2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

福祉介護ヘルスケアサイトメニュー


介護福祉ブログ

2021.07.02

ワクチン不足??

新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、一部の自治体で7月の新規予約受け付けを停止・制限する動きが相次いでいます。国からの供給が不足しているためで、必要なワクチンの5割程度しか供給されないケースもあります。7月から64歳以下の接種を本格化させる予定の市区町村では困惑の声が上がっています。
   
  

 政府は米モデルナ製ワクチンについて、職域接種などの新規受け付けを休止。ただ、自治体側が不足を訴えているのは主に米ファイザー製です。もともと7月以降供給量が減る見込みだったことが背景にあるとみられます。
 新規予約を取りやめるのは主に医療機関での個別接種。山形市は6月25日から1回目接種の予約を全面停止しました。7月5~18日に国から市に割り当てられているワクチンは要求分の42%。山形市長は「ワクチン接種はかなり加速していましたが、国からワクチンが供給されない」と嘆いています。
 兵庫県丹波市も、国から供給されるワクチン量が見通せず、12日から開始予定の64歳以下の予約を見合わせます。
 京都市は6月末、市内約900の医療機関に対し、市に発注するワクチン量を制限すると通知しました。各医療機関にはこれまで1週間で原則420回分を上限に配送していましたが、7月5日の週は同120回分に減らし、それ以降は未定となっています。市では週10万回以上の個別接種体制を整えていますが、供給ペースは必要量の半分に落ち込む見通しで、担当者は「新たな予約が受け付けられなくなるかもしれない」と懸念しています。
 大阪、福岡両市なども個別接種を担う医療機関に予約受け付けの制限を要請。7月の供給量が6月から半減する高松市の市長は「国が確実な供給量の見通しを示してほしい」といら立ちを隠せません。
 影響は、自治体が実施する集団接種や大規模接種にも及びます。神戸市は接種の加速を目指し、集団接種会場を増やしているものの、7月に開設予定の7会場について、ワクチン確保のめどが立っていません。このままでは開設済みの会場も含めて8月分の集団接種の予約受け付けを見直さざるを得ない状況です。
 一方、7月19日から大規模会場でモデルナ製の接種を夜間に拡大する宮城県の担当者は「ワクチンが予定通り来るものと思っていますが、国からなかなか情報が入らない」と不安そうに話ました。
   
  

<時事ドットコムニュース 2021年07月02日07時13分配信>より
  
  

オリンピック開催までにワクチン接種を加速する、というような政府の発表を数か月前に聞いた気もするが、オリンピック開催まであと数週間となったこの時期に急にワクチン不足の発表は理解できません。65歳以下の方や、若年層の方々にもワクチン接種を推進すると発表があったのも数週間前だった記憶があります。市町村やその他の医療機関も困惑しているのではないでしょうか。ついこの前までは、ワクチンはあるが、接種を行う打ち手が足らないというようなニュースもありました。そんなに急にワクチンがなくなるのでしょうか?
   
  


緊急事態宣言解除され、東京ではものすごい勢いで新規感染者数が増加しています。
この状態でオリンピックが始まれば間違いなく感染者数の増加は逃れることはできません。
  

政府が判断するのは、オリンピックを開催することなのか?経済活動を優先するのか?国民の健康を優先するのか?
原点に立ち戻って考えてほしいですね。

投稿者:スタッフ(2021年07月02日17:02:02) 

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから