2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

福祉介護ヘルスケアサイトメニュー


介護福祉ブログ

感染者はさらに増える見込み?

新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染が確認された南アフリカのシリル・ラマポーザ大統領は28日のテレビ演説で、警戒レベルを最も低い状態に据え置き、外出制限や飲食店の営業規制など新たな制限措置の導入を見送る考えを明らかにしました。

 ラマポーザ氏は、国内の感染状況が急速に悪化し始めたとの認識を示しつつ、「コロナとは長い付き合いになります。経済の混乱を抑え、パンデミック(世界的大流行)を管理する道を見つけなければなりません」と述べ、経済回復を優先させる姿勢を示しました。ワクチン接種を完了した成人が約35%にとどまる点を挙げ、国民に改めて接種推進を訴えました。

 南アでは、昨年の感染拡大当初に厳格な都市封鎖を実施しましたが、経済の悪化による国民生活への影響の方が深刻だとして、規制強化に反対する世論が支配的です。

 一方、ラマポーザ氏は日本や英国などを名指しし、南アに対する渡航制限を「不当だ」と批判しました。「新たな変異株を防ぐためにも、先進国は渡航制限でなく、途上国のワクチン接種に協力すべきだ」と主張しました。

 一方、北アフリカのモロッコ政府は28日、同国に到着する全ての国際旅客便の運航を29日から2週間、停止すると発表しました。イスラエルも、すべての外国人の入国を原則禁止することをすでに決めており、同様の動きが広がる可能性があります。
  


<YAHOOニュース2021年11月29日(月) 10:26配信>より
   

日本も11月30日午前0時から全世界からの入国を禁止すると発表しました。南アフリカのラマポーザ大統領の発言している、南アフリカが発生源ではなく、「南アフリカが確認した」という今回発見されたオミクロン株。すでに南アフリカとイギリスだけでなく、ベルギー、デンマーク、ドイツ、イタリア、オランダ、オーストラリア、香港、イスラエルなどで確認されています。変異株はどこでどのようにして変異したのかは不明です。今回見つかったオミクロン株は今までよりもたくさんの変異が発見され、非常に感染力が高いとみられています。

まだ詳しくわかっていませんが、新型コロナウイルスに感染し、陽性の判定が出た後にオミクロン株かどうか解析に3~4日かかるとのことです。
まだ確認されていませんが、すでに日本に入ってきている可能性もあります。
引き続き気を緩めることなく動向に注目して感染防止に努めましょう。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2021年11月30日14:32:32) |記事URL

ワクチン効果を弱める恐れ?

南アフリカの保健当局は25日、新型コロナウイルスのワクチンの効果を低下させる可能性がある新たな変異ウイルスが見つかったと発表しました。世界保健機関はこのウイルスを「懸念される変異株」などに指定するかどうか、検討することにしています。
保健当局によりますと、これまでに国内で確認されたこの変異ウイルスの感染例は77例ですが、検出される割合は急速に増えていて、ハウテン州以外にも広がっている可能性があるということです。

またこの変異ウイルスには、ワクチンの効果を低下させる可能性のある変異があるということで、南アフリカ以外にも隣接するボツワナで検出されているほか、香港でも、南アフリカからの旅行者から検出されたということです。

これについて、世界保健機関で新型コロナウイルス対策の技術責任者を務めるバンケルコフ氏は25日「この変異ウイルスについてわかっていることは少ないが、現在、専門家が治療薬やワクチンの効果にどのような影響があるか、調べている」と述べました。

世界保健機関は、このウイルスを「懸念される変異株」や「注目すべき変異株」に指定するかどうか検討することにしています。


イギリス政府は、南アフリカで新たな変異ウイルスが確認されたことを受けて、南アフリカやその周辺のボツワナなど合わせて6か国を対象に、現地時間の26日正午、日本時間の26日午後9時から、渡航制限を強化する措置を発表しました。

これらの国々からは直行便が停止され、入国が禁止されます。

また、イギリスに住んでいる人については政府指定のホテルでの隔離が義務づけられることになります。

25日夜、ジャビド保健相はメディアの取材に応じ「この変異ウイルスは、デルタ株よりも感染力が強い可能性があり、ワクチンの効果を弱めるおそれがある」と述べ、対策の必要性を強調しました。

イギリス政府によりますと、新たな変異ウイルスはイギリス国内では今のところ確認されておらず、今回の措置は予防的なものだとしています。

  


<NHK NEWS WEB 2021年11月26日 11時55分配信>より
  

我が国日本では警戒レベルが最低まで引き下げられるほど新規感染者数の減少が著しいですが、世界レベルで見てみると、まだまだコロナウイルスによる感染症は収束していません。
今回見つかった変異株の怖いところは、「デルタ株よりも感染力が強い恐れがある」のと、「ワクチンの効果を弱めるおそれがある」ということです。

世界中でワクチン接種も進んでいますが、そのワクチンも完ぺきではないということになってしまいます。

コロナ以前に戻ることはもうないとあきらめ、ウイズコロナという考え方で引き続き個人個人の感染防止対策を行っていかなければなりません。
外出する際にはマスクを着用し、外出先から帰ったらうがい、手洗いアルコール消毒も欠かせません。
GoToキャンペーン再開に関しても、慎重に進めていく必要があるのではないでしょうか。
今年も忘年会は少人数で密を避け、黙食、マスク会食を心がけ、できることならばリモートでの会合も活用していきましょう。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2021年11月26日17:14:14) |記事URL

ボジョレー・ヌーヴォ解禁

ボジョレー・ヌーヴォの解禁の時期がやってきました!
今年は11月18日です。解禁日は11月の第3木曜日と決められています。
日本は、時差の関係で「先進国の中で一番早くボジョレー・ヌーヴォが飲める国」として注目を集めた時期もありました。日本では原産国フランスからの輸入量は、2004年がピークで、昨年2020年は3割程度となっています。通常ワインは10~20か月程度樽熟成が決められていますが、ボジョレー・ヌーヴォはわずか数週間の樽熟成でも出荷してもよいことになっています。なので、その年に取れたブドウを使った、あまり熟成の進んでいない若いワインということになります。これは好みの問題もあり、一概に美味い、不味いの判断するものではありません。
そういうさっぱりとした新酒を味わうという目的で頂くものでしょう。
一時のお祭り騒ぎは無くなりましたが、旬を感じるものとして楽しむのが良いでしょう。

赤ワインは健康に良いということが知られていますが、ワインに含まれる渋みのもとであるポリフェノールに抗酸化作用があり、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールの参加を和らげてくれます。ポリフェノールの一種であるレスベラトロールという成分に記憶力を回復したり、認知症やアルツハイマー病などの病気のリスクを下げる効果が期待されるという研究の報告もあります。それから、ワインに豊富に含まれるカリウムには利尿作用があり、尿とともに塩分を体外に排出する効果があります。 

  


赤ワインの効能は
①動脈硬化の予防
②認知症の予防
③高血圧の予防
  
  

と成人病に対して効果があります。
美味しくワインを飲んで健康に長生なんてことは、まさに一石四鳥ですね。

しかし、ワインのアルコール度数は一般的には12~16%と結構高い目なので、飲みすぎると逆に体には悪いです。

  

適量に気を付けてワインを楽しみましょう。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2021年11月19日14:54:54) |記事URL

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから