2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

福祉介護ヘルスケアサイトメニュー


介護福祉ブログ

2020.11.27

健康であるために働くセキュリティ

11月23日は今年最後の国民の祝日、「勤労感謝の日」でした。内閣府の発表によると、この勤労感謝の日は、「勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝しあう」とあります。勤労自体に感謝をするという意味ですね。多くの方々が、働いてお給料をもらってきてくれる人に感謝するという、いわゆる大黒柱に「いつも働いてくれてありがとう」と理解されているようです。もともとは新嘗祭(にいなめさい)というお祭りごとが戦後に名前を変えて、今のような「勤労感謝の日」になりました。
新嘗祭は五穀豊穣に感謝しその年の収穫した作物を神様に捧げる儀式で、今でも全国の神社で執り行われています。宮中行事として今でも伊勢神宮で行われています。
 
 

では、「勤労」って何でしょうか?辞書で調べてみると、「1.心身を労して仕事に励むこと。2.賃金をもらって一定の仕事に従事する事。」とあります。よく似た言葉で「労働」があります。同じ意味で使用されることもありますが、調べてみると、「からだを使って働く事。特に、収入を得る目的で、からだや知能を使って働くこと。」とあります。仕事をする、働くという意味では同じような意味だと思います。個人的な感覚ですが、労働より、勤労のほうが生きがいに繋がるイメージを持っています。よく、仕事が生きがい、なんていう人がいますが、その際は勤労のほうがぴったりくるような気がします。
  


心身を労して、という言葉で思い出されるのが「健康」です。健康の定義は「身体的、精神的、社会的に完全に良好な状態であり、単に病気がないとか虚弱でないという事ではない」とあります。この定義は世界保健機関WHOが1948年に策定しました。勤労の為にはまず、健康であることが必要となります。健康であるためにはお金が必要です。したがって健康と勤労は相互に関係していることになります。それから、健康を維持するには犯罪被害に遭わないことが大切です。犯罪被害に遭ってしまうと、身体的、精神的、社会的に良好ではなくなってしまうからです。
  

 
犯罪に合わない、すなわち「防犯」。これはセキュリティハウスの仕事です。
世の中の人が犯罪に合わないために、日々勤労しています。
犯罪予防で気になったら、お気軽にご相談ください。
全国139店舗のネットワークで安心な暮らしをサポートします。

投稿者:スタッフ(2020年11月27日16:07:07) 

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから