2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

福祉介護ヘルスケアサイトメニュー


介護福祉ブログ

2021.02.26

やめよう!あおり運転

妨害運転罪を新設した改正道路交通法の施行から半年間で警察が摘発したあおり運転58件を警察庁が調べたところ、93・1%の54件はドライブレコーダーの映像が捜査に生かされていました。立件の難しさが背景にあるとみられ、識者は「摘発できたのは氷山の一角に過ぎないのでは」と指摘しています。
  
  


 「あおり運転は実態としてはもっと多いように感じています」。交通政策に詳しい大学院教授(交通心理学)は、妨害運転容疑で警察が摘発した件数の印象をそう話をしました。9割にドライブレコーダーの映像があったことについて、「かなり役立っていることがうかがわれますが、映像がなければ立件しにくいのかもしれない」と指摘しました。
  

 妨害運転罪を適用するには、他の車の通行を妨害する目的だったことを捜査当局が立証する必要があります。警察は改正法施行前、ドライブレコーダーの映像以外にも防犯カメラの映像、現場のタイヤ痕、車の損傷の具合、目撃者らの話などさまざまな証拠に基づいて立件すると説明してきました。
  

 しかし、車の前に急に割り込んでいたとしても、先を急ぐためだけなら妨害運転罪での処罰の対象にはならないなど、実際の捜査では詰めなければいけない点は多いです。双方の言い分が食い違うケースでは、映像などによって具体的に車の動きが分からなければ立件に結びつけにくいのが実情だといいます。
  

「ドライバーの意思を証明できるという点でドラレコの映像が大きなカギになっています」としたうえで、「警察が捜査の経験を積み重ねれば、摘発は増えていくのではないか」とみています。ドライブレコーダーの普及による別の効果にも注目しており、「ドライブレコーダーは周りを映すだけではなく、自分自身の運転も映り、律する気持ちになる」と交通ルールを守る意識が広がることを期待します。
  

<YAHOOニュース 2/25(木) 10:07配信>より
  


毎日のようにテレビであおり運転のニュースが放映されています。その中の映像でも煽り運転を行った人の顔も鮮明に映っています。これだけ逮捕者が多く出ているのに煽り運転は止まりません。ハンドルを握ると性格が変わる、気が大きくなる人は世の中にたくさんいます。他の人の運転に腹を立てたり、イライラしたりする気持ちもわからなくもないですが、車というのは一つ間違えば人を傷つける凶器になってしまいます。アンガーマネージメントの考え方で、7秒間我慢すると怒りのピークは過ぎます。他の人の交通を妨げ、車を停止させ、怒鳴る、車を蹴る、叩く、そんなことをしても何の得にもなりません。
  

心に余裕をもって、安全運転しましょう。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2021年02月26日17:54:54) |記事URL

2021.02.22

大坂なおみさんおめでとう!

2月20日、大坂なおみ選手はメルボルンで行われた全豪オープンを2年ぶり2度目の優勝で飾りました。これで4大大会での制覇は年連続、4度目となります。
4回戦に対戦したスペインのガルビネ・ムグルサさんは、前回のこの大会の優勝者で、大坂なおみ選手も非常に苦戦しました。途中自分のミスに苛立ちを覚え、ラケットを投げつけるシーンもありましたが、今までと違って、大きく崩れず、立ち直り、粘り強く逆転勝利をものにしました。
  
  

以前は、一度崩れるとなかなか立ち直ることが出来なかった大阪なおみ選手ですが、ここ最近のメンタルの強さには定評があります。
強い肉体に宿る、強い精神こそが最強なのでしょう。
  
  


決勝戦直後の優勝スピーチで愛嬌ある笑顔の〝なおみ節〟で会場を沸かせました。
  

 マイクの前に立つと、真っ先に対戦相手のジェニファー・ブレイディのほうを向いて、律儀に「ジェニーとジェニファーのどっちで呼んだ方が良い?」と聞き、ブレイディは「ジェニーで」と回答。でも自分で聞いたにも関わらず先ほどの回答に反して「まず初めに、ジェニファーにおめでとうと言いたいです」とスピーチしてしまいました。
   
 

本人はその時に気づかず、翌日の報道を受けて、自分ではジェニーといったつもりだったのに...ごめんなさい。とコメントしました。
   
  


強いメンタルで厳しい戦いを制し、まずは相手に対しての健闘をたたえたことに対して、すごく思いやりのある行動だと思います。そんな気遣いをしたので、うっかり言い間違えをしてしまったところはなんだか普通の23歳の女の子そのもので全世界がほっこりしました。
    

これからも頑張って世界ランク1位を目指してほしいと思います。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2021年02月22日14:43:43) |記事URL

2021.02.19

お待たせしました!ワクチン接種が始まりました

日本国内で新型コロナワクチンの先行接種が始まり、初日の17日は8か所の病院で、あわせて125人に接種されました。
  
 

 我が国で初めてとなる新型コロナウイルスのワクチン接種が医療従事者に対して先行して始まりました。
  

 厚生労働省によりますと、初日の17日にワクチン接種を実施したのは、東京・目黒区の国立病院機構東京医療センターなど首都圏の8病院で、医療従事者あわせて125人に接種されました。これまでに重い副反応の報告は確認されていないということです。
  

 先行接種は全国の100病院・4万人が対象で、19日までにワクチンが配送され、来週にも100病院すべてで接種が行われる見通しです。厚生労働省はこのうち2万人の健康調査を行い、接種後の副反応を調べて公表することにしています。
 

<yahooニュース 2021/2/18(木) 4:57配信 >より
 


昨年12月初旬にイギリスで世界に先駆け実用接種を開始し、それから約2か月余り。わが国も接種が始まりました。当面は医療従事者4万人に対しての接種となりますが、続いて高齢者、そのあとに一般の接種が始まる見込みです。
年末年始に一気に新規感染者が増えましたが、勤給事態宣言を受け、徐々に新規感染者が減りつつあります。更に抑え込み、その間にワンクチン接種が進めば、コロナウイルスを恐れる事は無くなります。今年の年末には、昔話として、緊急事態宣言下の状況を思い出しているかもしれません。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2021年02月19日16:46:46) |記事URL

2021.02.17

高齢者を見守るサービス

佐賀県鳥栖市は1日、認知症などで行方不明になる恐れがある高齢者らの発見に役立つ「見守りシール」の利用を始めました。衣服などにシールを付けてもらい、様子が気になるお年寄りを見つけたら、優しく声を掛けたうえで家族や警察などに連絡してもらいます。
  

 シールは縦2・4センチ、横5センチ。衣類などにアイロンで貼るタイプと、つえやかばんに貼る蓄光タイプの2種類があります。市や警察署などであらかじめ情報共有しておく「鳥栖市行方不明高齢者等事前登録」の利用者に、計30枚を配布します。
  

 見える位置にシールを貼っておき、発見者がスマートフォンで二次元コードを読み取ると家族にメールが送られ、スマホ上の伝言板を使って現在地や接する際に気を付けてほしいことなどのやりとりができます。二次元コードを使わなくてもシールに記載されているID番号を警察に伝えれば、名前が特定できます。

 初期導入費3万5千円とシールの印刷費を合わせ約21万円の予算で導入し、県内では嬉野市、江北町など5市町が利用しています。認知症で徘徊などの可能性がある高齢者は市内に約1700人おられますが、行方不明高齢者などの事前登録は26人にとどまっており、市の担当者は事前登録の普及にも期待しています。橋本康志市長は「有効活用するにはシールの認知度を上げていくことが必要」と話し、さまざまなPRを通じて普及を進めたいという意向です。
  

<佐賀新聞LIVE 2/11 22:15 配信>より
  


認知症による行方不明者数は年々増加しており、今後更に増える見通しです。無断外出を止めるのは難しく、徘徊をしないようには出来ないのが現状です。ではどうしたらよいのでしょうか?
地域ぐるみで優しく見守るのが一番の対策だと思います。そのためには、この佐賀県が行っているような仕組み作りが非常に重要です。このようなサービスの導入が全国で進んでいます。
  

これからますます高齢化が進み、人口減少に拍車がかかり、見守り側とも守られる側の数のバランスが反転する時期が近未来に訪れるとも言われています。街頭防犯カメラなどと連動できれば、機械で認証し、少人数で沢山の人の安心・安全を見守ることが出来るようになります。
早く徘徊による行方不明者数が減少し、0に近づいてくれることを心より祈ります。

  

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2021年02月17日16:44:44) |記事URL

2021.02.12

誹謗・中傷・炎上

人はみな、その人ぞれぞれの立場があり、心底悪い人間なんていないと思っています。立場が違えば、正義も悪になり、逆もまたしかりです。農家の人が大切に育てた農作物を食べる動物を、害獣と呼びます。熊や鹿やイノシシがそうです。山林を開発して宅地にしたおかげで、食糧が少なるなり、やむなく人里に降りてくる動物が一方的に悪いわけではありません。
そんなこと常識で、綺麗ごとかもしれません。
ただ、人間は自分の身を守るために自分のことを最優先して考え、その立場を正当化するものです。
  
  
 

いじめ問題について、もちろんいじめる人が悪いのです。ところが、しばしば、「いじめられる側にも問題がある」なんていう発言を耳にします。これもいじめを正当化して、自分の身を守ろうとするからこんな考えが出てくるのだと思います。
例えば、いじめにあった人が、周りの空気を読まずに、言わなくてもいい一言を言ってしまう、なんてことが挙げられます。ついついその場の流れから、思ってもいない事を口にしてしまう、なんてことはそんなに悪いことではないはずです。
  

今は、スマートフォンやインターネットが普及し、SNSでだれでも、見たことも会ったこともない人とつながりを持つことが出来るようになりました。老若男女、職業、国籍も分け隔てなく繋がります。慎重にお互いの立場を理解するという事は、これからの世界では、今まで以上に物凄く大事な事です。
昔先輩から聞かされていたのは、あまり面識のない人と話をするときに、スポーツの話はしないほうがいい。ましてや宗教、政治の話は避けて通ることが賢明。天気の話をするのが一番角が立たない、という事でした。
  
  

立場が違えば、言葉が独り歩きし、全く異なる意味合いで取られてしまうという事も発生します。
その上、ネットに発言の一部が切り取られて拡散されてしまうと、炎上し、誹謗・中傷が寄せられます。
  
  

ネットの炎上は、人の精神を著しく傷つけ、最悪の場合、人を死に至らせることもあります。
様々なSNSで自分を表現するという事は勿論悪いことではないです。でも余程気を付けないと、他人の琴線に触れてしまう事もあるという事を理解し、他人を認め敬うという事を忘れないようにしなければなりません。
  

もうすぐ延期されたオリンピックが始まろうとしています。
様々な立場で開催を見守りたいと思います。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2021年02月12日16:35:35) |記事URL

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから