2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

福祉介護ヘルスケアサイトメニュー


介護福祉ブログ

2022.04.20

方言で分かりやすく解説

不正アクセスや詐欺サイトの被害に遭ったらいけん(犬)――。多発しているサイバー犯罪の被害を防ごうと、愛媛県警が親しみやすい犬のキャラクターを制作し、ユーチューブで啓発動画を公開しています。

 詐欺サイトにだまされないよう「正規のサイトか確認するけん」と呼びかける「かくにんする 犬けん 」、不正アクセス防止を目指し「パスワードは誰にも教えんけん」が口癖の「おしえん 犬けん 」などの5匹で、愛媛県警サイバー犯罪対策課の職員がデザインしました。

 「サイバー 犬隊けんたい  ネットの安心まもるンジャー」として、伊予弁の「~けん」で終わる合言葉で被害防止を呼びかけています。

 公開中の「紹介編」の動画には、警察官の帽子をかぶり、赤や青などのスカーフをつけた5匹が次々に登場し、難解なネット犯罪の用語をわかりやすく解説しています。7月までに5匹それぞれの動画を配信する予定です。

 愛媛県内のサイバー犯罪の検挙数は2021年に前年比26件増の120件で、全国でも同2400件増の1万2275件でした。今年3月にも、県庁職員を名乗る男から「年金の低額受給者に手当を支給する」という電話を受けた女性が、犯人側に口座情報を伝え、インターネットバンキングで約285万円を暗号資産(仮想通貨)に交換されてだまし取られる被害もありました。

 同課の担当次長は「専門性が高く、難解だと思われがちなサイバー犯罪の手口や、被害に遭わないためのポイントを分かりやすく伝えたい」と話しています。

<読売新聞オンライン 2022年4月20日5:00配信>より

その地域で使われている方言をうまく使って、親しみやすい言葉でわかりにくい専門用語を解説するという手法は、子供や高齢者にとっては理解しやすく、今後の犯罪予防には大きな武器となります。
標準語でかしこまった文章ではなかなか頭に入ってきにくいです。シンプルにいい方法だと思います。また、キャラクターもかわいらしく、親しみやすさに拍車をかけています。

各地域地域でこのような取り組みが広がれば、犯罪者側もやりにくくなります。
みんなが一人一人気を付けて、地域コミュニティでつながっていれば、このような詐欺被害も少なくなると思います。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2022年04月20日17:22:22) |記事URL

2022.04.12

還付金は電話で連絡は致しません

還付金詐欺が熊本県内で急増しています。自治体の職員などを名乗り、うその電話をかけてATMから金を振り込ませるこの詐欺。巧妙な手口に注意してください。

「そうしたらカードの方を入れていただいて、向きに気をつけてください」(銀行の担当者を名乗る男)

丁寧な口調と親切な言葉でATMの操作方法を教える男。これは県内に住む60代の女性に電話をかけてきた詐欺グループとの実際のやり取りです。

今年3月、女性のもとに、市役所の職員を名乗る女から「払いすぎの介護保険料がある」と連絡がありました。その後、県内の金融機関職員を名乗る男から電話があり、受付番号として『998』という数字が伝えられ、返金の手続きのためATMに行くよう促されたといいます。

「ここで住民番号が必要なので先ほど申し上げた998」「998」「369」「ちょっと待ってください、振込金額998って・・・」「大丈夫です、あっています」

この時ATMは、振込金額を入力する画面になっていて、男が受付番号と言っていた数字は、99万8369円を振り込ませるためのものでした。

このような手口の還付金詐欺が、熊本県内で再び増加しています。

「昨年は3月末で、還付金詐欺は1件のみの発生が、今年は25件発生している」「(1回だけではなく)他の金融機関に誘導して、何度も振込を重ねさせ、何百万もの被害が出てしまうというケースもありました」(熊本県警犯罪抑止対策室)

熊本市に住む別の70代の女性には先月28日、いきなり「介護課」を名乗る男から電話がかかってきました。

「払いすぎている保険料をお支払いしたいと。話の仕方とか、そういうのはごく普通で、市役所の人が電話して来ても、こういう感じだろうなというのは思った」(還付金詐欺の電話があった女性)

女性は相手の電話番号が表示されなかったことなどを不審に思い、警察に相談し、幸い被害には遭いませんでした。

警察は「「還付金がある」と電話がかかってきた場合は、間違いなく詐欺だと認識して欲しい」と呼びかけています。

<YAHOO ニュース2022年4月12日配信>より

お金がもらえる、もしくは戻ってくるというお知らせはなんだかうれしくなります。
お店でも、「前回貰いすぎていたので、今日はこの金額で結構です」なんて言われると、ものすごく得をした気分になってしまいます。実際には支払っている金額は同じなんですけれどもね。

しかし、こんな甘い言葉の電話は、絶対に詐欺です。
熊本のニュースですが、全国に波及してきます。
人間は必ず騙されます。ということを忘れないで、お得な電話には乗らないようにしましょう。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2022年04月12日15:29:29) |記事URL

2022.04.08

やり方が間違っているのでは?

大阪市で政治活動用ポスターが切り裂かれる被害があり、警察は、防犯カメラに映っていた男性を書類送検する方針です。
  
  

ポスターに近づく犬を連れた男性が、一度後ろを振り返ると、ポスターを真横に切るような仕草を見せました。
  
 

大阪市で先月24日、元衆院議員の政治活動用ポスターが切り裂かれているのが見つかりました。
  
 

元衆議院議員の男性によると、ポスターを貼り替えた後も被害が続いたため防犯カメラを設置したところ、刃物で切り裂く男性が映っていたということです。
  
 

「気分が悪い以上に、危険ですよね。朝の6時半で、通勤の人がいっぱいいる中でも、そういう犯行をする人ですから」
  

警察は防犯カメラに映っていた男性から任意で事情を聴いていて、今後、器物損壊の疑いで書類送検する方針です。
  
  

<YAHOOニュース2022年4月7日0:35配信>より
  

 


政治活動のポスターを傷つけることは犯罪です。「器物損壊罪」という罪になり、3年以下の懲役、または30万円以下の罰金もしくは科料に処すとあります。
この男は元衆議院議員を応援する気がなく、選挙で落選してほしいと思っていたのか、個人的に何らかの恨みがあったのかということでしょう。

  

繰り返しポースターを切りつける行為は選挙にあまり影響せず、結局はこの男性の感情に任せた犯罪行為となってしまいます。

  

民主主義の社会でこんなことをしても何もなりません。
事情があるにせよ、器物損壊は許されることではありません。もう一度目的をはっきりとさせて、ほかの方法で政治に参加すべきではないでしょうか。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2022年04月08日16:40:40) |記事URL

2022.04.07

昭和の偉人がまた一人星になった

『忍者ハットリくん』などで知られる日本を代表する漫画家の藤子 不二雄Aさん、本名、安孫子素雄さんがきょう午前、川崎市内の自宅で亡くなったことがわかりました。88歳でした。

  

警察によりますと、きょう午前8時40分ごろ、川崎市・多摩区の藤子さんの自宅から「敷地内で男性が倒れている」と110番通報がありました。
  
  

警察官が駆け付けると自宅の敷地内で藤子さんが倒れていて、その場で死亡が確認されたということです。警察で藤子さんが亡くなったいきさつについて調べていますが、捜査関係者によりますと遺体に目立った外傷などはないということです。
  
 

藤子さんは『忍者ハットリくん』や『怪物くん』など子ども向けの漫画から、『笑ゥせぇるすまん』といった大人も楽しめる漫画まで幅広いジャンルの作品を生み出してきた日本を代表する漫画家の1人でした。
  
 

<YAHOOニュース2022年4月7日12時36分配信>より
  

元々2人組で数多くの漫画を残した藤子不二雄さん。日本でこの人に名前を知らない人はいないのでは中というぐらいに有名な人で、必ず一度はマンガや、キャラクターを目にしたことがあると思います。子供だけでなく、大人向けの作品も数多く生み出し、幅広ファン層を獲得しました。共通して、勧善懲悪ですが、ヒーローが少し抜けていて親しみやすいという特徴があったように思います。気の弱い主人公と、ガキ大将、ヒロインがそれぞれの作品に存在して、純粋に楽しめる物語が多かったです。
  
  

新しい作品はもう見ることはできませんが、今までのたくさんの発行された漫画やアニメ、映画など数多くの財産を残してくれました。これから先も、子供から大人を楽しませてくれることでしょう。
   


ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
お疲れ様でした。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2022年04月07日17:32:32) |記事URL

2022.04.06

成人って何?

2022年4月1日より、民法の改正によって、日本では140年ぶりに成人の年齢が「20歳」から「18歳」へと変更になりました。ただし、飲酒・喫煙やギャンブル、国民年金への加入については、今まで通り20歳のままとなっています。
世界的に見ても先進国で20歳を成人としていたのは日本とニュージーランドだけで、ほとんどが18歳を成人としています。
  


背景にあるのは少子高齢化の影響で働く人の人口の減少があります。早く社会に出て、日本を支えてほしいというのが理由の一つです。2016年に公職選挙法が改正され、選挙も18歳から投票できるようになって、政治への参加も18歳からとなっています。

  

大きな変更点の一つに各種契約が親の同意なく締結できるようになりました。
携帯電話や、クレジットカード、ローンも一人で契約できるようになったんです。
  
 

4月1日を境に、未成年として守られていたことが、成人となったことで危険にさらされるということも予想されます。たった2年、730日だけですが、経験を積むには必要な時間だと思います。民法の改正で成人年齢を下げるのであれば、19歳、20歳を守る新たな法律も作るべきではないでしょうか。
  
  

刑法犯の認知件数は2002年の285万件をピークに年々減少し、2021年には、56万件と戦後最少を更新し続けています。しかし、と特殊詐欺の件数は2017年がピークですが、2021年でもm1万4千件、被害額は278億円と高い水準で推移しています。内容としては、高齢者を中心とした電話による振り込み詐欺が多く、組織的に犯罪が行われていたりします。成人年齢が下がることで18歳、19歳に対しての詐欺犯罪が増えることも予想されます。
  
 

年配の方や、社会に出たての新成人が犯罪被害に遭うのは非常に心苦しいです。
年々手が込んできて、組織化してきている詐欺被害。みんなで力を合わせて防いでいきたいですね。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2022年04月06日16:41:41) |記事URL

2022.04.04

プライバシーと、信用取引

名古屋市天白区のドラッグストアで、ひげ剃りの替え刃を万引きしたとして男が逮捕されました。男の車からは300箱もの商品が押収されました。

  

 逮捕されたのは愛知県小牧市の職業不詳 容疑者の男で、3月6日、名古屋市天白区にあるドラッグストアで、販売価格5000円あまりのひげ剃り用の替え刃1箱を万引きした疑いが持たれています。

  

 容疑者の男の車からは替え刃など約300箱が押収されていて、調べに対し「去年末から20店ほどのドラッグストアで替え刃を中心に盗み、フリマアプリで転売していた」などと供述しています。
 また同じ日だけでも、天白区と緑区にある合わせて8店舗で同様の被害が確認されていて、警察は余罪を追及する方針です。

  

<excite.ニュース2022年4月1日19:49配信>より

  

髭剃り用の替え刃は、販売価格5,000円と、そこそこ高額ですが、物が小さく、持ち運びにもあまり困らないので、昔から万引きして転売されるターゲットになっていました。
電気量販店などでは、実物は置いておらず、注文の紙をレジに持っていくと商品と引き換えに渡されることが多いです。
展示することで、レジの人件費を削減することはできるのですが、万引き対策を講じるには、実際の商品をお客様が手に取れないような仕組みが必要です。
フリマやオークションは手軽に転売が可能なだけに、盗品の換金に利用されていることも少なくありません。今後の課題として、個人情報を保護しながらも、個人の特定は必要ではないでしょうか。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2022年04月04日15:25:25) |記事URL

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから