2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

福祉介護ヘルスケアサイトメニュー


介護福祉ブログ

2021.11.19

メルケルさんお疲れ様です

ドイツで11月17日、新型コロナウイルスによる1日あたりの新規感染者数が過去最多の5万2826人となりました。メルケル首相代行は、同国が「劇的な」感染の第4波に見舞われていると述べました。欧州の大半の国で感染者が急増しており、各国は対応に追われています。

ドイツの死者数はイギリスに比べてはるかに少ないものの、過去24時間で294人が死亡しています。イギリスでは17日、陽性判定から28日以内に死亡した人が201人、新規感染者が3万8263人確認されました。

メルケル氏はより早急に追加接種を進める必要があるとし、「いま1回目の接種を受けることを決めても遅くはない」と述べました。

ドイツの多くの地域では接種完了者にのみ、バーやカフェ、美容院、ジムなどほとんどのサービスの利用が認められています。

同国では政界からの引退を表明しているメルケル氏の政権に代わり、中道左派の社会民主党、緑の党、自由民主党の連立政権が発足する見通しで、3党は18日に議会への新型ウイルス対策計画の提出を目指しています。


<YAHOOニュース 2021年11月18日 11:58配信>より


先日イギリスでは新型コロナウイルス用の経口治療薬「モルヌビラビル」を全世界に先駆け承認しました。しかし、新規感染者数はまた増えつつあり、ここ一か月では2万人から4万人の間で推移しています。イギリスもドイツもロックダウン(都市封鎖)を行い、一時期は数百人まで減少していたにもかかわらず、再び増えてきました。
ヨーロッパの各国でもワクチン接種率も7割以上と、対策が進んでいるにもかかわらず増加しています。ステイホームを強いられ、旅行や外食を我慢した結果、自粛解除を受け、反動でリバウンドしてしまっている様子です。

わが国でも今は新規感染者数が200人程度と、かなり抑えられていますが、緊急事態および自粛を全面的に解除され、Go Toキャンペーンなどが復活すれば、おそらく諸外国のようなっカーブを描いて新規感染者数の増加が予想されます。

一部では2022年1月には第6波がやってくるともいわれています。

新型コロナウイルスは完全に抑え込めるようなものではなく、今後いかにしてこのウイルスと付き合っていくのか、「ウイズ・コロナ」という考え方がポイントになってきます。幸いにも日本ではマスクをする習慣が以前からあり、この行動こそ、感染を予防する最大の方法になっています。
今後も気を緩めずに、感染予防にみんなで取り組んでいかなければなりません。


ドイツはメルケルさんが引退を表明している中で、最後の最後にこのような事態になり対応に追われているのが残念でなりません。引退後はゆっくり養生してほしいと思います。

投稿者:Melody(2021年11月19日10:26:26) 

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから