2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

福祉介護ヘルスケアサイトメニュー


介護福祉ブログ

2021.06.25

ハラスメント

新型コロナウイルスワクチンの接種に関して、政府が6月24日に発表した集計で、6月16日に103万回以上の接種が行われたことが判明し、菅首相が目的とする一日100万回以上の接種に到達したことがわかりました。現在も一日120万回ペースで行われており、職場接種が進むと一日150万回ペースで進むと予測されます。
  
  

そんな中、テレビや新聞の報道で「ワクハラ」なる言葉が聞かれるようになりました。職場などでワクチンを打たなければ、クビにするといわれた事例が紹介されました。ワクチン接種をしたくないという人は、副反応が怖いという理由です。副反応は人によって症状も違い、出るか出ないかは接種してみないとわかりません。確かに、接種すること自体にもリスクがあると思います。ある市役所では、ワクチンを打たない人の実名入りリストをメールで部内に回覧するなど、配慮に欠けるような行動があったとニュースになっていました。このリストを見た人は、ワクチンを打たない人を差別する可能性もあります。
  

ワクチンを接種すること自体は、コロナウイルスに感染したときに発症を防いだり、重篤化しないためのものであり、ウイルスを完全に無力化するものではありません。接種しても他人に感染させないというものではありません。無症状の感染者は他人に感染させてしまうのです。
  

ワクチンを接種すること自体を強制することはできません。接客業や医療関係の人はワクチンを打つことで自らが感染しても、発症しにくくなりということです。他人に感染させなくなるわけではありません。経営者の方や、管理職の方はワクチンを接種することで利用者の人に安心感を与えたいというのが目的ではないでしょうか。もちろんすべての人がワクチンを接種すれば、発症するリスクは少なくなります。
  


難しい問題ではありますが、差別につながるようになるのは、良くないと思います。
このようなニュースが流れるたびに感じるのは、間違った正義感が、悪者を作るということです。ワクチンを接種しないことが悪ではなく、強要することが悪ではなく、悪いのはコロナウイルスの筈なのに。それぞれの人がそれぞれの立場で思うことがあってお互いの主張がぶつかるということだけなのに。

  
  


早くコロナウイルスが収まって、マスクを外してみんなで笑いあいたい。そんな日が来ることを祈っています。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2021年06月25日10:35:35) |記事URL

2021.06.18

警察犬が感謝状受賞

浜松西警察署は2021年6月17日、行方不明だった高齢女性の発見に貢献したとして、警察犬の「クサヴァ フォン ノルトリッヒト」と、訓練士に感謝状を贈りました。同署で贈呈式があり、訓練士は「警察の協力があってこそ見つけられました。少しでも助けになれてよかったです」とのべました。
 
  

浜松西警察署によりますと、6月2日午前六時ごろ、浜松市西区の80代女性がいなくなったと家族から通報がありました。警察官約10人が付近を捜索し、徘徊高齢者早期発見のため市が配信する「オレンジメール」などでも呼び掛けましたが、有力な情報が得られず、難航していました。 依頼を受けたクサヴァが、女性の枕のにおいを手掛かりに捜索を開始。浮遊臭を感じ取った様子のクサヴァは、人の背丈ほどある草が生い茂る草むらで歩みを止め、女性を発見しました。女性にけがはなく、その日のうちに帰宅しました。
 
訓練士は「人が普段足を踏み入れないような場所でした。まさかこんなところにいるとは」と振り返り、同署生活安全課係長は「何も情報がない中、よくやってくれました」とねぎらいました。
   


クサヴァは警察犬に嘱託されて今年で6年目。両親とも警察犬として活躍していたため、能力は親譲り。性格はおとなしくて人懐こいといいます。
 訓練士は「人間の感覚では絶対にいないだろうと思う所にも、どんどん進んでいきます。不安でもクサヴァを信じてよかったです」はなしました。
  

<中日新聞2021年6月18日 5時00分配信>より
  

犬の嗅覚は人間の100万倍や、1億倍ともいわれています。わずかなにおいを嗅ぎ分けて行方不明者を探し出すといった特殊能力を持っています。
しかし訓練を受けていない犬の場合、行方不明となった人の匂いを憶えて、探し出すといった目標を理解することはむつかしいです。
  

高齢化が進み、認知症の徘徊による行方不明者の増加が予想されています。行方不明者探しに特化した救助犬を増やすことで事故を減らすことも可能ではないでしょうか

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2021年06月18日14:46:46) |記事URL

2021.06.16

お見事、二刀流

アメリカ大リーグの球宴、いわゆるオールスターゲームでのファン投票が行われ、ア・リーグの指名打者DH部門で大谷翔平選手が第一回目の途中発表で二位に大差をつけトップに立ちました。
このまま首位をキープすると、日本人ではイチローさん、松井秀喜さん、福留孝介選手に続いて四人目となります。もしかすると、投手部門での選出の可能性もあり、そうなると日本人では初の出来事となります。
野球で日本からアメリカに渡った人はたくさんいますが、大谷選手は大柄で、大リーガーと並んでもそん色なく、なじんでいます。顔が小さく、テレビで見ていても大柄には見えませんが、大リーグのスター選手と一緒に画面に映ったときにこんなに大きいんだ!と驚かれた方も少なくありません。
大谷選手はピッチャーとバッターで優秀な成績を残せる、数少ない優れた身体能力を持った天才的な野球選手です。
2019年に引退したイチローさんは、大リーグでも日本球界でもたくさんの記録を残しています。イチローさんは体もあまり大きくありませんでした。ストイックに野球に向き合い、練習を重ね、結果を残してきました。
大谷選手も小さいころから目標をたて、達成に向けて様々な取り組みをして現在に至るのはご存じの人も多いと思います。
このままこの優れた身体能力を持ち、ストイックに練習に取り組むことで、前人未到の記録を打ち立てるやもしれません。
  

身体的なヘルスケア、メンタルのヘルケアに気を配って、進んでいってほしいです。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2021年06月16日14:03:03) |記事URL

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから