2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

福祉介護ヘルスケアサイトメニュー


介護福祉ブログ

2021.05.28

取材拒否は罰金?

フランステニス協会のジル・モレットン会長は27日、女子世界ランキング2位の大坂なおみが全仏オープンテニスの記者会見をボイコットすると決断したのは「とんでもない間違い」であり、「受け入れられない」行為であると厳しく非難しました。


四大大会(グランドスラム)で通算4度の優勝を誇る大坂は、30日に開幕する全仏オープン(ローラン・ギャロス)の期間中には記者会見に一切応じないと26日に表明しました。理由は、試合後の会見で「落ち込んでいる人間を踏みにじる」ような質問をされ、精神衛生に影響が出る不安があるためとしています。

 しかしながら、モレットン会長は「これはとんでもない間違いであり、強力な規定が必要かもしれないほどの事態だ」と大坂を批判し、「私の意見では、このようなことは許されることではない。われわれはテニスの促進を目指している」と述べました。

23歳の大坂は、記者会見を欠席するごとに2万ドル(約218万円)の罰金を科される可能性がります。罰金については、メンタルヘルスの慈善活動に寄付されることを願います、と、話しています。

テニスの大会規定で記者会見に出席しなければなりません。また、大会前にはメディア対応を求められます。

全仏オープンのトーナメントディレクターを務めるギー・フォルジェ氏は、大坂の決断に衝撃を受けたと明かし、現在も進行中である新型コロナウイルスのパンデミックによって組織的な苦境が続いていることから、同選手に否定的な姿勢を示しました。

「大会が進むにつれて、大坂がどのように振る舞うか見守っていく。彼女が今後どのような態度に出るか分からないが、それはあまり前向きなメッセージの発信とはならないだろう」

<YAHOOニュース5/28(金) 9:41配信>より

 


今回の大坂なおみさんの行動については、様々な反応があります。奇しくもフランステニス協会のモレットン会長が声明を出した「テニスの促進を目指している」とありますが、報道陣の取材がそれにあたるのでしょうか?
賛否両輪はあるものの、大坂なおみさんの発言は良くも悪くも世界中の注目を集めます。しかも実力もあり、この人が今、世界のテニスの促進となっているのではないでしょうか。

大会規定で記者会見に出席しなければならないというのも不思議に感じます。
  


今回の発言も、前回の大会で人種差別問題でのマスクパフォーマンスも大坂なおみさん個人的な意見だけでなく、アスリート会全体を見据えての行動に見えます。
  


今後、もしかするともっともっと厳しい制約が課されるかもしれませんが、陰ながら応援していきたいと思います。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2021年05月28日17:33:33) |記事URL

2021.05.26

スーパームーンの皆既月食

2021年5月26日に3年ぶりとなる皆既月食が起こります。しかも今日は今年一年で最も大きな満月「スーパームーン」の日です。これは、なかなかに珍しく、次は12年後になるようです。
  


古来より月が生物に及ぼす影響について様々な意見がありました。満月に犯罪が増えるであるとか、交通事故の割合が増えるであるとか、はたまた出産数が増えるなどなど。
  


実際に医学的根拠はなく、研究者によっては、関係性を否定するのも出てきています。しかし、人間の体は訳60%が水分でできているので、潮の満ち引きと同様に何らかのエネルギーを受けていても不思議ではありません。月には神秘的な力があると思います。
  


あいにく今日はあまり天気が良くないですが、せっかくの機会なので天体ショーを楽しみましょう。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2021年05月26日17:57:57) |記事URL

2021.05.21

人間の判断

今年はおおむね梅雨入りがおおよそ一か月程度平年より早くなりました。梅雨入りと同時に雨降りが続いています。九州などでは記録的な大雨となったところもあり、土砂災害には気を付けないといけません。ここ最近はゲリラ豪雨が多発しており、今まで経験したことのないような天候が全国各地で発生しています。この現象は決して日本だけのものでもなく、全世界的に起こっています。

今までの常識では図れないような天候なので、避難はできるだけ早めに、余裕をもって行っていきたいです。避難所の場所や経路なども好天の時に必ずきちんと確認し、備えなければなりません。テレビや新聞での報道を見ていて、各地での災害を目にしているはずなのですが、なぜか「自分だけは大丈夫」と、都合の良い判断をしてしまいがちです。

人間の脳は自分に都合の良いように判断をする「確証バイアス」という機能が備わっています。
この機能によって自分にとって不都合なことは脳に入ってこなくなります。
脳の働きがこのようになっていることも視野に入れて、物事を判断するときにはできるだけ安全側に倒れるような法を選択し、また、疑ってかからないといけません。

振り込め詐欺を防ぐ際にもこのような考え方が一役買っています。
被害にあう前にもう一度いろんな角度から物事をもなおし、考え直すことが大事です。


詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2021年05月21日17:29:29) |記事URL

2021.05.07

高齢者施設での感染

大阪府門真市の高齢者施設で先月中旬以降、入所者や職員合わせて61人が新型コロナウイルスに感染し、5月6日までに、入院先が決まらずに施設で療養し、その後症状が悪化するなどして入所者の14人が亡くなりました。
  

市によりますと、市内の有料老人ホームで4月11日、入所者2人が発熱したためPCR検査をしたところ、新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。
  

その後5月6日までに、入所者37人、職員22人、合わせて61人の感染が相次いで確認されました。
   


関西では、大阪を中心に新型コロナウイルスの感染拡大と医療提供体制の危機的な状況が続いてます。
  

その他、神戸市内の介護老人保健施設でも4月中旬以降、入所者と職員ら合わせて123人の集団感染が確認され、このうち13人が亡くなっていたことが判明しています。
関係者によりますと、神戸市内の医療提供体制がひっ迫していたため多くの感染者が入院できず、施設内で待機や療養をしていたということです。
  

<NHK NEWS WEB 2021年5月7日 11時57分>より
  


高齢者施設での感染拡大が最も危険で、亡くなられる方が増える一番の要因です。大阪では、医療崩壊となっており、専門の病院への転院が困難になり、専門ではないですが、隔離をしながら同施設で療養を行っていました。その中で職員にも感染し、入所者の方々にも広がったと思います。
  


医療従事者の人手不足も相まって、ワクチン接種もなかなか思うように進みません。出口の見えないウイルスとの闘いがまだまだ続くと予想され、緊急事態宣言も期限を延長する事で調整されています。
  


ゴールデンウイークに近場の観光地を散歩すると、信じられないほどの人出でした。その中には大勢の外国人の姿も見られました。飲食店だけではなく、もっと強く規制を行っていかなければならないのではないかと感じました。このままの流れでは、感染者の大幅な減少は難しいと思います。自分に厳しくもう少し巣ごもりを続ける必要性を強く感じた連休でした。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2021年05月07日13:35:35) |記事URL

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから