2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

福祉介護ヘルスケアサイトメニュー


介護福祉ブログ

2020.12.25

心優しい若者が高齢者を守る

夜間に1人で外出し、道に迷っていた認知症の80代の女性を交番まで送り届けたとして、福岡県警春日署は、久留米工業高専3年生(19)に感謝状を贈りました。

11月18日午後8時半ごろ、学生は部活を終え、最寄り駅から自転車で帰っていたところ、「お金がないから電車に乗れなくて帰れないの」「派出所はどこ?」などと女性から声をかけられた。

 細い歩道のわりに車の往来は多く、学生は自転車を降り、約1キロ離れた交番まで送り届けた。

 女性は認知症で、たびたび1人で外出しており、この日も家族が捜索願を出していました。春日警察署長は「この学生のような優しい心を持った若者が安全安心を守っている」と称賛しました。学生は「中学時代から部活では、あたりまえのことをあたりまえにするようにと言われてきました。今回も、あたりまえのことをしただけです」とはにかんでいました。

( YAHOOニュース 2020/12/24(木) 9:50配信より )

今回の学生さんは、見ず知らずの高齢の女性から声を掛けられたにもかかわらず、遅い時間なのにわざわざ自転車を押して、交番まで一緒に歩いて送り届けました。場所を口頭で説明するだけならだれでもできますが、わざわざ一緒に歩いて連れていくという行為はなかなかできるものではありません。自分もこの学生を見習いたいと思います。


今のご時世、見ず知らずの人にはなかなか声をかけ辛いですが、困っているであろう人を見かけたら積極的に「どうしました?」や「お困りですか?」など声をかけらる勇気を持つことで、高齢者の徘徊による事故を一件でも減らすことが出来ます。ちょっとした目配り、気配りで救える命もあります。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2020年12月25日16:12:12) |記事URL

2020.12.18

LINEでヘルスケア

LINEと、エムスリーの共同出資により設立した合弁会社であるLINEヘルスケアは、医療機関の検索・予約から実際の診察・決済まで、すべてLINE上で完結できるオンライン診療サービス「LINEドクター」を、首都圏の一部医療機関で先行提供を開始したことを、発表しました。


LINEヘルスケアは、「LINE」の国内月間利用者数8600万人のユーザーベースと、「m3.com」における日本の臨床医の約9割にあたる29万人以上の医師会員、日本の薬剤師の半数超にあたる19万人以上の薬剤師の会員基盤に加え、日本最大級の医療総合メディア「QLife」や医師相談サービス「AskDoctors」などの一般生活者向けソリューションを展開するエムスリーグループの医療分野における知見やノウハウを活かし、医療事業を展開する会社として2019年1月に設立されました。

2019年12月よりLINEで直接医師に相談できる「健康相談サービス」の提供を開始、病院に行く前の不安や自宅でのセルフケアなどについて多くの相談が寄せられ、相談リクエスト数は累計で30万件を突破しています。

今回、新たにLINEビデオ通話を利用して医師の診察を受ける事ができるオンライン診療サービス「LINEドクター」を、首都圏にある一部の医療機関に先行提供を開始しました。


LINEドクターは、新たなアプリをダウンロードする必要もなく、医療機関の検索・予約から、診察、そして決済まで、LINEアプリ上でシームレスに行うことができます。

同サービスは、利用するためにLINEヘルスケアへ利用対価を支払うことなく、利用が可能。利用できる医療機関については、サービスページ内に記載があるとのことです。

まずは、首都圏の一部医療機関で先行提供を開始し、実際に利用したユーザーや医療機関双方の意見をもとにサービスを改善し、コロナ禍で需要の高まるオンライン診療をより多くの人が利用できるようにするとしています。

オンライン診療は、通院の負担なく隙間時間で自宅から自身や家族の診療を受けることができるため、仕事や家族の用事などで忙しい人でも、医療とつながりやすくなることで、早期の治療や継続した治療が可能となるといいます。

昨今、新型コロナウイルスが再び感染拡大している状況下においても、院内感染や外出による感染等のリスクを極力減らし、医師の診察を受けることができます。

一方で、オンライン診療が浸透するにあたり、医療機関側の導入ハードルも課題となっています。

LINEドクターは、医療機関に対してもオンライン診療の導入負荷を減らすことを目的として、医療機関の予約機能、LINEビデオ通話機能、決済機能が搭載されている「Basic Plan」を初期費用・月額費用無償で提供するとのことです。


なお、同サービスを利用する医療機関で、オンライン診療を導入していることを多くの人に周知し、実際に利用する際に医療機関とユーザーが、よりスムーズにコミュニケーションできることを目的として、「LINEドクター」を利用する医療機関へスターターキットを用意。

これは、LINEドクターの導入を示すポスターやPOP、ステッカー、具体的な利用方法を理解するための利用ガイド、予約可能なQRコードが記載されているクリニックカード等を提供予定としています。

<12/17(木) 12:00配信 yahooニュースより>

今の時期、病院へ行くことでの感染リスクを考えると、オンライン診療というのは非常にありがたいサービスであると言えます。医療機関側も、多くの患者さんを同時に診療することも可能になるので、効率は間違いなく上がると思います。通院して処方箋をもらうだけの場合なんかも、待ち時間も少なくなり、変なストレスは解消されると思います。

便利になる反面、個人情報の漏洩のリスクはどうしても付きまとってきます。セキュリティ面をどのように解消するか等は今後の課題となります。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2020年12月18日13:40:40) |記事URL

2020.12.11

ワクチン接種が始まりました

イギリスで新型コロナウイルスのワクチン接種が12月7日に始まり、90歳の女性が第1号で受けられました。女性は今年1年ほとんど一人で過ごしていました。ワクチン接種を「早めの誕生日プレゼントをもらいました。これで家族や友人と一緒に新年を迎えられます」と喜びを口にしました。
  

ワクチンはアメリカのファイザーとドイツのビオンテックが共同開発したもので、製造拠点はベルギーにあります。イギリス政府はファイザーに2,000万人分のワクチンを注文しており、その内80万回分が先行で到着しました。この後イギリス国内の病院の予防接種センタへ配布され、優先順位ごとに接種が始まります。優先リストのトップは、介護施設の高齢者や施設スタッフ、次に80代以上の人と医療・介護スタッフとなっています。イギリス全土での供給が始まるのは、来年になりそうだとの見方が強く、感染リスクが高いとみなされている人全ての人がワクチンを接種するのは来年の4月になるようです。
  

世界の中で最も感染による死者数が多いのはアメリカで、次いでブラジル、インド、メキシコの順。イギリスは5番目となっていますが、10万人当たりの死者数はこの中のどの国よりも多く、ベルギー、サンマリノ、ペルー、アンドラ、スペイン、イタリアに次いで世界で7番目に多いです。
  

そんなこともあり、イギリスでは広範囲なワクチンの使用を世界で初めて承認されています。
ファイザーはアメリカの会社であるにもかかわらず、アメリカよりも先に承認されました。
中国、ロシアでも、イギリスより先にワクチン接種が始まっていますが、安全性を疑問視する声もあり、今月発表された世論調査によると、「摂取する用意がある」と回答したのは30%の人にとどまる等大勢の人がワクチンの有効性、安全性について慎重な見方をしているようです。
  


また、イギリスでは数千人の摂取が行われている中で、2名に強いアレルギー反応が出たと発表しました。2名とも過去にアレルギー反応を示したこともありましたが、現在は治療を受け、すでに回復しています。このことを受け、規制当局は、過去に薬や食べ物、ワクチンに重いアレルギー反応を示したことにある人はこのコロナウイルスのワクチン接種を受けないようにと警告を出しました。
  


日本はいつごろになるのでしょうか?早く医療関係者に対して接種出来れば安心して仕事が出来ると思います。ワクチンは治療薬と異なり、健康上状態に接種し、体に抗体を作るものです。なので、治療薬よりも開発は慎重に行わなければならず、当然認証もすぐにはできないという事です。今までの例を見ても今回の認証は相当なスピードで進められています。
  

これらのワクチンが人体に悪影響を及ぼさず、新型コロナウイルスを封じ込める決定打となることを切に願うとともに、罹患された方々のお見舞いをも仕上げます。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2020年12月11日16:00:00) |記事URL

2020.12.04

ドコモの発表

12月3日、NTTドコモから新料金プラン「ahamo(アハモ)」が発表されました。このアハモ、プランの料金は2,980円/月で、1か月20GBまでのデータ通信と、1回5分以内の無料通話が含まれています。携帯電話大手3社の中でも、最後の発表でした。
この大手3社のシェアは、1位ドコモ、2位au、3位ソフトバンクの順です。政府からの携帯電話料金値下げの依頼を受け、au、ソフトバンクはすでに新たなプランを発表していました。
ただし、au、ソフトバンクはサブブランド(ahはUQ-WiMAX、ソフトバンクはYMobole)で展開しています。
  

色々なプランがあり、どのプランが自分に合ったものなのか?どのプランにすればお得になるのか。正直分かりにくいという印象です。(人によって使い方が異なるので仕方ないかとは思いますが)易くなると思ってプラン変更をすると逆に高くなったりすることも出てくると思います。
とはいえ、もう少し解り易くなればいいのにと思います。
  

今はスマートフォンが8割程度を占めており、従来の電話に特化した携帯電話は2割程度となっています。内容も通話自体よりもメールやSNSでのコミュニケーションがほとんどになってきました。今までの料金体系では、収入に占める通信費用の割合が高すぎたのかもしれません。
また、グループ通話やテレビ電話的な使い方で、WEB飲み会も今年注目を集めました。
  

今後通信がどのように変化していくのか、5Gが普及するとまたほかの分野での活用が進み、古い頭ではついていけなくなってきました。
  

ただ、ドコモの発表を聞き、利用料金が下がるようなので、なんとなく単純にうれしくなりました。


詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2020年12月04日18:37:37) |記事URL

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから