへ。子孫に美しい地球を残しましょう。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2020年07月02日15:21:21) |記事URL

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから