2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

福祉介護ヘルスケアサイトメニュー


介護福祉ブログ

セキュリティ強化によるデメリット

今の時代、何をするのもセキュリティに気を付けなければなりません。セキュリティの語源は、「セクーラ」というラテン語から来ています。「セ」は不要、取り除く、「クーラ」は心配という意味があります。心配が不要、心配を取り除く、という事で安全な状態をいいます。(諸説あります)物理的なセキュリティもあればインターネットセキュリティも最近は気を付けなければなりません。アメリカのGAFAなどはセキュリティの先端を行っていると思います。
G社はメールシステムも持っており、セキュリティ性にかけてはかなり先行している印象を持っています。セキュリティ性のそんなに高くないメールサーバーを利用したものに関しては協力にブロックしてしまいます。
A社のスマートフォンやタブレットに関しては年々セキュリティを強化しており、暗証番号を3回間違えると操作も何もできなくなってしまって困った方も少なくありません。そんな時に、技術が進歩すればするほど、手間がかかるという印象がぬぐいされません。
 
 

そもそもセキュリティというのは手間のかかることだと理解していれば問題はないのですが、人間は楽な方へ流れていくものなので、少しでも不便に感じるとストレスになります。A社のスマートフォンを使う際にIDとパスワードが必要になります。また最近ではそれだけではセキュリティが不十分なので、2ファクター認証という手法でセキュリティを強化しています。パスワードを入力すると信頼されている電話番号に別のパスワードを送って、そのパスワードをスマートフォンに入力しなければなりません。そうこうしている間に入力を間違ってしまうとロックされ、全く操作が出来なくなります。解除するためにはサポートセンターへ電話をかけ、時間をかけて解除してもらわなければなりません。
 
 

セキュリティのためにすごく手間をかけています。世の中全部がこんな不便になるのはセキュリティを強化するおかげです。それでも悪いことをしようとする人は後を絶ちません。
操作を簡単にするとつい先日のようなDカードのような特殊詐欺の被害に遭ってしまいます。
 
 

便利なのか不便なのか・・・

世界中の人が善意にあふれていればセキュリティは必要ないのですが。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2020年10月23日16:31:31) |記事URL

スーパースターが星になった

2020年10月7日、ロック界を代表するヴァンヘイレンのギタリスト、エドワード・ヴァン・ヘイレンが癌との闘病の末、65歳で逝去されました。このニュースは、彼の息子であるウルフガング・ヴァン・ヘイレンが「これを書かなければならないなんて信じられませんが、がんで闘病中だった僕の父エドワード・ヴァン・ヘイレンが今朝亡くなりました。最高の父親だった。オンステージ、オフステージで一緒に過ごした全ての時間が贈り物だった。僕の心は壊れ、いつこの喪失感から立ち直れるかわかりません。本当に大好きだよ、パパ」とSNSに追悼コメントから全世界に広がりました。
 
 

エドワード・ヴァン・ヘイレンはロックギタリストとして、多くのファンを魅了し続けたはもちろん、今まであったギターの概念を大きく覆した先駆者でもありました。1984年にアルバム『1984』とシングル『ジャンプ』が世界中でヒットしました。当時ぼろぼろのギターを抱えて、目にもとまらぬスピードとトリッキーな技で釘付けにしていました。個人的には、ロックという音楽は暗かったり、激しく、うるさいというイメージがありましたが、『ジャンプ』のギターソロは、ギターが笑っているように聞こえ、当時夢中になりました。彼が出てこなかったら、今のロックは全く違うものになってたのではないでしょうか。彼から影響を受けたというミュージシャンは非常に多いです。いつもにっこり笑っていて、目の覚めるようなプレイを聞かせてくれる。もうこんな人は現れないと思います。
 
 


スーパースターが本当に星になりました。65歳はあまりにも早すぎます。
ご冥福をお祈りします。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2020年10月16日17:23:23) |記事URL

個性を大事にしましょう

世界中にはいろんな人がいます。人種や種族という分け方をしている場合もあります。このような分け方をすると人種差別的になるので、あえて、いろんな人という表現をします。背の高い人、目の大きな人、首の長い人、足の長い人、瞳の青い人。これは身体的な特徴ですが、それ以外にも、おしゃべりな人、物静かな人、声の大きい人、おおらかな人、繊細な人、足の速い人、遠くのものが見える人、小さな音も聞こえる人、ご飯を食べるのが速い人等々。挙げればきりがないです。その人の特徴については、表と裏があります。例えば、表(長所)が物事をてきぱきとこなす人は、裏(短所)せっかちな人という風に、特徴をどのようにとらえるかによって、良くも悪くも見えてしまいます。悪いところを見るとその人は良くない人になってしまいます。同じ特徴でも、長所としてとらえた場合には、その人は優れた人になります。
 
 


人は完全ではありません。良い部分と悪い部分を持っています。悪いところを見ればきりがありません。例えば、雰囲気が読めない人は悪く言われることが多いと思います。おおらかで自然体、他人には左右されない、という風に取れば、長所ともなります。また、適材適所があります。
もし雰囲気を読まなければならない場所に、おおらかな人がいることはNGです。逆の環境ももちろんあるはずです。
 
 


その人の特徴というのは個性という表現をして認めることが大切です。
せっかちな人でないと務まらない場所も必ずあるはずです。
 
 


みんなが収まるべき場所にいることが、世界の平和にもつながり、敷いては、犯罪や争いの無い世の中になるのではないかと思います。

詳細ページへ»

投稿者:スタッフ(2020年10月09日18:08:08) |記事URL

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから